森にすむ熊小郎と妖精たち

多種多頭で動物三昧の悲喜交々を綴ります

蝦夷梅雨とリラ冷え

2017-06-10 17:24:26 | 
お天気が嫌がらせしています
ここ数週間 週末となれば、雨です
そして寒い日が続き、まだ朝晩ストーブをつけています
北海道では、蝦夷梅雨とかリラ冷えとも言いますが、
梅雨前線は北海道に到達する前に衰えるため、本州のような梅雨はみられないです
だから、蒸暑い感じはありません
むしろ、リラ冷えと言う寒さがあります

この「リラ冷え」ってなんか綺麗な言葉ですね
リラ とは ライラックの花の事です
札幌では、5月にライラックまつりがあります

ライラックの花言葉は、紫は恋の芽生え・初恋、白は青春の喜び・無邪気です
香りが良く、香水の原料にもなっています
この言葉で思い出したのが、
北海道出身の作家で渡辺淳一さんの著書「リラ冷えの街」があります
男女の愛を描く物語ですが、題名が相応しいので感心しています

ところで、動物の悲喜交々をテーマにしている私のブログには、相応しくない前置きでした

今日の本題 「茶太郎の不思議」


雨が降っているのに、わざわざ外に出で雨に打たれています
雨だけの日はそんなことはしませんが、雷がなった時はもうソワソワ、ウロウロして落ち着きがありません


そして、この不安げな顔
茶太郎はわかっているんです
こうしているときっとお母さんは家に入れてくれる事を…
「ハイハイわかりましたよ」犬って可愛いです ^_^

余談
畑からパクチーを摘んできたけど、手を洗っても洗っても、カメムシの臭いが取れません!(>_<)
今日は茶太郎の事より、ライラックで始まりパクチーで終わりです
『犬』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ルバーブ | トップ | お天気も気分も晴れません »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。