美術の先生は考える

とある中学美術教師が考えた日々のイロイロ

夏休みの宿題

2016-08-16 21:37:12 | 日記
夏休みの自由課題。
今年もうちの娘は図画がいいんだそうな。

父親に似て絵が得意…というわけでは全然ない子なのですが、きっと色々新しいことを教えてもらいながら二人でじっくり仕上げる工程が楽しいのだろう。
とっても意欲的に、何時間も描き続けてようやく完成。

作品全体像はあえて公開しませんが、今回はスパッタリングがお気に入りの様子でした。
スパッタリングは水分調節が命だと思うのですが、娘にはその調節はまだちょっと早いかなと…。よってそこは父親が調合して、娘はシャカシャカするのみだったので、かなり上出来…。

仕上げでほっぺたにチーク入れたいんだそうな。
そこでパステルを教えることに。

娘は大満足の仕上がりになったようです。

さてと…。
小学生の我が子にどこまで自力で挑戦させ、どこまでを助けてあげるか試行錯誤の取り組みとなりました。

今年はアイディアスケッチから取り組ませることに挑戦。
「どんなことを描きたいのか?」
「どんな思いを表したいのか?」
「どんな表現方法を使いたいのか?」

…考えさせたのですが、なかなか小学生に教えるのは難しかったです。
色々と描いているうちに、結局はパパがアイディアスケッチとは?の意味で参考に描いていた図案が気に入り、それを描きたいとなってしまうのでした。

この際だからと水彩絵の具の使い方も色々と伝授。
ぼかしたり、にじませたり、ムラをあえて生かすようなタッチで描かせてみたり。
水を上手に生かすことは身に付いた気がします。
今後の作品制作に生きるといいな。

とにかく、親が描いちゃった絵にならないいうに、学びながら達成感を味わわせることができるように、制作過程での経験が今後に繋がるように、と意識して頑張った1日でした。


さて、2学期制の本校。もう既に夏休みが明けました。
昨年度考えたことをもとに年間計画を修正し、夏休みの宿題を軽減しました。
昨年度まで「例年通り今年も…」感から無理に取り組ませていた文化祭のポスター制作ですが、今年度はしっかりと授業時間に指導ができる2学年のみの題材としました。
3年生にも描きたい!って子がいるような雰囲気だったので、3年生には事前アンケートをとることに。
アンケートで「制作したい」と答えた数名のみを、授業時間以外の放課後や夏休み中に指導して…という形で参戦してもらいました。
作品数は減ったので、文化祭の作品展示会場は少し寂しくなるかもしれません。それに不満を感じる来場者もいるかもしれません。
しかし昨年度感じた教科経営へのしわ寄せの課題はこれでクリア。これで良かったと思います。
学校事情、周囲からの要望にも耳を傾けはしますが、少ない授業時数を有効に使い、美術の授業で学んでほしいこと、経験してほしいことを優先せねばと思います。

来週末はいよいよ文化祭。
まずは週明け早々に急ぎ代表作品を拡大印刷して、それらを生徒たちに託して近所に配りに出てもらわねば。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

美術館を活用した鑑賞教育の充実のための指導者研修[2日目]

2016-08-02 18:01:35 | 日記
2日目は六本木の国立新美術館。

不安定な天気の中、無事雨に当たることなく到着。

2日目は実践発表からスタートです。
何と言っても今回は中学校代表の高安 弘大氏頑張れ!の気持ちに尽きました。
同じ青森県選手。青森県の美術教育のトップランナーですから。
僕は以前から見聞きしていた内容が多かったのですが、卒業生からの手紙や作家から頂いた作品のその後などは初めて知りましたし、何より皆さんから好評を博していたようで良かった良かった。
他は北海道の小学校教諭 森實 祐里先生の発表も、たくさんの実践を元にされた充実の内容でしたし、千葉市美術館学芸員の山根 佳奈さんの発表も、学芸員の立場で、学校と連携した様々な鑑賞教育の取り組みを紹介していただき、勉強になりました。

お昼休みは、1階ロビーで「アートカードワークショップ(自由参加)」。
…僕は参加しませんでしたが。

休館日なので、僕ら以外に人気がない贅沢な空間を満喫して歩き回ってましたね。



午後からは「ワールドカフェ」でした。
お題は以下の画像参照。

昨晩の懇親会で交流を広げられなかったので、ここで挽回する気持ちも内心持ちながら、積極的に活動できました。



動いたしたくさん意見もしたし、自分なりに考えもまとまったし、自己紹介がてら残りの名刺も配りまくったし、楽しかったー♪


最後は千葉大学教育学部の神野 真吾准教授による講演。
「社会の中の鑑賞教育」という演題でした。
…正直、もうこの過密スケジュールの研修において、ここまで来ると疲れと眠気が邪魔をしてしまう…しかも内容が難しい…。

印象に残ったのは“様々ユニークな題材はあるが、その題材が社会とどう接続するのかがはっきりとしていないものが多い”といった内容のお言葉。
育てたい力を考えて、題材設定に取り組んできたつもりではあるが、「接続」と言われると…あれ?どうだろう?と感じました。
脳みその疲れがとれたら、ちょっと考えてみたいです。



といったわけで、2日目の研修が終了し青森に帰ります。
現在はまだ新幹線の中。

有意義だったー。充実したー。
Webアンケートも済ませたー。

二度と受講できないのでしょうか?
また機会を与えていただきたいものです。

とにかく僕の勤めている青森県弘前市においては、歳の近い美術教師が少ないし、刺激を与えて下さる仲間も少ない。
このblogを始めたきっかけが、こういった現状を打破して、全国の様々な美術教育関係者の方々と交流をもちたいと強く切に願ったことからでした。

今回の研修では、そういった願いが少し叶ったような側面もありましたから非常に有意義でした。

また、美術館学芸員の方々とお話しできたこと、お話を聞けたことも大きかったです。
敷居が高く感じられていた美術館ですが、美術館側も学校からのアプローチを待ってるんだなと感じました。
研修の名のとおり「美術館を活用した鑑賞教育」に是非とも取り組んでみたい!と思ったので、学校に帰って一段落したら、さっそく青森県立美術館のスクールプログラムを再確認後こちらからアプローチして、何かできないかを探ってみたいと思います。


やっぱりこういった研修会に参加することにより、本来の美術教師の血が熱く循環し始めますね!
学校現場だけに籠ってちゃ駄目だな。

よし!次は11月の全造連宮城大会。
美術教育関係者との再会や初めましての出会いも含めて、楽しみになってきました。
また色んな刺激を受けながら、自分自身の美術教育も進化・深化させることができるよう頑張ろうと思います。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

美術館を活用した鑑賞教育の充実のための指導者研修[1日目]

2016-08-01 22:31:13 | 日記
この夏休み一番楽しみにしていた2日間の研修会の1日目。東京国立近代美術館。

東良雅人調査官による講演からスタート。
平成33年度から完全実施予定の、新学習指導要領の方向性を中心に、これからの美術教育に必要なことをお話ししていただきました。
主体的、対話的、深い学び…。確かに課題だなー。
アクティブラーニングの雰囲気・表面だけ捉えてグループで対話すりゃいいってもんじゃない。
鑑賞・表現の両活動にて、自分や自分の考えを見つめ、自分とも対話して考えを深める機会を設定してみたいと思った。
長期間の作品制作の中で、見通しをもって取り組んだり、他者の価値観に触れさせる機会を設定してみたりして、制作活動に主体性が生まれるよう工夫してみようと思った。


昼前からグループワーク開始。
僕は濱脇みどり先生のグループ。全国の中学校教員、学芸員の方々と活動させていただきました。
アートカードを使った自己紹介から始まり、近代美術館内の海老原喜之助さんの作品エリアで、濱脇先生による対話形式の作品鑑賞を体験した後、更に少人数のグループにワーク分かれて、美術館を活用した鑑賞授業の案を話し合い、発表し合いました。

更にその後は、他のグループと合流し、各グループの活動場所を巡りながらの発表会。

グループワークはあっという間でした。長時間でしたが、それでも時間が足りなく感じ、グループや場所を変えてもう1回やってみたい!そう感じました。


さて、夜の懇親会。
これがまた楽しみのひとつ。
普段絶対会うことができない全国の美術教師の皆さん、美術教育に関わる方々と交流できる!…とワクワクしてましたが、なんだか拍子抜け…。
日中のグループや知り合い同士で固まっちゃてる感じで、新規加入しづらく…交流広がりませんでした。
でも数名の方々と名刺交換してご挨拶できたのは良かったです。
また、日中から一緒に行動してくださった、栃木と宮崎の先生方には感謝です!心細い思いをせずに済みました。

明日は早くも最終日。
またとない機会ですので、しっかり勉強してきます!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

絵画指導を考える

2016-06-15 13:13:01 | 日記
絵画題材の指導において。
本校では写生大会などを実施していないので、絵画の題材においては写真を撮り、それを絵に表わすことを基本としています。
・1学年では「光」に焦点を当て、有彩色一色のみで表すような題材。
・2学年では「視点の工夫」。絵の具は自由です。
・3学年では過去2年の経験を生かし、修学旅行で印象に残った風景を写真で切り取り、それを様々な表現技法を考え選択しながら絵に表わす題材に取り組ませています。

3年間で発展的に学習していけるよう、自分なりに考えて実践している絵画指導の構成ですが、最近上手くいっている部分と、そうでない部分があると感じてます。

3年生の授業にて、上手くいっている点。
修学旅行には一緒に行けませんでしたから、どんな写真を撮ってくるのか心配でしたが、ふたを開けてみると、工夫した視点で撮影してくる生徒が多かったです。
2年生で取り組んだ題材が生きてるなーと感じます。
…もちろん旅行に夢中で美術のことなんて忘れてて、帰宅後に絵になりそうな写真を無理に選ぶ生徒もいるのですが、まあ、それはそれで仕方ないですね。

また、撮った写真がたまたま有彩色1色っぽい色合いだった生徒。
「1年生で描いた絵みたいに、有彩色1色と白黒だけ使って描けば上手くいきそうだね!」と声をかけると、すんなり納得して制作。
同様に撮った写真がたまたま白黒写真のような色合いだった生徒。
「黒の絵の具と水だけ使って描いてみたら?」と声をかけると、「この真ん中の建物を目立たせたいんですよ。」と言うので、「じゃー、その建物だけは有彩色使って、それ以外は水墨画みたいな白黒だけで表せば面白いかもね?」「1年生で描いた絵の描き方思い出してみなよ。」で、すんなり納得。
1年生で取り組んだ題材が、その時に学んだ表現方法が、しっかり生きてるなーと特に嬉しく感じました。




反面、同じく3年生の授業にて上手くいっていない点。
頼り過ぎる体質を育ててしまったところ。
もっと自分で考えて、自分なり表現方法で工夫しようとしてほしいのですが、「○○終わりました!次どうすればいいですか?」「ここ上手く描けません。どうすればいいですか?」の声が多すぎる…。

頼りにしてくれること、アドバイスや指導を信頼して聞いてくれることは嬉しかったのですが、気づいた時には『自分で考え、自分なりに工夫して表現しようとする』姿勢が育っていませんでした。

前述のような「こうしたらどう?」という積極的な声がけがマズイのか?
考えてしまいます。


限られた制作時間、これまでの反省を踏まえ、授業の導入をなるべくコンパクトに板書もシンプルに定型化をし、制作に当てる時間の確保に努めてきました。年度末に生徒たちに書いてもらっている、年間の授業の振り返りの中にある「今後の授業に望むこと」の声も聞いて考えた上でのことでした。(*話が長いので、もう少し早く制作させてほしいとの声が毎年有り…。10分いくこともあったので、そういう時はとても長く感じるらしい…。)
板書に関しては、市教委からも『ねらいとまとめをしっかり書き…』等と、お上からお達しによる制限もあるんですよね…。

そんなこんなで、かつて同様の状況に至った際によくやっていたような、小グループを使って仲間同士で意見を交わし合う、学び合いの活動を少し取り入れ始めました。
…が、ちょっと時既に遅し感。
頻繁にやっていれば生徒も自然に受け入れて活動できていたのでしょうが、「早く制作させてくれムード」を強く感じてグダグダに…。
今年度は特に焦った授業をしてきたなと反省します。


さて、7月です。もうすぐ夏休み。
どの学年の題材も、夏休み前までに完成させる計画で授業を進めてきましたから、今がちょうどラストスパートです。
素敵な作品がたくさん誕生しますように。

今年の夏休みは国立美術館での研修と、文化祭の作品制作サポートを中心に頑張ろうと思います。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

全国中文祭in大分《FLOWER WALL》

2016-04-21 15:00:10 | 日記
全国中文祭大分大会のモニュメント、『FLOWER WALL~自分の花を咲かせよう~』。
全国の中学校の美術部員が制作した花をひとつのモニュメントにする企画ですが、青森県代表は本校です。

昨年度秋に引き受けて、それから少しずつ少しずつ制作させてきましたが、昨日ようやく規定の30枚目が完成したので早速郵送。

生徒数が多い学校であればすぐにできたのでしょうが、小規模校の本校ではちょっと時間がかかっちゃいました。
美術部員だけではとうてい無理なので、現3年生にも協力してもらうことで、個性豊かな30の花が咲きました。

昨年度実践した彫刻の題材『これが日本の花』に取り組んだ生徒たちだったので、わりとすんなりコンセプトを理解して制作してくれたのは救いでした。…「また花か?」と感じたことでしょうけどね(>_<)

8月。
本校生徒たちが制作した花たちが、全国から集まった花たちと共に大分で咲き誇るのかと思うと、ちょっと嬉しい思いです。


さて、授業の方は…
今年度は文化祭ポスター制作の題材を、2年生だけで行うことにしました。
昨年度までは2,3年生の題材として実施していましたが、3年生への負担が大きすぎたので、思いきってやめちゃったわけです。
これで3年生には他の題材にじっくり取り組んでもらうことができるはずです。

しかし、
この方針は昨年度のうちに話していたのですが、その時「描きたい!」と話していた3年生いたので、今年度始めに3年生へはアンケート調査をすることに。
その調査で『ぜひ制作したい』と記した生徒は6名。『制作しても良い』を選んだ生徒もけっこういたのが嬉しかったのです。
授業以外の時間に個別に指導ということを考えると、あまり多くない方が自分としてはやりやすいと考え、6名のみに制作させることにしました。

授業以外の時間にわざわざ率先して制作することを望んだ生徒たち。
3年生なりのプライドをもって取り組む生徒。
単純に作品制作が好きな生徒。
昨年度の作品に満足できなかったことから、再チャレンジしたいと取り組む生徒。
それぞれの気持ちを理解して指導に関わると、なんだかこちらも情が入っちゃいます。本人たちが納得・満足する作品に仕上げることができるよう、こちらも真摯に指導に取り組みたいと思います。

…とりあえず明日の小中合同運動会がんばろ。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加