森にすむ熊小郎と妖精たち

多種多頭で動物三昧の悲喜交々を綴ります

鉄道の日 2016

2016-10-14 12:03:01 | 父の話し
今日は鉄道の日という事で
私の父は元国鉄の鉄道員でしたので、今日は父が遺して逝った物を集めてみました


国鉄の制帽です
これは黒羅紗帽で、もしかして相当古い物だと思います


これは紺色です
黒の後だと思います


これは技術帽です
思い出した事が、父は帽子の事を「シャッポ」と言っていました
子供の頃はそれが可笑しかったのを記憶していますが、今ネットで調べたらフランス語でした
恐るべし父よ!


制服です
左が昭和40年、右が昭和44年と書かれあります
他にもありますが、出してもしょうがないと気づきやめました
50年は越えていますね
今思うと父は転勤が多く引越しのたびにそれらを持ち歩いて来たんだろうか?
ここにある事は、そう言うことなんでしょうね


庭のふじ棚に父が取り付けた物です


裏はこうなっていて、汽車の往復運転で返していたのですね


今は父も母もいませんが、遺して逝った物を処分する前に思いを馳せることも大事だと思いました

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 栗の木 | トップ | コハクのセカンドバースデー »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

この記事を見た人はこんな記事も見ています

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。