名古屋・名駅街暮らし

足の向くまま気の向くままに、季節の移ろいや暮らしのあれこれを綴ります。

中川運河船溜まり

2017年06月14日 | 遊び

↑笹島から名駅方面
「ささしまライブ24」へ行ってきたが、
工事現場はそれほど大きな変化はなかった。



中川運河の船溜り整備が終わり、アオサギが岸辺で
獲物を狙い、カワウも潜って魚を捕食している。



逆光で魚影は見えなかったが、水面が小さく
波立っていたので、魚の群れかもしれない。



去年の今頃は、堀川の納屋橋あたりで、ボラの幼魚の群れを
見かけたので、ここへも遡上してきたのかもしれない。


↑去年の5月
コノシロもたくさん上ってくるが、酸欠で水面いっぱいに
白い腹を見せて浮いているのを度々目にした。

空梅雨で雨が少なく、これから気温が上昇すると、
魚にとって過酷な環境になる。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« もと会社OB会の打ち合わせ | トップ | 名古屋は真夏日 »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
酸欠? (Rei)
2017-06-14 21:41:46
水量が少なくても川が汚れていなければ酸欠には
ならないのですか?
アオサギは哲学者の風貌です。
梅雨入りしたのに雨がなくて
気象予報官の見込み違いだったのでしょうか?
昨年 (ryo)
2017-06-14 21:50:45
思い出しましたよ。
昨年の大量の魚たち、可哀想でした!
アオサギは哲学者〜reiさまと同じ
私もいつもそう思います。
でもたまに魚を採ってたりします。マンション前
に棲み着いているアオサギですが..。
空梅雨? (nko)
2017-06-15 08:05:37
Reiさん
酸欠は水量の少ない夏場によく見かけます。
ヘドロから発生する有毒ガスや、汚染排水なども
魚にとっては大敵のようです。
哲学者も水の汚れを嘆いているようですね。
人工の川 (nko)
2017-06-15 08:14:24
ryoさん
どちらも水源が乏しい人工の川なので、魚に
とっては過酷な環境です。
はやく上ってきた魚が住める川にしたいです。
何かと問題はありますが、野鳥や魚、人間が
共存できる環境は失いたくないですね。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL