介護de しあわせになる日記

親の介護、つらいばかりでもなし、やってみないとわからない“しあわせ”もあります

想い出辿り

2017-05-14 17:47:01 | 日常よもやま話

去年は桜を見るのがつらかったけれど、今年はそんなことはありませんでした。
1年前に特養の相談員さんが、「お母さまの写真と一緒に花を見に行かれたら・・・」と言ってくれたことがずっと心に残っていて、これからは、かつて母と一緒に行ったいろんな場所へ思い出を辿りに出かけてみようかと考えるようになりました。

その手始めに、母と父と3人であるいは母と2人で、何度も何度も行った昭和記念公園。

この部分は30年前の開園当時から変わっていないから懐かしい。



ここには来たことがなかった・・・睡蓮の池。


車椅子の人を家族が押して歩いているような人を見ると、胸が締め付けられる・・・やっぱりポピーの所へ行くのはやめよう


初めてのネモフィラの丘だけ見て帰りました。















父が丹精していた実家の庭の芍薬。 毎年一つか二つしか咲かなかったのに、父がいなくなってからなぜかいくつも咲きます。



バラも枯らさないようにちゃんと手入れを続けてるから、ちゃんと今年も咲いてますよ。



畑もちゃんとやってます。 近所のオジサンたちに指導されながら

こんなに頑張ってる私達の姿を見せたいくらいです。



この花も年々増えてるみたい











ジャンル:
その他
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« お彼岸 | トップ |   
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ウルル)
2017-05-17 01:07:52
うん、
ぼちぼちとね
思い出の場所で思い出してあげるのは、きっと喜んでくれてると思うわ
でも、気持ちが辛くならないよう、
ぼちぼちとね
私でも切なくて泣けるもんなぁ
ゆっくりとね(*^^*)
ウルルさんへ (カニー)
2017-05-17 22:31:23
ウルルさんコメントありがとう!
そうね。ぼちぼちね
きっと、何年たっても、ウルルちゃんもお母様のこと思い出して切なくなるよね。
自然に包まれることって絶対必要だよね。 確かに癒してくれる。
ウルルちゃんもゆっくりと頑張ってね。いつも応援しています。
Unknown (めだか😅)
2017-05-21 02:59:42
こんなに遅くて睡眠邪魔してしまうかな 一時間程前 母の痰を初めて引いた まだ機械は必要なくて、借りてなかったから非常用の物 嫌がるの必死でやったら胃から?かな 少しでたような、、痰のからみは無くなって眠り始めたけど肺炎が心配 安定していたけど、命に係わる介護なんだな と再認識。私ってダメだな。慎重さがたりなあなあ。自己嫌悪です。でも、逃げないで向き合わないと いけないんだよなあ。
私もやはり切なくなって空を見上げます。遺影の前に座ると居ないからこうして座っているんだな、、なんておもったり、草取りしていると、この花は良いなあ。もっと増やすか、、とか会話を思い出します。時々切なくなっても仕方ないよね。大切な人と別れた誰もが持っている想いだよね。
そんな気持ちも抱えて 何とかボチボチ、、、だよね
めだかさんへ (カニー)
2017-05-21 22:56:31
めだかさん、夜中にお疲れ様です。コメント書いてくださってありがとうございます。
めだかさんのお身体のほうは大丈夫ですか?睡眠不足が体調に影響しているのではと心配になります。
お母様が痰で苦しそうにされていると気になってしまいますよね。でもめだかさんはすごいなあ。私なんかとうとう痰を引く機械を使えなかったな・・・訪看さんが来るのを待ってやってもらっていました。結局短い期間でしたし・・・
私も、花や畑の世話をする時は父との会話の時間のように感じます。いろんな思いが巡りながら、それでいいんですよね。
本当にご自分を大事にしてくださいね。元気でいないと何もできないですもんね。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。