二胡工房 光舜堂

二胡を愛する全ての人へ

二胡の実験!様々。

2017-09-20 16:03:15 | ■工房便り 総合 
皆さんご存知だろうか。 紫檀黒檀の密輸は、ジャングルの中から、人が肩に担いで搬送するのです。 何も密輸だけでなく、年々ジャングルの奥深くまで分け入って、人力で運ばれてくるようになってしまったのです。 今から、100年くらい前には、紫檀も黒檀も、港のすぐそばか、 川のすぐそばでとることができていたのです。 それがあまりにも取りすぎたため、どんどん、奥地に行かざるを得なくなりました。 日本 . . . Read more
Comment

二胡の塗装

2017-09-19 10:00:04 | ■工房便り 総合 
塗装のしていない二胡というのは、 ほとんどないのです。 唯一塗装しないのは、小葉紫檀くらいでしょう。 単に乾拭きです。それで十分光ります。 それくらいに油分が多いのです。 塗装というのが、その材料の持っているもの以外で仕上げるということです。 昔、家具など、ぬか袋で磨いたり、クルミの粉を布地に包んで磨いたりしました。 これはぬかの油分や、クルミの油分を木に薄く塗布している状態なのです . . . Read more
Comment

現状の二胡の構造的問題点

2017-09-16 12:31:59 | ■工房便り 総合 
私が良く言う、お預かりして、花窓を外し胴の中に手を入れられさえすれば、 どんな二胡でもかなりな良い二胡に作り変えられるという話。 不思議なことに、現状の二胡はこの問題をほっておいて、 良い二胡が出来上がるのは、偶然に任せているという事です。 当然ながらに子の製造は、機械化されて、同じ型でどんな木の種類でも、 また気のどんな質であったとしても、作られていることです。 まあ、量産なのですか . . . Read more
Comment

昔の二胡つくり やってみました。

2017-09-14 09:09:56 | ■工房便り 総合 
今、欅の二胡作り始めています。 いいですね、普通の刃物が使えるのです、家具を造るように作れるのです。 ただ一つ、刃物で作れないことがあります。 それは胴の棹が刺さる、穴です。 丸くないですから。 普段私は、レーザー屋さんに頼んで穴をあけてもらっています。 焼き切るのですね。 昔も焼き切ったのです。 まず丸い穴を板に開けます。 それから万力(まんりき)にこの板を固定します。 . . . Read more
Comment

鱗の大きさ。

2017-09-06 10:57:59 | ■工房便り 総合 
この二つの画像よく見てください。違いはゲルトの色だけではありません。 鱗の大きさが相当違います。 フェルトの青いほうは鱗が、赤いほうの半分くらいきりありません。 その上、傷だらけで、かなり痛んだ感じです。 これは、たぶん20年ほど前に作られたものでしょうね。 胴の材料も、花梨材の上に塗装という感じの、今ではお土産二胡でも売っていない感じの作りです。 この二胡の所有者は、もう一台か . . . Read more
Comments (2)

光舜堂の二胡の調整という事の内容について、

2017-09-01 10:45:11 | ■工房便り 総合 
調整調整と言いますが、各社、各楽器店でやることの中身は、 そうとう、大幅に違います。 光舜堂の場合は、 まずはご相談から始まります。 そして気になるところが判るように、お客様に少しだけ音出しをしていただきます。 そして私も少し音出しをします。 弾き方によって出なくなる雑音もあれば、 弓の状態よって、出る雑音などもあります。 弓で比較的多い問題は、毛がぼさぼさしてきて、何本か伸びてし . . . Read more
Comment

皮の張替えについての様々な意見

2017-08-30 19:48:04 | ■工房便り 総合 
二胡の胴の蛇皮の張替えについては、様々な意見があります。 「私の楽器は20年同じ蛇皮を使っている」 この方何台かの楽器をくるくると音楽に合わせて使っていますから、 一つの楽器を弾き込んだわけではないようです。 「わたしは大体4,5年おきに蛇皮は張り替えている」 この意見は二つの種類があるのです。 一つはかなり硬いパンと鳴る音が好みで、いつも新しい硬い音が好み、ちなみに皮の薄い北京系の方です . . . Read more
Comment

頭折れ

2017-08-29 10:02:17 | ■工房便り 総合 
すっぱりきれいに折れていますね、というより これはボンドがはがれたのです。 衝撃で、あるいは経年変化で。 ここで言っておかなければいけないのは、 全ての二胡の頭はいずれ折れます。 もちろん私の作った物も含めてです。 時期は、解りません。 それは使っているボンドの接着力が落ちるという事も含め、 木の油が浮いてきて、接着力が落ちることもあるからです。 私の販売している二胡は、とて . . . Read more
Comment

災い転じて、、福となるか??

2017-08-28 11:32:16 | ■工房便り 総合 
フェルナンブーコ病 要するに紫檀アレルギー。 咳が止まらず、鼻水も止まらず、ただただ、これが収まるのを待っているだけなのは いやだなーーーー。 そこで3ケ月前から、黒檀と、シャム柿の二胡の製作をしていましたが、 紫檀ではないのに、一度痛めた喉のおかげか、かなり重装備のマスクをしていても、 それほど長い仕事時間は取れません。 二胡つくりは、しばらく休まざるを得ないか?? まあ、今出来 . . . Read more
Comments (2)

こまったことに、胴割れ!

2017-08-25 09:44:21 | ■工房便り 総合 
ある日突然いらしたお客様が、、 「ある楽器屋さんで購入したのですけれど、値段が手ごろだし、日本人が監修しているからという事で、でもなんか違和感があるので見てもらえますか」 光舜堂も因果な仕事で、ほかの楽器屋さんや、先生から購入したばかりの楽器でも、 不具合や違和感があると、持ってこられます。 まあ良いことなのでしょう、 二胡引き最後の砦ですから。 このお客様大変良い耳をしていらっしゃっ . . . Read more
Comment