40歳までに10秒台

老いを感じ始めたおっさんが、100m10秒台を目指すブログ
10年程度ですが、陸上指導経験と自分の競技経験のお話もあり

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

筋力トレーニングでのメリット、デメリット

2017-07-29 00:42:48 | 考察
さんざん筋力トレーニングについて肯定的意見を述べてきましたが
ここではデメリットも含めての考察。

尚、ここでの筋力は、最大パワー、瞬発性等複数の意味を持つ。

メリット
・筋力向上により競技力向上
単純により速く、より高く、より遠くへいけるベースができる。
・傷病の予防
殿筋周りの肉離れとは無縁に。柔軟性もかなり向上。
・練習の幅が増える
筋力向上で、高強度トレーニングなど正しく行える。
(誰でも真似はできます。正しく動かせるかが問題。)
・考える癖がつく
筋力トレーニングで考える癖が、競技練習でも同じように
考えるようになる。結果、効率的なトレーニングを選択できる。
・健康的になる
〇〇痛が少なくなる。私の場合は腰痛と殿筋痛。
・精神的にゆとりができる
ストレス解消。これは運動全般に言えることですが、一応。

デメリット
・筋力トレーニングだけではマイナス
当たり前ですが、競技練習もやらないと役に立ちません。
逆に足を引っ張る部分が多かったです。
1.体重増加で長距離がまったくダメに。(40kmがかなりキツイ)
2.筋力の向上を考慮せずトレーニングしてケガ。(うろ覚え練習も原因)
・時間の使い方
競技練習だけよりも、確実に練習時間は増える。
・練習を組み立てるのが複雑化
考える練習と割り切れば、デメリットとも言えないかも。

ここからは、デメリット?なもの。
・服のサイズアップを考える必要がある。
大腿部の毛が、こすれて剥げています。長距離になると擦れすぎて出血。
・エンゲル係数が上昇
サプリメントも食品に含まれるのだろうか。

他にも色々あるでしょうが、ぱっと考えてこれくらいでした。
メリットの部分は今まで多く記事にしましたが、デメリットの部分は
今回の膝痛で強く実感。

増えた筋力でいきなり不適切な動きをすれば、そりゃケガします。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« スキップができない人が増加... | トップ | ケガをする人 »

コメントを投稿

考察」カテゴリの最新記事