きのこ ゼミ ブログ

きのこ ゼミ の情報を掲載しています

セシウム、キノコ胞子で再飛散か 健康に影響ないレベル

2017年03月07日 | きのこ ゼミ 情報メール
セシウム、キノコ胞子で再飛散か 健康に影響ないレベル
 asahi.com 


 東京電力福島第一原発の事故で放出された放射性セシウムの一部が、野生のキノコで濃縮、胞子に蓄えられて大気中に再び飛散している可能性が高いことが、気象庁気象研究所や茨城大、金沢大などの調査でわかった。人体への影響は考えられないほど低いセシウム濃度だが、帰還困難区域の山林でキノコ胞子がセシウムの再拡散に関わっている可能性がある。

※続きはこちら(図あり)

 生物濃縮でキノコの中に蓄積されたセシウムが胞子に移行して拡散されているらしいという報告です.
 でも,これっていいことではないでしょうか?
 濃縮されるだけだと危険な濃度になってしまいますが,拡散するということは希釈するということで,放射線濃度を低下させているということですから,問題ないように思えます.
 まるで,『風の谷のナウシカ』で描かれている腐海の植物のようですね.


ジャンル:
東日本大震災
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« アミガサタケ前線2017年 | トップ | アミガサタケ発生予報'17 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

きのこ ゼミ 情報メール」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。