森にすむ熊小郎と妖精たち

多種多頭で動物三昧の悲喜交々を綴ります

ヨウムの仕業

2017-09-15 17:50:07 | 
ヨウムに限らずインコ、オウムは咬みます
人に対してはもちろん咬んできます
でも、咬みそうな場面と表情でわかってきますので、咬まれない様にこちらが交わします
ナウちゃんの放鳥時


最初は建具を嚙るので網を貼りました


網は間違いでした、ダンボールを貼りましたが伝って嚙りだしました


ダンボールが駄目でプラスチックに変えてもやっぱり嚙ります


今度は縦の板を嚙るので、カレンダーをぶら下げたら喜んで嚙っています
こう言う時手を出すと咬み付いて来るので、なす術なし


次に板を打ち付けましたが、面白いほどに砕いています


この悪そうな顔


板も時間の問題でした


広くプラ板を貼ってみました
しかし、ナウちゃんの心配は毛引きです
今、首のところの羽を咬んで禿げています
こんなに遊んであげているつもりですが、まだ足りないのか?
ナウちゃんもそうですが、ヒインコのメリーにしても鳥の気持ちはわからないです
鳥なのに飛べない環境が悪いのか?
野生で存在する生き物をペットとするのは、人間の身勝手ではないでしょうか?
つくづく、鳥をゲージの中で飼うようなペットって必要かなぁ〜と考えてしまいます
『鳥』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 何気ないこと | トップ | 犬と猫 »
最近の画像もっと見る

」カテゴリの最新記事