二胡工房 光舜堂

二胡を愛する全ての人へ

こまったことに、胴割れ!

2017-08-25 09:44:21 | ■工房便り 総合 
ある日突然いらしたお客様が、、 「ある楽器屋さんで購入したのですけれど、値段が手ごろだし、日本人が監修しているからという事で、でもなんか違和感があるので見てもらえますか」 光舜堂も因果な仕事で、ほかの楽器屋さんや、先生から購入したばかりの楽器でも、 不具合や違和感があると、持ってこられます。 まあ良いことなのでしょう、 二胡引き最後の砦ですから。 このお客様大変良い耳をしていらっしゃっ . . . Read more
Comment

8角形実は丸

2017-08-23 12:52:20 | ■工房便り 総合 
これは、8角形の二胡です。 内部は、実は、丸く削ってあるのです。 外から見ると8角形なのですが、 今ほとんど8角形の二胡は作られていないようです。 ユーチューブなどで見ても、本場の二胡奏者は、6角形を使っていますね。 日本でかなり初めのころに教室を始めた人が、8角形の二胡を使っていたせいか、 またそれらの教室がかなり大規模になったせいか、日本には相当多くの8角形の二胡があります。 . . . Read more
Comments (2)

光舜堂のデンペンは

2017-08-21 11:53:30 | ■工房便り 総合 
このような形をしています。 光舜堂のデンペンは棹側を立体的に丸めて、 弓の毛が当たっても音が出ないようにしているのです。、 竹が削れにくくしていること、弓の毛が傷みにくくしています。 普通は以下のような形です。 デンペンの後ろの白い線は、プラスティックのバフリングです。 この普通のデンペンですと、どうしても、バフリングの端の所やデンペンの端のところが、竹や、毛にひっかかります . . . Read more
Comment

名器の基準。

2017-08-18 08:41:34 | ■工房便り 総合 
弾いた瞬間、解ります。 何に替えても、欲しくなります!!! . . . Read more
Comment

要するに、、基準は

2017-08-17 09:07:33 | ■工房便り 総合 
皆さんグルメブームの時、あるいは今もそうかもしれませんが、 こんなにおいしいものがあったんだ!!と思われることがしばしばあると思います。 私なんかも、京都のあるお店で、胡麻豆腐を食べた時、 こんな味なんだと、感激しましたし、 その数日後ある有名な料理屋さんで、同じ胡麻豆腐が出た時、 え!、これだけ有名なお店なのに、あの京都の10席くらいの小さな仕舞屋のごま豆腐のほうがはるかにおいしい、 . . . Read more
Comment

良い二胡の基準その2蛇皮

2017-08-16 09:35:31 | ■工房便り 総合 
以前、或る楽器屋さんで、二胡を造るための基準の書というのを見せてもらったことがあります。 もちろん、今の中国語で書いてあります、簡体字、これは苦手ですね。 大学の最後は、中国史を勉強していましたから、昔の感じでしたら、 ほぼ意味をつかめましたが、今の簡体字は形に魅力がなくて覚える気にもならないのですが、 その本には、二胡はこのように作るべきと、 様々な各部位の数値が入ったきちっとした、技 . . . Read more
Comment

良い二胡の基準

2017-08-15 10:34:45 | ■工房便り 総合 
まず言っておきますが、この基準は、名器を選ぶ時の基準ではありません。 いわゆるプロの方が演奏に使えるという事ではなく 二胡の愛好家として、何の不具合も感じず、 また自分が弾きたいように音を出してくれる、 そして弾き込めば引き込むほど良い音色になる楽器としての基準です。 金額には全く関係ありません。 金額は、使ってある樹種や皮にかかわることで、 楽器としての完成度には関係ないのです。 . . . Read more
Comment

大変ご不便をおかけいたしますが、、

2017-08-14 11:16:53 | ■工房便り 総合 
光舜堂は、ジジババでやっているお店です。 それも日曜日のみです。 それ以外の日は、工房のほうで二胡を造ったりヴァイオリンを造ったり、 弓の毛を洗ったりしております。 そこでとても電話に出るというのが難しいのです。 ボンドを付け散るときなんか、電話に出ようものなら、 一番良い状態のボンドの、乾き具合を逃してしまい、 その上電話機、ガラケーですが、もうボンドだらけになっていしまいます。 . . . Read more
Comment

弓の毛の数

2017-08-12 11:55:30 | ■工房便り 総合 
ある教室の先生は、見た目に弓の毛が多いと、 なんとその場で生徒さんの弓の毛をバツバツ切ってしまうそうです。 ある機会にその切られた、弓の毛の数を数えましたら、 125本 切った理由は、内弦と外弦を同時に弾いてしまいかねないから。 まあ確かに時々ご来店のお客様の弓を、ほぉさんが整えます。 それは、弓の毛が何本か、だらっと緩んで、両方の弦にあたっているからです。 その際は、ほぉさんはとて . . . Read more
Comment

私にはそんなこと関係ない、、と

2017-08-10 09:42:52 | ■工房便り 総合 
と、思っておられる方が、たぶん90%ですかね。 もしかしたら、95%くらいかもしれません。 何がというと二胡は日本に定着するだろうかという問題。 たぶん自分に関係ある、、、どうなるのかなと考えておられる方は、 一番は、若い演奏家あるいは、先生を目指している人。 意外とそんなことは関係ない、と思っている筆頭は、 今迄二胡を売ってきている人たち、 もう売ってしまった、先行き二胡業界が衰退 . . . Read more
Comment