森にすむ熊小郎と妖精たち

多種多頭で動物三昧の悲喜交々を綴ります

心生(ここぅ)ちゃん ありがとう。

2016-07-20 21:09:29 | ニワトリ
鶏のここぅちゃんが今日、おかあさんの見守る中でお別れしました
2012.11.30日に誕生し3年7 ヶ月と約20 日程、おかあさんの人生とともに過ごしてくれました


ここぅちゃんが孵化して間も無く、知人が新聞社に情報を提供する案を出してくれました
早速、取材を受けて新聞に載った記事の一部です


ここぅちゃんは本当は居間が大好きで、ドアが開いているとすかさず入ってきてソファーに上がります
私の妹はここぅちゃんをとても可愛がってくれました


ここぅちゃんは自分と同じ鶏を知りません
産まれてすぐから私に育てられたので、おかあさんと思っているようでした


もう少し一緒に居られると思っていたし、ここぅちゃんのこんな可愛い姿を見て居たかった
安心安全な卵もたくさん産んでくれたし、もちろん卵かけごはんは最高に美味しかったです
おかあさんはとても貴重な体験をさせて貰いました

鶏のここぅちゃん
産まれて来ておかあさんと一緒に過ごしてくれて、ありがとう。

この記事をはてなブックマークに追加

悲しみは突然に…

2016-07-19 11:32:13 | 
ミニチュアーピンシャーの定春くんのご冥福を心からお祈り致します
不思議な事に悲しくてどうしようもありません

ミニピンの定春くんとは、あるブログでミニピンちゃんたちとの暮らしを紹介しているご家族の一員です
定春くんたちをお迎えした頃の記事が目に止まって以来、私の日課のように拝見させて貰っています
この度、大変ショックな信じられない事が書かれていました
私は自分のブログでもコメントを頂いて無いし、コメントをさせて貰うこともありません
しかしこの度は、お悔みをお伝えしたくブログを何度も開きましたが、言葉が出てきません
だから自分のブログでやり場の無い気持ちと、愛犬たちの事故への注意を呼びかけられたらと思い書く事にしました

ブログの世界って不思議ですね
なんの関係も面識も無いのですが、喜怒哀楽を共有出来る
只々、今はご家族の哀しみを案じております

「 道 」と題した 短歌一首 相田みつを より

かえりみる
ゆとりなければ
ともかくも
いのち生かされて
歩みきし道



時間をかけても前を向いて歩いて下さい
ミニピンちゃんたちのためにも

この記事をはてなブックマークに追加

チンチラのクック 17歳

2016-07-15 14:52:35 | 小動物
チンチラのクックが17歳になりました
迎えたのは、1999年9月15日 ですが生後2ヶ月だったので今日を誕生日としました


犬や猫でも17年間生きることは大変長生きした事になります
クックのように小動物で与えられた環境の中で生き延びられている事は凄いと思います


さすがに衰えてきて目が見えていません


嗅覚はあり鼻をクンクンさせて美味しい物をねだってきます


舌がちょろっと出ているのが分かりますか?
片手つかみはチンチラの特徴です


クック「 レーズンをくださ〜い 」


クック 「 僕も随分長く生きてきましたが、17年も経てばおかあさんも老けましたね 」
おかあさん 「 そうだよクック、例えば43歳だった人は60歳にもなるんだから、クックの17歳は凄い事なんだよ!」
クックお誕生日おめでとう〜 可愛いね、大好きだよ (^o^)
クックの一日一日を大切に愛しんで接したいと思います

この記事をはてなブックマークに追加

コハクとメイ

2016-07-12 14:10:41 | 
今年も後半7月に入りもう12日です 早いですね〜
テレビのニュースでは猛暑で35度や38度となっている地方もあるようですが、皆さま呉々も熱中症、日射病にはお気をつけくださいませ

コハクとメイです


すっかりソファーの上がコハクとメイの居場所となっています
このソファーは二人掛けで高さが座布団を弾くと45センチあります
コハクが来た時は、飛び上がっても降りられずマッサージ機の足置きを一段踏み台にして上がり降り出来ていました
でもメイちゃんが来てからは、メイちゃんは8歳で肥満しているのでスロープをと考えました
一度スロープを板で作ってみましたが、コハクが上の方から飛び降りるので危ないのでやめました


そこで考えたのが、コハクが今まで使っている踏み台にスロープをつなげました
スロープは発泡の箱を斜めに切った物に、座布団に滑り止めマット(100均)を貼って乗せています
この状態でコハクもメイもじょうずに上がり降り出来ています
これに慣れてくれたら、見栄えの良いスロープを用意しようと思っています


このソファーにメタルラックをつなげています
ラックの方は落ちないようにプラボードで覆っています


そこにベットを2つ置いて、コハクとメイは夜このベットで寝ています


メイちゃんすっかり気に入ってくれた様で、寝姿でリラックスしてくれているのが分かります
コハクは以前より食欲が出て元気になりました


コハクとメイの記念写真
私には余程不思議なご縁があるようです
メイちゃんを迎えて驚いた事が、コハクとメイは両親犬が同じでメイが8歳、コハクは5歳の姉妹だった事でした
人が故意的に意識すれば姉妹として迎える事は出来ますが、偶然にも共に第二の犬生を同じ飼い主に引き寄せられる事ってそう無いと思います
だからこのご縁を有難く思い、コハクとメイを大切に可愛がって暮らします

この記事をはてなブックマークに追加

小鳥屋の店

2016-07-10 10:38:57 | 
ミッフィー0歳のクラシック から
5 . 小鳥屋の店

時計が4時を告げ、小鳥屋の店先のウインドウに朝日がさしこめると、小鳥たちは目を覚まし、朝のにぎやかなコンサートが始まります。
カナリヤやナイチンゲール、つぐみなどが甘い声で歌う中に、オームの声が調和を破って響きます。
やがて夕闇がおり、小鳥たちもねぐらに引きこもると、突然ウインドウに猫の陰が!
そのうなり声と鋭い爪に小鳥たちは驚き騒ぎますが、オームの怒り声に退散、小鳥たちは喜びの歌を歌います。 ( 曲の説明より )

この曲の中で本当に猫の鳴き声がします
その時、


ナウちゃんが 「 ニャオ、ニャーオ 」と真似しました
ナウちゃんもクラシックをちゃんと聴いている事に驚きました






朝の放鳥タイムでの出来事でした

この記事をはてなブックマークに追加