40歳までに10秒台

老いを感じ始めたおっさんが、100m10秒台を目指すブログ
10年程度ですが、陸上指導経験と自分の競技経験のお話もあり

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

短距離選手に走り込みは必要か

2016-11-30 22:36:15 | 考察
必要じゃない。
終わり。

では、あまりにも短いので、自分なりの考えを述べたいと思います。
あくまで指導歴10年程度、自身の記録など鼻くそレベルの選手の
内容なので、必要でしょうという方は、そっとページを閉じましょう。

1.必要性について
冬季やシーズンオフになった際、次のシーズンでしっかり走れる力をつけるために
寒くてケガしやすいから強度を落として距離を伸ばす、練習時間もあまりとれない、
走るだけなら準備もあまりいらない等など。または伝統だから、先輩が言っていたから
指導者からのメニューがそれだったから、など理由もいろいろなのではないでしょうか。

個人的には、次のシーズンに向けて体力をつける。が一番多い理由かと思います。が
短距離のあなたに、その距離を走る必要性はあるのですか?
最大筋力および、その利用が必要なわけであって、持久性や何本も走れることは重要?


冬季などが終わり、練習時間が長くとれるようになったとしても、せいぜい3時間も練習すれば
十分じゃないでしょうか。むしろ休憩きちんととって、のんびりやったらそれくらいか
その時間の中で、短距離に必要な爆発的な力を養成するのに、走りこんできた体力は必要でしょうか。

メンタルトレーニングという面を挙げる方もいますが、辛い練習の先に
確実な記録の伸びがあればいいですが、ケガがまっていませんか?

というように、必要性自体に疑問を持つので、この時点で必要なしかと考えます。

2.確実に伸びる
走りこんだ種類の距離の記録が。走れば伸びます。100m中心だった人が
冬季に300+200+100を何セットなどかやれば、伸びます。400mのタイムが。
目的とした距離は、シーズンに入った後の練習に左右されます。

3.経験則
冬季練習中、しっかり走りこませたけれど、シーズンスタート時にタイムが大幅に
縮む選手はほぼいませんでした。シーズン入ってからの練習で、ガンガン伸びており
じゃあ練習内容が走り込みに関連して、本数を増やすや、距離が伸びるかというと
特に大きな変化は持たせていません。

集中力や精神力が向上したから、というと、冬季サボリンたちも、シーズン練習で
順調に記録は伸ばしていました。ただ、真面目ではないけど、必死に走っていた選手は
400mのタイムが劇的に上がっていました。100mはお察し程度。

4.フォームの乱れ
長い距離を走るため、体全体(不適切な使い方)を使って走ったり、接地や腕振りなどに
意識が持っていけないスピード、距離を走ることで、ケガや、本来使うべき部分が
使えていないことが多く見られます。自身がフォーム等の徹底を挙げているので
遅くなる練習としか思えません。

5.全体を通して
上記のように、個人的には必要がないという結論です。また、速い人の自伝?などを見ると
がむしゃらにたくさん走ってたけど、考えて走るようになったらもっと伸びた
という内容がいくつか見られたので、自身がへぼい私は、そちらを拠り所にしていたりもします。
速い人がいってるから正しい、とは考えませんが、一般の人はそう思うので、そう言ってます。

過去の指導を振り返ると、走り込みによって無駄な時間を、多くの選手に課していたなーと
かねがね思います。
絶対やるな、やったらダメ!とまではいいません。少し長い距離の
記録は伸びるので。ただ、選手の種目距離に応じて、きちんとメニューを考えなければ
指導としてはどうなのかと考えてしまいます。

走り込みは必要ない。ただ、選手の種目距離を考えて、適切な距離での
練習が組めるなら、練習に取り入れてもいいのではないでしょうか。
それだと、走り込みとは言えなくなると思いますが。
『陸上競技』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 20161130練習記録 | トップ | 20161201練習内容 »

コメントを投稿

考察」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事