二胡工房 光舜堂

二胡を愛する全ての人へ

デンペンが剥がれた!! 両面テープがお薦め。

2016-10-12 10:25:35 | ■工房便り 総合 
デンペンが剥がれるというのはしばしばあることです。

デンペンを張ってあるボンドは、時間が経つと劣化していきます。

その劣化も、そのボンドによって、時間が違います。

たぶん皆さんのお持ちの二胡は長くても20年、

でも20年ぐらいで劣化してしまうボンドと言うのはほとんどないのです。

では何でデンペンが剥がれるかと言いますと、

デンペンの素材に有っていないボンドが使われていた。

もう一つは、圧着、要するにしっかりとデンペンを抑えて、張っていなかった事

この二つの原因が有ります。

素材によって使い分けなければいけません。

唯一万能と言えるのは、漆です。

金属も尽きますし、プラスティックも付けることが出来ますが、

温度管理と湿度管理、そしてほとんどの人が、被れる、という最大難点を持っていますので、

これはまあ、実用的では無いですね。

蛇皮に何かを張り付けるというのは難しいのです。

それは蛇皮の表面が凸凹、ガサガサしていますので、物が密着しないのです。

その上、間違ったボンドを使うと、一ケ月下手をすると2,3日で剥がれてしまいます。

デンペンは、ほとんど、プラスティック、それも、塩ビ、あるいはポリエステルで出来ています。

鼈甲の柄になっているのは、そのほとんどはセルロイドです。

ですから硬質プラスティックを付けることが出来ると表示されている、ボンドを使って下さい。

また剥がれてしまったデンペンを、皆さんそのままつけようとしますが、

せめて、デンペンについているボンドは剥がして下さい。

鉄のヘラや、爪などでも剥がれるくらいな時はあります。

ボンドを付けるというのはかなり難しいです。

皆さんの失敗の一番は、使用する量が多過ぎるという事です。

良くご自身で、二胡の頭取れ等を直す方がいますが、その様子を見るおt、接着したところの周りにボンドがあふれています。

こんな量を使うとたとえ瞬間接着剤と言えども、瞬間で無くなります。

なるべく薄く塗ってそして圧着するのですが、これがまた、ずーっと手で押さえておくわ科にはいきませんね。

ですからマスキングテープや、ガムテープなどで、両端を抑えて、ひもで縛るか、輪ゴムで縛るか、

たぶんご家庭で出来るのはそのくらいきりないかもしれません。

おススメは、両面テープを使う事です。

それもプラスティック用の、粗面用と書かれたもの以外は付きにくいでしょう。

粗面用と言うのは、凸凹していたり、ぼそぼそしていたりする面に付けられる、

例えばレンガの面にも張れますよと言う物です。

この両面テープでしたら、デンペンに張って、周りを切りそろえて、

後は張るだけです。

但し、新品のデンペンを買ってきても、そのデンペンは平らです。

胴は6角形ですから。

また、デンペンは硬質プラスティックですから、硬くて6角の胴に合わせても、跳ねかえって、

剥がれてしまうことも多いです。

ですから剥がれてしまったデンペンをそのまま使える場合は、両面テープと覚えていて下さい。

新しく購入したデンペンは、そのものを熱加工して曲げておかないと難しいです。

熱加工はアイロンぐらいでも出来ます。

低温で十分です。

デンペンの真ん中あたりだけアイロンがけして柔らかくなったらそのまま胴に当てて曲げ込みます。

すると、胴にぴったりと形が合います。

こうすれば、デンペンによる雑音なども出ないのですが、

慣れが必要ですね、何枚か無駄にするようです。

そこで今度の新素材のデンペン考え出しました。

これは、不器用な、私にも貼れます。





ジャンル:
ウェブログ
Comment   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 新商品 『 デンペン・キット ... | TOP | 調弦こそ、演奏の基本。そし... »
最近の画像もっと見る

post a comment


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

Related Topics