二胡工房 光舜堂

二胡を愛する全ての人へ

昔の二胡つくり やってみました。

2017-09-14 09:09:56 | ■工房便り 総合 
今、欅の二胡作り始めています。

いいですね、普通の刃物が使えるのです、家具を造るように作れるのです。

ただ一つ、刃物で作れないことがあります。

それは胴の棹が刺さる、穴です。

丸くないですから。

普段私は、レーザー屋さんに頼んで穴をあけてもらっています。

焼き切るのですね。

昔も焼き切ったのです。

まず丸い穴を板に開けます。





それから万力(まんりき)にこの板を固定します。



鍛冶屋仕事で作っておいた、鉄の棒を赤めます。鉄に熱をかけることを『赤める』といいます。



バーナーで熱をかけるのです。



赤めた鉄の棒を板の穴に差し込みます。



ぐっと力を入れて、差し込んでいきます。これかなり力がいりますね。



それで出来上がりです。



こんな風に、いつもうまくいくとは限りません。

熱が強すぎたり、力が弱くて押し込めないときには、

こうなります。







ジャンル:
きいて!きいて!
Comment   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 万世橋店舗、この先の休業日... | TOP | 9月10日(日) ご主人様の... »
最近の画像もっと見る

post a comment

Recent Entries | ■工房便り 総合