森にすむ熊小郎と妖精たち

多種多頭で動物三昧の悲喜交々を綴ります

メイちゃんと亀

2016-06-27 10:23:24 | 
おかあさん 今日はお天気良いですね〜


「 あの黒いのはなんですか?」
メイちゃんカメコさんですよ


「 クンクン…カメコさんってなんですか?」
メイちゃん亀だよ ^_^;


「 おかあさん これはなんですか?」
メイちゃんリブくんですよ


「 クンクン…リブくんってなんですか?」
メイちゃん亀だよ ^_^;


「 これも亀ですか〜 亀って歩くんですね!」


「 おかあさん この家にはなんか知らない仲間がいるんですね!(◎_◎;)
それはいいんですが、ちょっと暑くなりました (*_*) 」
メイちゃんは度胸があるといいますか、明るく元気よく、何でも食べてくれる優等生です
8歳ですが愛らしく若いです 可愛いですよ〜〜 (^。^)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

新入り メイちゃん

2016-06-23 12:28:55 | 
コハクにとって良いことは、仲間がいる事だと思いました
コハクにはたくさんの仲間と過ごしてきた記憶があるようです
だから私の所へ来て突然ひとりになって、何だか寂しいのかなぁと伝わるものがありました


来た時のメイちゃんです
トライアル期間が過ぎましたので、お迎えする事に決めました


メイちゃんは神経質さは無くおっとりしていて、体重3キロありプヨプヨ触りごごち良く癒し系です
コハクとは違った可愛さがあります


もちろんコハクは先住犬ですから可愛さが倍になりました
コハクは少し神経質で外のライトが吠えると、家の中のコハクも吠えて私に知らせます
極小番犬です


コハクはメイちゃんにくっ付いています


「 コハク、メイちゃん 」と呼んだらこちらを見て可愛いですね〜
やはり二匹でいると犬は犬同士コミニュケーションをとっていて、仕草や行動で犬の気持ちが私には分かりやすくなりました
コハクは5歳、メイちゃんは8歳です 共にこれからの犬生を私と共生して楽しく暮らしましょうね
メイちゃんと出会えてとっても嬉しいです

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

コハクにとって良いことは

2016-06-17 12:30:01 | 
コハクちゃんを迎えて8ヶ月経ちました


コハクちゃんは5歳で、体重1.8キロです
私はトリミングサロンへ連れて行くのを可哀想と思うので自分でカットしています


コハクはこうして私の腕の中で寝て、あちこち動き回ることもなく、食も細いです
おとなし過ぎて私は戸惑っています
コハクはどこか悪いのではと心配になり、病院で考えられる検査をして頂いた結果では異常はありませんでした


それなら、もう一匹わんちゃんがいたらコハクはどうなのか?と考える時もありましたが、あえてその考えは打ち消して来ました…ところが、
ある日友人から電話がかかって来て「 ヨーキーの里親募集してるんだけど、どう?」と言うのです
これこそ自然な流れ、運命の出会い、神の御導き、とでも言いましょうか?
コハクにとって良いことなのか?と、考えただけでは結論は出ませんので
只今トライアル中です


メイちゃん8歳の女の子です


コハクがメイちゃんの匂いを嗅いでいます


右がコハク左がメイちゃん
どうでしょう!
中々いい感じですよ、コハクに覇気が出ています


こんな姿も見せてくれています


メイちゃん可愛いでしょう (*^o^*)
お迎えするかは、次回報告します ^_−☆
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

オウムとインコの日

2016-06-15 16:35:19 | 
今日はオウム( 06 ) インコ ( 15 ) で、6月15日はオウムとインコの日となっています
となるとウチのインコたち


ヨウムのナウちゃんです
ヨウムは大型インコです


アカハラウロコインコのピースくんです
何故に敷き紙の掃除をする前に写真撮るかなぁ〜 まぁいいっか〜


アオスジヒインコのメリーです
ローリー特有な飛ばし糞やフードの散らかし、水のいたずらにはお手上げです


セキセイインコのピーちゃん
メスなので非常におとなしいです


オカメインコのヒロちゃん
実はインコではなくオウム科に属する小型のオウムです
もう一つ実は非常にうるさいです
メスが亡くなってしまってから呼び鳴きが止みません
「ピーッピーッ」と耳障りで仕方ありません


かこちゃんはインコでもオウムでもありませんが、鳥類カラス科で鳥つながりのウチでは仲間です


となれば、他に鶏、カンムリウズラ、薄雪鳩、十姉妹がいますが、代表してココゥちゃんです
やれやれ「今日は何の日」は、おかあさんにとって あれやれコレヤレの疲れる日でした ^_^;
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

サム

2016-06-15 09:47:05 | 
チャコちゃんが亡くなって、いつも居た場所に居ないと「あぁチャコちゃんはもう逝ったんだ」とやっぱり悲しくなります
野良だった猫でも上手く接すれば十分懐いてくれますが、残念な事に感染症にかかっている事が多いですね
チャコちゃんは、はっきりとした年齢はわからなかったけど与えられた寿命を健気に全うしたと思います
おかあさんは、チャコちゃんを褒めてあげるよ(涙)
今、猫はサムがいます


朝、日が当たるこの出窓がお気に入りでチャコちゃんは窓際で、サムはチャコちゃんのそばにいました
サムもチャコちゃんが居ないと事は分かっているようで、私にとても甘えて来ます


サムにとってこうして穏やかに日々が流れ、病気にならないで長生きして欲しいと願っています


サム 「 そうだね 」


「 又ひとりになったけど、これも人生か〜 」?エッ…だれの事ですか〜
コメント
この記事をはてなブックマークに追加