名古屋・名駅街暮らし

足の向くまま気の向くままに、季節の移ろいや暮らしのあれこれを綴ります。

ピアノがふる里へ戻ってきた

2017年04月21日 | 暮らし

↑下園公園

今日も曇りがちだったが、時々日差しが
漏れ穏やかな一日だった。


↑堀川錦橋

暑くもなく寒くもない陽気だが、ヒノキ花粉がピークを
迎え鼻がむずむず目がしょぼしょぼする。
もうしばらくは我慢の日が続きそう。



妻が50年ほど前に買ったピアノが、我が家に戻ってきた。
学生時代に使っていたピアノだが、嫁入り道具と
一緒に、当時の狭い社宅にやってきた。

以来、転勤ごとに7~8回の引越しを繰り返してきた。
妻も小遣い稼ぎで教えていたこともあったが、
引越しが多くて止めてしまった。

その後も、娘から孫たちへ引き継がれ、
数か所を移動してわが家へ帰ってきた。

近くに住む孫娘が習うというので、
やっと日の目を見ることができた。

使わぬピアノは邪魔な存在で、ときには
粗大ゴミ扱いにされたりする。



色々な思いのこもったピアノが、再び奏でてくれるのは、
妻ならずとも感慨深い。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 今日は二十四節気の穀雨 | トップ | ノリタケの森へ »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ピアノ (ryo)
2017-04-21 19:16:11
こんばんは!
私のピアノも今、孫が使っています。
今、手元にあるのは買い直したちょっと
おしゃれなタイプなのです。
ところが姿は良いのですがよく狂います(笑)
調律は年一回、必ずしているのですが..。
ピアノ、またお役目ができて喜んでること
でしょう!
ピアノ (Rei)
2017-04-21 21:54:52
奥さまのピアノがお手元に戻ったと言うことでしょうか。
安住の地を得てピアノも喜んでいるでしょう。
妙なる調べがまた聞けますね。
古巣へ (nko)
2017-04-21 22:36:06
ryoさん
コンソールピアノでしょうか。
部屋にマッチするデザインが好まれるようですね。
お役目ご免かと思っていましたが、古巣へ戻って
よかったです。
良い音色を (nko)
2017-04-21 22:43:25
Reiさん
それほどの傷みもなく、よくぞ戻ったと
思ってます。
妙なるとはいきませんが、ピアノと無縁の街で
良い音色を出してほしいです。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL