留守番日記

妻亡き後、二人の子供と前向きに生きています。
子育ては決して上手くないと思いますが、努力しています。

ブラを買う。

2016年10月19日 | Weblog
子ども達が育っていくと、買い揃えるものは色々変わってきますが、今回のモノほど、色々考えたことはなかなかありません。

それはブラジャーです。男性向けは、商品の存在は知っているものの、実物を見たことはありません。一方女性向けは、育てばほぼすべての方が身につけると思います。

“そろそろいるよね”と話が出てきたので、揃えることにしたのですが、戸惑うことが多かったです。

週末に行く近所のショッピングセンターで、まずは一人で下見しました。

とは言え、あまり長くいることも出来ませんし、30秒ほどで立ち去りましたが、それでも考えることは多かったです。

まず、大人用とは別に、つけ初めの方のために配慮した商品があることでした。

そして、サイズの基準が2つになるため、安易に買うことが出来ないことです。あらかじめ裾上げしているスラックスやジーンズでも、ウエストと丈が書いてあるのと似た感じです。

ただ、最も困ることは、値段です。値札を少し見たら、1枚で1500円前後します。

コレを最低でも2~3枚は揃えないといけない。そう思うと、この出費は大きいです。

とは言え、この売場には在庫整理でほぼ半値に付け替えられたモノもありました。正直なところ、コレが合うのならとても助かると思ったところでした。

恐らく、男女関係なく下着というもので考えれば、1枚あたりの単価はダントツで高価なものだと思います。しかも、身体の変化で、早ければ2~3ヶ月で使えなくなると思いますし、たとえ姉妹だったとしても使いまわしはまず、厳しいでしょう。

もっとも、男性より女性の方が割高に感じるのは、衣料品では他にもあります。制服も造りが細かいので高くなっていますし、水着も、当然ですが使う面積が広くなるので、高くなるのは納得です。

また普段着でも、服の値段にはそれほどの差を感じないのですが、モノによっては材料の素材でデリケートなことがあって、持ちが短いような気がします。

そこに来て、このモノです。ココでは要るか要らないかくらいの差ですから、少々堪えます。

とは言え、揃えなければなりません。これまでは私が単独、または子どもと一緒に買っていましたが、今回は、親戚の義妹に頼みました。

向かった店は、いつも行くショッピングセンターよりはるかに大きい店でしたが・・・。

結局、広すぎることもあってか、当日は見つけることができなかったと言われました。(後日、あったと言われました)
それでも、やはり必要ではあるので、戻る途中、いつも行く店に行き、店員さんと子どもだけで選んでもらい、精算の時に私は行きましたが、そこで選んでいた商品は、以前、少し気になった、値段が張り替えられていたモノでした。

少し、助かりました。結果的には、コレで良かったです。

思考的な面では、男女の色分けは極力考えないようにしていますが、身体的な差については、ある程度考えなければなりません。そう思うと、少なくても身につけることについては、男女間での費用の差は意外に大きいと思います。

今の政治に携わる方々で、こう言った実情を知っている議員さんたちは、どれほどいるんだろうか?。政策的には難しい話ですが、理解だけでもしてもらいたいものです。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ブログを分割します。 | トップ | 税別2980円でスマートフ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL