美術の先生は考える

中学美術の授業の実践を中心に、美術について考えたイロイロを紹介できればと思います。

卒業+美術で色々と

2017-03-13 23:52:22 | 日記

一昨日土曜日が卒業式でした。

3年前に3年生を担任して卒業させて以来、教務主任として3年過ごしてきましたが、その間毎年3学年所属。

教務1年目は何かと余裕がなく、卒業生に何かをしてあげることはできませんでした。

2年目の昨年は少し余裕が出始め、3年目の今年はもっと気持ちに余裕ができたので、積極的に3年生に関わりながら色々美術教師としてできることに挑戦してみたので、自分の取り組みの記録として日記のように記しておこうと思います。

3年前に自分の学級の生徒に贈って以来、美術部の生徒には別の場所で挑戦させてきましたが、自分で描くのは久しぶり。

中央部分は2年生の飾り付け担当生徒の作品。

左右が僕のものです。手前に見える写真にある、卒業生たちの文化祭での作品へのオマージュとして、また中央部分の生徒作品に意味を持たせるように描いてみました。

今年の卒業生たちは美術部が多く、また美術好きの子たちも多かったので、作品制作にとってもとっても真摯に取り組んでユニークな作品を多く作ってくれた子たちなので、学年所属の美術教師として何か贈ってあげたかったんですね。


残念ながらこの黒板を見た時の卒業生たちの反応は見ることができませんでした。

押しつけがましくなるのも嫌なので、「どうだった?」とも聞けません。…後からこの件について話しかけてくれた生徒は1名。

んー、他の子たちも意図を感じて少しでも喜んでくれてたらいいのですが。

 

2つ目。

こちらは最後の美術の授業における題材『写真と言葉で伝えるメッセージ』

過去2年は『記念にカッコイイセルフポートレイトを』という題材名で、式中には見ることができない卒業生たちの姿が見えるような写真を撮らせて選択・印刷し、式場前に展示していたのですが、今年度は手書きでの「家族への感謝を伝えるメッセージ」を添えたメッセージ入りの写真とすることにして取り組んでみました。

使わせた画材は「ポスカ」です。

式に来た保護者の方々は喜んで見てくれたり、写真を撮ってくれたりしていたので良かったです。

因みに写真そのものは、当日夜の祝賀会で保護者の皆さんに一人一人手渡ししました。

生徒たちに直接手渡しさせようかとも考えたのですが、メッセージを書くだけでもかなり恥ずかしがって抵抗を示していた子が多かったので、そこは強要する感じになることを避けて僕が会場を歩き回って手渡ししました。

 

美術部から卒業生への贈り物は、黒板アートと「おめでとう、ありがとう」をテーマにしたコマ撮りアニメーション。

それを紹介するための動画編集は毎年顧問の僕が担当するのですが、今年はEテレの「デザインあ」っぽくしてみました。


「デザインあ」は授業で何度か見せていたので、生徒たちは理解して見てくれていました。

 

動画編集といえば、卒業祝賀会の記念MOVIE制作は今年で4年連続。

卒業生も保護者の方々も楽しみにしてくれて、実際喜んで見てくれて良かったです。

しかし4年連続はちょっと苦しかったですね…。兄や姉の関係で1~3年前に同様のMOVIEを見ている保護者もいることを考慮し、毎年同じにならないように工夫するわけです。色々あの手この手で懐かしさと笑いと感動を演出するのですが、結局は毎年狙いは同じなわけで……かなり頭を悩ませられました。毎晩毎晩自宅で悩みながら編集をし続けるつらい数か月でした。

その中での楽しみは、3年間の生徒たちの成長の様子や変化を見ることができる点。

実際にMOVIEに使用しなかった動画や写真も数百・数千と見ることになるので、きついのですがちょっと微笑ましかったりするんですね。

…しかしもう限界かな。精神的に苦しすぎる。夢にも見ますからね。「字のタイミングが映像に合ってない!」とか「変な写真が紛れ込んでる!」とかそんな夢…。

 

その他にも卒業生を送る会では、学年スタッフでブルゾンちえみネタ。職員で恋ダンス…と、きっと多くの学校で今年やっているであろう流行りの出し物に取り組むなど、できることは全てやり尽した感のある卒業企画となりました。

動画編集の合い間にダンス練習したり、ネタ練習したり…。ヘトヘトでしたが、全部喜んでもらえてよかったです。

特に担任の女性教師を中心にやったブルゾンネタは大ウケで、練習した甲斐があったなと達成感もありました。

 

さて、しかし今年はこうやって色々できることの限界に挑戦してきましたが、振り返ると何でもかんでもやればいいってものでもないようにも思えました。

この学年はサイクル的に自分が担任するかもしれないと予想し、小学校から気にして見てきた学年。また先にも述べたように美術的に色々あった学年なので、所属スタッフの一員として精一杯で臨んだのですが……毎年の当たり前に思われ始めていると感じるのです。

今年は卒業記念写真撮影でも祝賀会での職員紹介でも、僕は学年所属スタッフとして扱われなかったので、実は一人静かにちょっとショック受けてたのです(笑)

もちろんれっきとした学年所属スタッフですよ。勘違いではありません。卒アルにもちゃんと学年スタッフとして紹介されてますし、1年間でしたが給食指導とか学年の動きには同行してきましたよ。受験業務もちゃんと積極的に手伝ってきました。ここ3年間では最も生徒と関わりを持つことができ、仲も良くなって楽しめた学年でした。

因みに卒業記念写真撮影の時は気づいて「髙橋先生ここじゃないでしょ!」と隣の先生は言ってくれたのですが、なんか事を荒げるのが嫌でそのまま黙って写っちゃったんですね。

で、後日この原因は何なんだろうな?と一人振り返り、ある結論に至りました。

ここ3~4年同じようにやってた僕の取り組みが、『学年スタッフとしてではなく髙橋(もしくは教務)のいつもの仕事』として認識されちゃったからではないかと…。

この学校の勤務が8年目となった今年。もういつ転勤するかもわからないので、次に続く方が同様のことを期待されるようなモノを残すのは親切じゃないなと考えたわけです。

何でもかんでもやっちゃったら次に教務やる方とか、美術受け持つ方が同様のことを期待されるに違いないです…。

仮にまた来年自分が留任して、またまた3学年所属にでもなっちゃったら自分の首を絞めることになるし。

 

あー…体調壊すほど頑張ったけど、何だか反省と後悔が残っちゃいました。

何事も「過ぎる」のはやはり良くないものですね。変な伝統が残ってしまわなきゃいいが…。

 

 

さてさてともあれ明日は県立高校の合格発表の日。

気持ちを切り替えて、また受験業務のお手伝いに励もうと思います!

まず朝は合格証の受領からスタートです。

黒板に描いたように、きれいに桜が咲き乱れることを祈って、今年度のブログを閉じたいと思います。

今回は日記的な内容になりましたが、最後まで読んでいただいた方、お付き合いいただきありがとうございました。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2月は弘前地区小中学校美術展で考える

2017-02-05 11:57:43 | 日記
今年もこの時期は地区の美術展です。
会場はいつもの弘前文化センター。

吉井酒造レンガ倉庫が早く美術館になってくれたらいいのになー。そしたらそこを会場に開催できるのではないでしょうか。
その頃には奈良美智さんのメモリアルドッグもお外に出てきてくれないかなー。いつまで小屋に入ってるのでしょう…。

さて、本美術展も36回目。
県展より伸び伸びと展示することができました。




本校は小規模校なのですが、毎年大きく見応えのある彫刻作品を出品してくることがそろそろ周知していただけた様子。壁際の狭いテーブルではなく、広い場所を割り当てていただきました。
弘前ならではということで7年ほど前から使われているりんごの木箱を今年は増量し、各テーブルにひと箱ずつ設置されたので、せっかくなのでそれも活用。
どう活用するかは各自に任されましたので、それぞれ工夫して展示作業にあたっていました。


立体作品に関しては、比較的自由に展示させてもらえるのがこの地区の美術展の良いところかなと思います。

さて、今日は朝から会場に当番だったので、会場で見にきた方々の様子や会話を観察。
やはり何を使って制作してるのかを興味津々で見て下さる方々は多いです。
数年観察して考えた結果、昨年から僕は材料表示をしています。

今年は更に各自の作品表示にも書かせるようにしました。
一般の方々はもちろん、美術教師にも参考にしていただけるかな?と思ってます。

あとはやっぱり題材コンセプトの表示ですね。
これは意地でもやらなきゃ。


各作品への表示は少しずつ広がってきているように感じるので、題材のアピール、PRも少しずつスタンダードになるように、やり続けたいと思うのです。
幸い今年も「こういう表示は大事だよねー。」の声を何度か聞くことができたのでいい傾向です。どんどん真似してもらいたいです。こちらはまだまだ少ないので。
学校教育で生まれた作品の展覧会なのですから、何を表現して何を学ばせた成果の作品なのか?そこまでを見せるものにすべきと考えます。

さてさて、最近は立場的に今後の県展の方ばかりを考えていましたが、どうやらこちらの地区の美術展も36回目にして、色々と今後の在り方を考え始めていることがわかってきました。
僕はここ3年県の方の事務局ゆえ、こちらの地区美術展の企画スタッフからは離れてるのですが、今日は懇親会で様々な方々とお話させてもらう中で良い可能性を感じることができました。
「来年から特別賞なくそう!無意味な分野別もなくそう!」なんて話もしちゃう勢い。うん、いい勢いだ(^^)もちろん飲みの席の話なので、そんな簡単には決められる訳もないのですが。

県展より地区展の方が面白い可能性を持ってるなーと思い始めました。
同じような志を持っている仲間が小学校にもいる。そしてもう既により良い変化を求めて色々と行動し、働きかけも始めている。
中学校の先生方にも理解者が多いように感じる。
現在の弘前市の教育長が元美術教師。
今なら変えられそう。良い美術展作りがしやすい環境にあるのかもしれない。
…県展は現在各地区のご意見を集約中ではあるのですが、地区ごとの事情や考え方の違いもあるし、広域なのでなんだか実情も掴みにくく、元々の目的もちょっと違うのでなんだか重くて…。

であれば、フットワークが軽い地区展の方を先に良い形に作り上げ、県内の見本にしてやるぞぐらいの考え方が良いように思えてきました。
小中一貫教育に舵をぐぐーっと切り始めた弘前市の「小中美術展」ですから、図工・美術ではもう36回も一貫の形を探り続けてきてますよ!結果こんな素敵な美術展作り上げてますよ!ってアピールできるくらいのモノにできたらいいなーって考えました。
…自分は地区の委員ではないので、発言権・機会は少ないので何とも言えないですけどね。


さてさてさて、早いものでもう2月です。
毎日受験生の面接練習をしておりますが、本校の生徒たちは立派なものです。毎日感心しっぱなし。小さな学校で伸び伸びと順調に育ってます。
もうすぐ旅立ちの時を迎えるわけですが、あと少しの間美術の楽しさや有意義さを感じながら学んでもらえるよう、こちらも工夫して授業し続けたいと思います。
勉強の苦しみやストレスとの闘いもあとわずかです。このまま志望校進学へと突き進むことができますように!
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

2017年も作品展で考える(作品展を終えて)

2017-01-15 23:02:07 | 日記
第30回青森県中学校選抜美術展。

本校生徒の彫刻作品も特別賞や特選をいただきました。

立派にガラスケースの中に展示していただきありがとうございます。

青森県内の中学生たちの選ばれし作品たちが一堂に会し、なかなか見応えのある作品展になっていたと思います。
今年度担当された青森市の美術部会の先生方にはお世話になりました。ありがとうございました。

さて、今年度も作品の展示の仕方にはこだわらねばと色々考えて臨みました。

作者の作品解説ミニパネルは小さめに。
昨年まではアイディアスケッチのようなものも付けたり、大きめなパネルだったのですが、作品の邪魔になってると感じて必要最小限に。
アクリル台は今年も活用。

その代わりに題材の解説パネルを工夫。
昨年まではこれも飾り過ぎて読んでいただきづらい感じがしてたので、シンプルに読みやすく。

…しかし、特選や特別賞の作品が別の階に特設展示されたので、元々のイメージよりも作品数が減ってこじんまりとした感じに。

2月上旬、市の小中学校美術展では作品数も増やせるので、そこではもう少し改善して作品単体も大事に見せながらも、題材・授業にスポットを当てるように努めてみたいと思います。
小規模校ゆえ、あまり多くの作品は出せませんし、上手な作品ばかりではありませんが、見に来てくださる方々に『上手いなー。すごいねー。』だけの感想で終わらせない美術展にしたいので、あがき続けたいと思います。


さて、前述の県選抜美術展。
今年度は30回という記念大会ゆえ、どうにかこうにか例年どおりの審査、賞、賞状、盾を用意して無事開催することができました。
が、来年度はそれらを用意する資金がありません。
しかも輪番で弘前開催。
さーどうしよう!?

個人的には「賞なんかいいよー!それぞれの地区で特色出るような、題材・授業を発表しませんか?見るだけで教師も研修になりますよ?」…と思っていました。

しかし、これまでの歴史や関わってきた方々の思いもあるようです。
市の美術展のようにスポンサーを獲得してでも賞は設け続けた方が良いとのご意見もあります。

他県ではどのように作品展を開催しているのでしょうか?
できれば教えていただきたいものです。
自力でも美術教育系のブログなどを探して研究しなきゃなと思います。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

12月の美術

2016-12-11 00:03:41 | 日記

12月。
弘前では県と市2つの作品展に出品できる環境にありますが、この時期が県美術展の出品者名簿提出時期です。
作品制作も大詰めとなっております。


1年生。

最近は本校の必須題材『りんごジュースのラベルデザイン』。

例年どおりPCのソフトを使った実践です。が、今後実施する2,3年生の授業ではあえて手描きの表現を取り入れてみようかな?と検討中。

1年生で学ぶPCを使った作業と融合させると、今までの無機質な感じが取れ、生徒が作った手作り感が出て良いかもしれないです。

 

2年生。

『これが日本の花』。2年目の取り組みです。 自国日本をあらためて見つめ、その良さを花の形に表わす彫刻の題材です。

花というのは(おそらく)万国どこでも美の象徴的な存在。

その花という存在に日本を投影させるわけですが、どうしても導入で教科書や資料集を使うと、生徒たちは日本の伝統的な美術・工芸作品の美しさにイメージをグーンと引っ張られてしまいがちです。

教科書や資料集ではそういった伝統美の部分を大きく・多く取り上げていますから。

そこで、今年は同じように教科書・資料集も使いはしますが、構想段階2時間目の冒頭でリオオリンピック閉会式の「TOKYO SHOW」の部分を鑑賞。

あのショーは主に東京中心のイメージを表現したものではありましたが、「日本代表のクリエイターたちが東京・日本を世界に向けてアピールしたらこうなりました」という体で見せることで、伝統美ばかりに考えが向いていた視点を、現代日本にも向けさせようと狙ったわけです。

このおかめさんの花びらも面白いですが、左奥にあるビルが描かれた花びらはTOKYO SHOWからのイメージかな。

こちらも和柄を中心にしながらも、TOKYO SHOWの冒頭君が代や後半での旗を使ったパフォーマンスが影響した感じ。

 

さて、この題材はそろそろ完成間近。

作品展にも数点出すことができそうです。

 

3年生。

『未来の樹』。学校農園のりんごの木を用いた題材です。こちらは4年目の実践。

3年前の東北大会を機に開発した題材を毎年少しずつ改良してきたもので、このブログを始めるきっかけになった思い入れのあるものでもあります。

学校農園の剪定作業で出た廃材の枝を活用するため、本校ならではの題材だと考えています。

卒業制作と位置づけているため、生徒たちは毎時間熱心にこれまで学んだこと全てをつぎ込みながら、自分の将来に対する思いをコテコテに盛って表現しています。

絵お気に入りの枝を選ぶ様子。

枝を手に取る前のアイディアと、実際に気に入った枝を手に取ってからのイメージはまた異なるので、構想をまとめているところです。

グルーガン好きだよなー…。

…といった感じに進み、現在は完成が見えてきた作品たちも増えて来ています。

相変わらずこだわりが強く、コテコテになってしまう傾向なので制作時間もかかりすぎています。

「表したいことの足し算ばかりじゃなく、引き算も考えなさい。」、「なんでも盛り込めばいいっていうものじゃないぞ。ちょうどいい美しい状態考えようね。」といったことを呼びかけ続けているここ数時間です。

また『放課後美術』も相変わらずやり続けることで、どうにかこうにか冬休み前までに完成させることができそう。

しかしこれもね…2年前にやりすぎて、休日返上みたいな生徒も出始めてしまったので、それ以降は反省して題材の設定や大きさなどを改良したり、年間の授業計画を工夫することで、授業時間以外での制作をできる限り減らすように努めています。

今年は学習会後に数名の生徒がちらほらと寄り道のように美術室に立ち寄り、30分~1時間程度作ってから帰るような毎日。

テストの前数日は誰も来ません。僕も以前のように大々的に呼びかけたり宣伝したりもしません。

休日登校での制作は一度だけ。テストが終わった翌日にあたる昨日土曜日に開催。

「よく土曜日に登校してまで美術やるよな…」と感心するのですが、考えてみるとこの地域の子どもたちの環境がそうさせるのだと思います。

田舎の中の田舎なので、いかんせん遊ぶ場所が本当になく…最近は雪が積もったせいで自転車にも乗れないため遠出もできず…そういった環境にある生徒たちにとっては、友達と和気あいあいと楽しくおしゃべりしながら集まることができる憩いの場的な美術室になっているのかもしれません。

放課後もそう。寄り道しようと思っても、可能なのはコンビニ1つくらい。また、外は寒すぎるので、友達と青春トークしながら帰ろうとしようものなら凍え死ぬ。

更に3年教室から玄関に向かう途中、ほぼ中間地点にある美術室。

そんな環境もあり美術室が繁盛するのでしょう。

ただやはり高校受験を控えている3年生ですから、やりすぎには注意してあと2週間頑張らせたいと思います。

 

作品展に向けての展示方法も例年のことながら考え中。

来月は完成した作品について、今年の展示の工夫、美術展で考えたあれこれなんかを投稿できればと考えています。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

『よさや美しさ』『つながり』

2016-11-11 21:50:14 | 日記
第69回全国造形教育研究大会宮城大会に参加させていただきました。

ひじょーーに有意義でした!


そもそも本ブログを始めた意味は2つあります。
ひとつは、お互いに刺激し合える美術教育関係者の皆さんとのつながりを求めて。
もうひとつは、自分の美術教育活動を、こういった場で発信しても恥ずかしくない質を保つ…というか、質を高めるため。つまりは自分を甘えさせぬよう、できれば高めていけるような、そんな意味。
自分の一番最初の投稿を見返してみましたが、今でもズレもブレもいないと思います。


そういったブログを続ける意味を再確認したうえで、今回の2日間の研究会を振り返り。
これまで関わることができなかった多くの美術教育関係者の方々とつながることができました。
この場を借りて改めまして、ありがとうございました。

題材研究や授業実践…特に鑑賞の授業の展開の仕方だとか、落としどころはまだまだ考えが浅かったと気づく、良い勉強の機会となりました。
誰か他の方のやり方や実践を、そのまま真似するようなことはできませんから、自分の実情や学校、地域の環境、生徒たちの実態に合わせて改めて考え、気持ちも新たに頑張ってみようと思います。


今回は一つ一つ細かく報告する形はとりません。
いつも見ていただいているような方々とは、ほとんど今回お会いできましたので、必要ありませんからね。


東北造形美にて授業公開をさせていただいたことをきっかけに考えが変わり、3年。
今回の研究会。自分にとっては人との大事な『つながり』を得る場となりました。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加