名古屋・名駅街暮らし

足の向くまま気の向くままに、季節の移ろいや暮らしのあれこれを綴ります。

ビル解体が進む街

2017年05月14日 | 歩く


昨日は朝夕が肌寒く感じたが、今日は晴れ間が戻り夏日となった。
天気予報は6月下旬の気温と伝えていたが、気温の変動が大きい。


↑納屋橋のセンダンが開花
しばらくはこんな陽気が続くようで、早くも
木陰が恋しくなる季節になってしまった。


↑南大津通りのホコ天
白川公園から若宮大通~南大津通のホコ天を歩いてきた。



ヒルトンの東側の道を、中の町通りと呼んでいる。



この通りに面した建物の解体が進んでいて、旧ミリオン座や旧盛田本社ビルが
更地になり、その南側にあるサカエセンタービルの解体が始まる。

跡地の計画は分からないが、よそ事ながらしばらくは目が離せない。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 円空仏拝観日の荒子観音寺へ | トップ | 「名古屋円空仏の会作品展」... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
良い季節 (Rei)
2017-05-14 22:09:45
gooから1年前のブログが送られてきました。
納屋橋際のセンダンの写真つきで
この日初めてこの木を見たなどと書いていました。
歩行者天国、季節良し、歩行者もストリートパフォーマーも多かったことでしょう?
センダン (nko)
2017-05-15 06:56:14
Reiさん
花はまだ小さくて目立ちませんが、そのうちに
咲きそろうと思います。
野鳥が食べ残した実が、少し残っていました。
わずかな自然ですが、変わらぬ風景を毎年
見せてくれます。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL