森にすむ熊小郎と妖精たち

多種多頭で動物三昧の悲喜交々を綴ります

野良ちゃん可愛すぎる

2015-08-30 16:17:13 | 
保護した野良猫ちゃん元気になっています
まだ鼻がグジグジしてクシャミが時々出ていますが、食べて、遊んで、出して、寝る
ちゃんとトイレも覚えたし、人に甘える事も出来るし、生きて行く気が満ち溢れています


賢く凛々しい顔しています


テレビの世界陸上ボルト選手の走りを観ています
可愛すぎる!




何を思っているのやら?


あとは、良い飼い主さんとのご縁がありますように願うばかりです

先住猫のサムとチャコちゃんもそうですが、野良でもご縁があれば人に寄り添う良きパートナーとなる事が、良くわかります
でも本当は 「 そう言えば、野良猫って居なくなったよね~ 」と会話出来る世の中になってほしいです
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

オカリナと仔猫

2015-08-28 15:06:00 | 
北海道の短い夏は去り、朝夕と一段と寒さを感じる様になりました
お盆休みに来て居たお客さんたちも帰りいつもの暮らしに戻っています
私の一日の日程はほぼ動物の世話です
朝起きてから夜寝るまで、必ずしなくてはいけない事が決まってあります
当たり前に生き物と暮らす絶対条件です
其れを毎日規則正しく行う事で、私自身の身も心も健全に保たれていると思う様にしています
それにしても、家の中に介護犬が二匹居なくなるとこんなにも時間が空いてしまいました
他にやる事は沢山あるのですが、気が乗らなくてボーとしている事が多くなりました

そこで本題です
前々から興味があって吹けたら何て素敵でしょうと思っていたオカリナです


独学で、ドレミファソラシドから 「 ちょうちょう 」「 春の小川 」本当に簡単な曲しか吹けませんが、「 始めるから道は開ける 」をモットーにシニアライフを歩みたいですね

オカリナの練習に勤しんで、この記事を下書きしていたら
二日前の事です
出会ってしまいました


野良猫ですから放っておけば其れまでですが、此の先は寒くなる季節なので想像がつきます
だからこそ救える命、縁のある命を繋ぎたいと直感し連れてきました


可愛いでしょう!


保護して三日目の顔です中々精悍な顔をしていますが、咳なのかクシャミが出て衰弱していて今はゲージに入れて静かに休ませています
この仔も、ここが安心な所とわかったのか鳴く事も無く黙々と寝ています

そんな訳で、暫くはこの仔の世話と里親探し、忘れてたけど囲碁の勉強、オカリナの練習と空いた時間が埋まりそうです


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

国宝 「 中空土偶 」

2015-08-21 11:42:14 | 日記
函館市縄文文化交流センターへ行って来ました

私は陶芸を始めて最初の作品が縄文土器でした
野焼きを体験し、縄文の魅力に惹かれています

函館市に縄文文化交流センターがあり、なんとそこには北海道唯一の国宝に指定された「 中空土偶 」が展示されています


何とも神秘的で、人類の謎を紐解いて受け継がれて行く生命の営みを垣間見る思いでした

あまりに観入ってしまい他に写真は撮れませんでした
その代わり


縄文服の試着コーナーで、娘と孫です


私ですが、私と娘、孫までも縄文系の顔で麻織物の服が良く似合っています
きっと縄文時代に生きていた気がしてなりませんでした

資料の中の 「 縄文と交感する 」の文章から

1万年以上もの長きにわたり続いた縄文時代は、優れた技術や豊かな精神性をもった成熟した時代でした
人々は様々な環境の変化に適応しながら自然の恩恵を享受し、時には格闘し、自然と一体となって生きていました
その中で、命の循環と再生を信じる心を持ち、生活の技術や芸術性をも高めていきました

自分の中にある縄文のこころに気づき、縄文の視点で現代そして未来を見つめるきっかけになるかもしれません

と書いてありました




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ここぅちゃんとテル君

2015-08-07 15:11:47 | 
前回で縄文土器の野焼きの様子を記事にしました
その時私と友達になった少年がいました
いい歳をしたおばさんと少年が友だち?

それは、縄文食でゆで卵を作っていた時です
私が、「 ウチに鶏がいるんですよ 」と周りにいた人たちに話しをしました
誰かのお孫さんかと思われた少年は、鎌倉から夏休みの2週間だけからまつの森にホームステイしていた テル君でした

テル君はおばさんのここぅちゃんの話しにとても興味を持ってくれました
私は少年の興味を持った事に、力を貸してあげたいと思い 「 見においで 」と家に来る事を誘いました

テル君はホームステイ先のハルエさんとうちに遊びに来てくれました


さっそくここぅちゃんとお対面、ミルワームのサナギを与えて仲良しのご挨拶!


テル君の動物が好きなことが、ここぅちゃんにもちゃんと伝わるものですね
ここぅちゃん体を触られても怒りませんね


普通はニワトリを家の中で飼いませんよね、でもこの写真を見て頑張って飼い続けていて良かったと思いました


カラスのかこちゃんはチョット警戒心が強く慣れるまで時間がかかりますが
テル君、「 一度だけ手からサナギを食べたよ 」と言ってました


カンムリウズラにも興味深々、有精卵から雛が誕生する様子を見せてあげたいですが、今産んでいる卵は殻が柔らかく潰れてしまっています

テル君はお話しはあまりしないけど、私の生き物大好き人生を肯定してくれた数少ない人
だから勝手に友だちと思っています
テル君の成長過程に「 生き物の誕生 」のカテゴリーがあることを願っています
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

縄文土器の野焼き ( 後半 )

2015-08-03 11:51:57 | 日記
お昼ごはんに縄文食を美味しく頂いた頃には、火の勢いがおさまり野焼きが完了しました


凄いですね~ 周りはそうとうの熱さでした
割れてしまった作品も幾つかありました


次に土器を一個づつ水の中に入れて一気に熱を下げますが、水への入れ方にコツがあるようで土器の中に空気を入れない様にするそうです
この作業は男性で無いと出来ませんね
運ばれて来たのは私の作品です


二度も雨に当たり火も鎮火し余計に作業を強いられましたが、無事に終える事が出来ました
私にとっては初めての体験で、縄文土器と出会ってとても貴重な時間を過ごす事が出来ました
後かたずけをして、燻られた体を温泉に入って清々しい気持ちで帰って来ました

私の作品を記念に写真に残しました


一番最初に作った土器です


二番目です


三番目で、これはお香を焚く器です


そして、家で作った壺です

どうです?
7月9日から始めて、こんな事が出来るんですよ!
始めるから道は開ける、新しいことに挑戦して自分の人生悔いなく全うしたいです


コメント
この記事をはてなブックマークに追加