名古屋・名駅街暮らし  「冬色の日々」

足の向くまま気の向くままに、季節の移ろいや暮らしのあれこれを綴ります。

岐阜県博物館・「東海地方の円空仏」へ

2016年10月13日 | イベント

円空仏彫刻「木っ端の会」の仲間と、関市にある「岐阜県博物館」で、
特別展「東海地方の円空仏」を見てきた。


江戸時代の修験僧「円空」は、美濃に生まれ諸国を巡り、
数多くの仏像を残している。


↑荒子観音寺コーナーだけは特別許可を得て撮影できた
その中で、尾張や三河、伊勢、美濃、飛騨など、東海地方に残る
代表的円空仏約80点と、関連資料が展示されていた。

実物や画像で馴染みの像から、初めて見る像まで、学芸員の
解説を交えて、じっくり鑑賞できた。


会場の博物館は、岐阜県設置100年の記念として開園した
「岐阜百年公園」の中にある。

丘陵地帯に広がる公園は緑が豊かで、遊歩道やサイクリングコースなどが
整備され、今日も沢山の子供達が遠足や博物館の見学に訪れていた。


円空さんを後にして、長良川河畔のレストランで昼食をし歓談を楽しんだ。



帰りに関名物「刃物直売所」に立ち寄り、刃物選びや研ぎの実演も楽しんだ。


夕暮れ前には荒子観音寺に無事に着き、それぞれの家路についた。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 登山と日常生活 | トップ | 今日の納屋橋界隈 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
円空仏 (Rei)
2016-10-13 21:57:07
昨日は荒々しいガレ場の写真拝見しましたが
今日は一転穏やかな円空さんですね。
森が水辺まで迫ってとてもいい景色です。
このよい季節を逃さず出かけたいものです。
私にはいろいろ制約はありますが・・・
秋を (nko)
2016-10-14 07:08:07
Reiさん
円空さん入寂の地で、多くの仏像に出会えました。
長良川もここまで上ってくると、清流と森がとても
綺麗でした。

わたしも、つい無理をして辛い思いをすることが
度々です。
お互いにできる範囲で秋を楽しみたいですね。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL