名古屋・名駅街暮らし

足の向くまま気の向くままに、季節の移ろいや暮らしのあれこれを綴ります。

御嶽登山のまとめ

2016年10月11日 | 遊び

↑中央奥が御嶽剣ヶ峰
御岳山は、平成26年9月27日の噴火以降は目立った火山活動はなく、
剣ヶ峰など一部山域以外の登山規制が解除されている。

9月に登山計画を立てていたが、悪天候で実現しなかった。
10月に入っても予定した日が、台風の影響で行けず、ラストチャンスの
9.10日の天気予報を信じて山行を決めた。


↑木曽街道日和田高原付近
早朝に雨模様の名古屋を出発し、東海北陸道の美濃から飛騨を
通る頃は、高速ワイパーでも視界が遮られるほどの豪雨となった。

高山インターを下りて、木曽街道を登山口の濁河温泉へ
向かう間も雨が降り続いた。


午前8時に到着し、雨足が弱くなるのを待って、
9時に飛騨登山口を出発した。


↑紅葉もくすんで見える

↑雨の釣り橋
登山道は大小の石が不規則に並び、丸太の角割が敷き詰められている
場所もあるが、いずれも濡れて滑りやすく時間がかかった。


↑スタートでいきなりの急登




雨は止んだが霧で視界がきかず、ひたすら足元を見ながら進むしかなかった。


↑旧避難小屋で小休止


森林限界を超えたあたりで雲が切れ、摩利支天山の稜線が現れた。


大幅に時間が遅れたが、午後2時前に飛騨頂上に到着した。


↑雲海の上に白山の一部が見えた
前線が去った後の烈風に吹き飛ばされそうになり、
ダウンを着ても震える寒さだった。
五の池小屋は薪ストーブが赤々と燃え、熱いコーヒーで人心地ついた。


↑夕陽の染まる五の池小屋
屋根は防弾チョッキの素材で覆われ、緊急時のシェルターを
兼ねる構造になっている。


5時の夕食が終わった頃に、雲海を真っ赤に染めて、
夕日が落ちていった。


それに変わって、満天の星が降るように輝き始め、窓の外の
天体ショーが様々な思いを蘇らせてくれた。


翌日6時の朝食前に、稜線まで行ってご来光を見てきた。


雲海の一角が茜色に染まり、真っ赤な太陽が昇ってきた。




雲海に浮かぶ黒いアルプスの山々や、わずかながら富士山の
シルエットも見ることが出来た。


朝食を済ませ、360度の眺望が楽しめる継子岳に向かった。




↑五の池の結氷、氷柱、霜柱


↑手前が乗鞍、後方左から立山、笠、槍穂高
山頂からは眼前の乗鞍岳から、遠くは立山や八ヶ岳、笠ヶ岳、槍・穂高、
中央・南アルプスの山々、白山まで眺めることが出来た。



噴火の犠牲者の慰霊と、喜寿を迎えた記念の登山であったので、
観音菩薩と分身の千面菩薩像を、山頂の一角に安置してきた。

飛騨頂上を予定していたが、霊神碑や祠、石像などが多く置かれ、
やや宗教色が強そうなので避けることにした。

風雪に晒されて小さな円空仏は、いずれ御岳の土に
還っていくことだろう。


↑麓を目指して下山

↑雲が湧いてきた

↑ハイマツのゴロタ道を下る

↑樹林帯に入る

↑山が見えるのはこのあたりまで

↑モミやツガの森を行く

↑御嶽里宮にゴール
気楽な一人旅は急ぐこともないので、ガクガクし始めた膝を労わりながら、
登りでは見れなかった景色を楽しみながら、無事に濁河温泉にゴールした。


秘湯ムードの漂う温泉につかり、汗と疲れを流して帰途についた。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (6)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 御岳山を無事下山しました | トップ | 登山と日常生活 »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
総集編 (ryo)
2016-10-11 19:43:09
こんばんは!
御岳山登山の総集編を見せていただきました。
前回グループでの山歩きをされて、かなり苦戦
された御様子でしたが、今回は独りでの登山。
すばらしい眺めですね。
満喫されたことでしょう。自然の景色、雲や夕陽や
天体、霜柱やつららも、全てが下界では
味わえないものですね。
晩秋の御岳山 (nko)
2016-10-11 20:32:46
ryoさん
15日に山小屋は冬季閉鎖され、ラストチャンスを
モノにできました。
大自然の織りなす風景は、いつ見ても新鮮で感動を
与えてくれます。
真冬並みの寒さも、いい思い出になりました。
御岳山 (Rei)
2016-10-11 21:19:05
雨の中の出発、途中は難儀もあったようですが、お山は快晴、
頂上では360度の素晴らしい景色、
どの写真も山の素晴らしさが感じられます。

はい松からうえは樹木なくさすが3000m級の山です。
二つの目的をお持ちの登山だったのですね。
心こめて彫られた仏像2体、御岳山の土になる・・・
なんとロマンあふれることでしょう!
五ノ池小屋のランプ、映画の一シーンのようです。

冬場の空気の澄んだときに遥か名古屋から
御岳が眺められますが、
そのお山へいらしたと思うと
他人事ながら感慨を覚えます。
無事にお帰りになって何よりです。
素晴らしい写真見せて頂いてありがとうございました。
私まで感動致しました。
円空仏 (nko)
2016-10-11 22:10:14
途中の豪雨に気持ちが萎えましたが、思いとどまって
よかったです。
山の風景を楽しんでいただき嬉しいです。

御岳を愛する人たちが山に召され、ひとごととは
思えず慰霊をしてきました。
円空さんは拙い仏像に苦笑いかもしれませんが、
気持ちは通じたと思いたいです。

五の池の若い小屋番夫婦の人柄が滲み出ていて、
とてもアットホームないい小屋でした。
間も無く御嶽は雪に覆われますが、高いビルから
眺めてみたいですね。
Unknown (彰子)
2016-10-14 16:56:55
素晴らしい写真をありがとう。 御嶽噴火犠牲者の慰霊と喜寿を迎えた記念 私もうれしく思います。噴火の日 阿智村の公民館で毛利さんの講演を聞き、夜は星空を見るナイトショウーツアーに、、。講演の時間に噴火が、、忘れられない一日になりました。円空仏を安置されたnkoさん、これからも日常生活の中で身体を鍛えて登山を続けてくださいね。 下山した後の温泉を楽しみに、、、。
御嶽登山 (nko)
2016-10-14 17:44:54
彰子さん
近くで噴火を体験されたのですね。
私もその前の秋に、剣ヶ峰から地獄谷の
噴煙の脇を通り、二の池まで歩きました。
他人事とは思えず、登ってきましたがいい
思い出になりました。
円空仏に再開できるかどうかは分かりませんが、
登山は続けたいと願っています。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL