美術の先生は考える

とある中学美術教師が考えた日々のイロイロ

絵画指導を考える

2016-06-15 13:13:01 | 日記
絵画題材の指導において。
本校では写生大会などを実施していないので、絵画の題材においては写真を撮り、それを絵に表わすことを基本としています。
・1学年では「光」に焦点を当て、有彩色一色のみで表すような題材。
・2学年では「視点の工夫」。絵の具は自由です。
・3学年では過去2年の経験を生かし、修学旅行で印象に残った風景を写真で切り取り、それを様々な表現技法を考え選択しながら絵に表わす題材に取り組ませています。

3年間で発展的に学習していけるよう、自分なりに考えて実践している絵画指導の構成ですが、最近上手くいっている部分と、そうでない部分があると感じてます。

3年生の授業にて、上手くいっている点。
修学旅行には一緒に行けませんでしたから、どんな写真を撮ってくるのか心配でしたが、ふたを開けてみると、工夫した視点で撮影してくる生徒が多かったです。
2年生で取り組んだ題材が生きてるなーと感じます。
…もちろん旅行に夢中で美術のことなんて忘れてて、帰宅後に絵になりそうな写真を無理に選ぶ生徒もいるのですが、まあ、それはそれで仕方ないですね。

また、撮った写真がたまたま有彩色1色っぽい色合いだった生徒。
「1年生で描いた絵みたいに、有彩色1色と白黒だけ使って描けば上手くいきそうだね!」と声をかけると、すんなり納得して制作。
同様に撮った写真がたまたま白黒写真のような色合いだった生徒。
「黒の絵の具と水だけ使って描いてみたら?」と声をかけると、「この真ん中の建物を目立たせたいんですよ。」と言うので、「じゃー、その建物だけは有彩色使って、それ以外は水墨画みたいな白黒だけで表せば面白いかもね?」「1年生で描いた絵の描き方思い出してみなよ。」で、すんなり納得。
1年生で取り組んだ題材が、その時に学んだ表現方法が、しっかり生きてるなーと特に嬉しく感じました。




反面、同じく3年生の授業にて上手くいっていない点。
頼り過ぎる体質を育ててしまったところ。
もっと自分で考えて、自分なり表現方法で工夫しようとしてほしいのですが、「○○終わりました!次どうすればいいですか?」「ここ上手く描けません。どうすればいいですか?」の声が多すぎる…。

頼りにしてくれること、アドバイスや指導を信頼して聞いてくれることは嬉しかったのですが、気づいた時には『自分で考え、自分なりに工夫して表現しようとする』姿勢が育っていませんでした。

前述のような「こうしたらどう?」という積極的な声がけがマズイのか?
考えてしまいます。


限られた制作時間、これまでの反省を踏まえ、授業の導入をなるべくコンパクトに板書もシンプルに定型化をし、制作に当てる時間の確保に努めてきました。年度末に生徒たちに書いてもらっている、年間の授業の振り返りの中にある「今後の授業に望むこと」の声も聞いて考えた上でのことでした。(*話が長いので、もう少し早く制作させてほしいとの声が毎年有り…。10分いくこともあったので、そういう時はとても長く感じるらしい…。)
板書に関しては、市教委からも『ねらいとまとめをしっかり書き…』等と、お上からお達しによる制限もあるんですよね…。

そんなこんなで、かつて同様の状況に至った際によくやっていたような、小グループを使って仲間同士で意見を交わし合う、学び合いの活動を少し取り入れ始めました。
…が、ちょっと時既に遅し感。
頻繁にやっていれば生徒も自然に受け入れて活動できていたのでしょうが、「早く制作させてくれムード」を強く感じてグダグダに…。
今年度は特に焦った授業をしてきたなと反省します。


さて、7月です。もうすぐ夏休み。
どの学年の題材も、夏休み前までに完成させる計画で授業を進めてきましたから、今がちょうどラストスパートです。
素敵な作品がたくさん誕生しますように。

今年の夏休みは国立美術館での研修と、文化祭の作品制作サポートを中心に頑張ろうと思います。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

全国中文祭in大分《FLOWER WALL》

2016-04-21 15:00:10 | 日記
全国中文祭大分大会のモニュメント、『FLOWER WALL~自分の花を咲かせよう~』。
全国の中学校の美術部員が制作した花をひとつのモニュメントにする企画ですが、青森県代表は本校です。

昨年度秋に引き受けて、それから少しずつ少しずつ制作させてきましたが、昨日ようやく規定の30枚目が完成したので早速郵送。

生徒数が多い学校であればすぐにできたのでしょうが、小規模校の本校ではちょっと時間がかかっちゃいました。
美術部員だけではとうてい無理なので、現3年生にも協力してもらうことで、個性豊かな30の花が咲きました。

昨年度実践した彫刻の題材『これが日本の花』に取り組んだ生徒たちだったので、わりとすんなりコンセプトを理解して制作してくれたのは救いでした。…「また花か?」と感じたことでしょうけどね(>_<)

8月。
本校生徒たちが制作した花たちが、全国から集まった花たちと共に大分で咲き誇るのかと思うと、ちょっと嬉しい思いです。


さて、授業の方は…
今年度は文化祭ポスター制作の題材を、2年生だけで行うことにしました。
昨年度までは2,3年生の題材として実施していましたが、3年生への負担が大きすぎたので、思いきってやめちゃったわけです。
これで3年生には他の題材にじっくり取り組んでもらうことができるはずです。

しかし、
この方針は昨年度のうちに話していたのですが、その時「描きたい!」と話していた3年生いたので、今年度始めに3年生へはアンケート調査をすることに。
その調査で『ぜひ制作したい』と記した生徒は6名。『制作しても良い』を選んだ生徒もけっこういたのが嬉しかったのです。
授業以外の時間に個別に指導ということを考えると、あまり多くない方が自分としてはやりやすいと考え、6名のみに制作させることにしました。

授業以外の時間にわざわざ率先して制作することを望んだ生徒たち。
3年生なりのプライドをもって取り組む生徒。
単純に作品制作が好きな生徒。
昨年度の作品に満足できなかったことから、再チャレンジしたいと取り組む生徒。
それぞれの気持ちを理解して指導に関わると、なんだかこちらも情が入っちゃいます。本人たちが納得・満足する作品に仕上げることができるよう、こちらも真摯に指導に取り組みたいと思います。

…とりあえず明日の小中合同運動会がんばろ。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「HIROSAKI DESIGN WEEK」なるもの

2016-04-16 08:35:34 | 日記
取り組みは面白い!
呼んでいるゲストのセンスも面白いじゃないですか♪
Webページはこちら↓
HIROSAKI DESIGN WEEK - 弘前デザインウィーク

…しかし、いかんせんPRはいまひとつぞ(>_


明和電機の土佐さんを講師にお招きし、小学5年~中学3年の子どもたちをを対象にワークショップを開催。
色んな発想でロボットをデザインしてみるものだそうだ。
TOKYO DESIGN WEEKとリンクしている企画なので、最終選考を勝ち抜くと東京に招待されて、自分がデザインしたロボットを明和電機とともに作っちゃう!
そんな企画なんだそうな。

へー!面白いじゃないか!
…でも、これもう来週末の話?
もっと早く知ってたら、もっと宣伝協力できたなー(^-^;)

HIROSAKI DESIGN WEEKのWebページも慌てて見てみましたが、このワークショップは事前申し込み制で「申し込み方法は後日発表します。」のまま。
んー、遅い!
そのWebページからそのまま申し込みできるようにしようぞ。

と、厳しい意見みたいになっちゃいました(-_-;)失礼。
担当者は僕の(太っ腹)同級生なので、許してくれるでしょう。

さて、この手の面白い企画を市としてどう成功させるか?を考えてしまいました。
美術教師的な考えではありますが。
まずはもっと早く学校にチラシを積極的に配布してくれたらいいですね。
力入れてるような企画だとしたら、今回のように声かけやすい教師や学校にどんどん協力依頼もしていいと思う。
子どもたちが誇れる町にしていくためのユニークな協力であれば、僕なら協力しますね。
「弘前面白いじゃん!」って思いたいし思ってほしいですから。
なんならうちの学校に的を絞って来てくれてもいいのに。
小さな規模の本校なら、全校美術も可能かな。小学校も隣にあって、小中連携が盛んですから、一緒に活動することも可能です。
今年度、小中一貫教育のモデル校(学区)みたいなものに指定された本校。
新たな発想で、面白いことができるかもしれません。

さてさて来週は3年生が修学旅行から帰ってきます。
いよいよ美術の作品制作も本格的にスタートするので、指導者も頑張らなきゃな。
毎時間充実している授業づくり、無理のない授業づくりが課題です。
丁寧に計画して、しっかり振り返って…つまりはPDCAを丁寧に意識して頑張ろうと思います。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

新年度スタート

2016-04-09 21:18:57 | 日記

4月です。
今年も「日本で唯一りんご農園を所有する中学校」への勤務続行です。

8年目…こんなに長くいることになるとは思いませんでした。
ここまできたらどこまで長居できるものか試してみたい気持ちです。

とはいえ、授業計画やその他校務において、今年で最後のつもりで仕事せねばとは思います。
中学3年間で育てるべき力を育成する授業計画、自分ならでの題材はもちろん重視しつつも、自分ではないどんな先生が引き継いでもいいように意識はせねばと思います。
新たなチャレンジよりも、これまで実践してきた取り組みの完成度を上げることに力を注ぐべきと考えています。

でも現状に満足したり、「忙しい」を言い訳にしたりと停滞してしまわぬよう心がけます。
教師だって勉強して成長せねば。

8月には国立近代美術館で、鑑賞教育の指導者研修に初めて参加させていただくことができそうです。
10月には青森県の中学美術の教育研究会。実践発表はできるかな?まだ不明です。
11月には仙台で開催される全国造形教育研究大会に青森県の事務局として参加させていただこうと思ってます。

今年度もたくさん勉強して、自分もレベルアップしよう!
素直で吸収力のある、素敵な生徒たちがたくさんいる学校ですから、その生徒たちに対して良い授業をして、美術の魅力を責任もってちゃんと伝え、そして育てていかねばと決意。


さて、来週水曜から本校3年生は修学旅行。
毎年恒例の浅草での"りんごPR活動"頑張ってもらいましょう。弘前のりんご、自校の農園で自分たちが育て収穫したりんごを堂々とPRしてきてもらいたいものです。
1,2年生は授業が本格スタートします。
楽しみながらも有意義に過ごすことができるよう毎時間頑張るとしましょう!

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

続・短時間題材を考える2016

2016-03-18 21:52:58 | 日記
参考作品を作ります。


これを見本に題材を説明します。
もちろん他の画像もいくつか見せます。色んなパターンがあるので。

そして実践。
楽しんでどんどん制作を進める生徒たちが、あっという間にいくつかの作品を産み出しました。



しかし、良いアイディアが浮かばず、制作がはかどらない生徒たちから「この題材つまんない…。」の声が聞こえはじめる。
なるほど。
この手のユニークな発想勝負の題材を苦手とする美術が得意な生徒もいることを思い出す。

後日、"能登夫妻"の作品を参考に、参考作品を追加。

古くて渋くて重い美術室の戸にペタ。
そこでふとこの戸の人格を想像…
閉めようとする際、いつも必ず半分ほどの所で止まるのこの戸は、思いきったことができない臆病者。
慎重で痛いのが怖くて、ちょっと根暗でネガティヴで…。

…と想像したので、もうひと言追加。


そして制作最後日。
こんな作品も追加されました。


他にもスパイダーマンがぶら下がってたり、隙間から人が覗いてたり、動物たちが歩いてたり、いたるところに人が座ってたり、たくさんの魚たちが泳ぐ水槽のような窓があったり、スライムが現れてたり…

3~4時間の短時間題材でしたが、なかなか面白い作品たちが完成して、美術室がユニークな空間になったと思います。

スカイダイビングのステッカーを作ったのは、普段はあまり美術を得意としていない男子生徒。
しかしこの日、窓に自作のステッカーを張り終えた彼を待っていたのはクラスメートの「おーっ!」という声。
恥ずかしそうに喜びを隠す彼の嬉しそうな表情が印象的でした。
こっちも嬉しくなっちゃって、良いひと時に会えたなって思えました。


つまらなかった生徒もいたようですが、こちらの題材の提示の仕方もまずかったのでしょう。
次回実践することができたら、そこにひと工夫加えてみようと思います。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加