おじんの独り言

写真付きで気まぐれに日記や趣味、感じたことなどを書いてみたい

アレチイボクサ、ハネナガヒシバッタ

2016-09-15 17:48:24 | 
きょうは天気が不安定。台風の影響と思われますが今にも降りそうな気配なので仕事は中止し、待機していましたが結局は降りませんでした。
ニュースを見ましたが中国に上陸した台風、史上最強の台風だとか物凄い荒れようです。あんなのが来なくてほんとに良かったですがまだカーブして日本に近づくかもしれません。
油断できませんね来ないことを祈るだけです。
野外にも出ませんでしたので数日前に写したもの。
アレチイボクサこれはあるブログに「福岡県久留米市で, 熱帯アジア原産のツユクサ科イボクサ属の日本新産外来種, Murdannia nudiflora (L.) Brenan が帰化し定着していることを確認しました。 新和名をアレチイボクサとして『植物研究雑誌 第90巻 第3号; The Journal of Japanese Botany Vol. 90. No.3: 215-217 』 (2015)で報告しました。」とあります。
似たものにシマイボクサというのがありますが写真によるとどうも白っぽく見え、異なりますのでこちらにしました。混同されている恐れもあるそうです。
ハネナガヒシバッタは前にも採り上げたことがありますが種切れですのであえて載せました。
菱バッタの中でも1センチにも満たない非常に小さなバッタ。

アレチイボクサ



普通のイボクサ


ハネナガヒシバッタ ♂


♀ 大きな目、どんぐり目というより出目金のよう。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ゴキブリを捕らえたアシダカ... | トップ | ヤマブドウ、ヌスビトハギ、... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
どちらも愛らしい (nampoo)
2016-09-15 21:20:19
こんばんは。
イボグサもアレチイボグサも愛らしい花ですね。
それなのにイボグサだなんてかわいそうな名前をつけられてかわいそう。
ハネナガヒシバッタどちらも中世の甲冑を着ているようです。
愛嬌のある顔していますね。
イボクサ (おじんの独り言)
2016-09-15 21:48:37
こんばんは。
普通のイボクサは花径10-12㎜のピンク色の花ですが
アレチイボクサの方は少し小さく8-10㎜位で赤紫の花弁。
どちらも田の脇ややや湿った能動に生えています。
在るところには凄く沢山繁茂しています。
ハネナガヒシバッタは非常に小さく肉眼ではよく見えません。
これもやや湿ったところに居ます。
大目玉で愛嬌のある顔ですね。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL