安息タイム

リタイヤ後...今日もまったり

H29春蘭展

2017-03-07 | 春蘭

3月4日に市民プラザで行われた春蘭展の模様です

 昨年は9時10分頃に行ったのですがまだ展示の作業中であったので

 今年は9時35分頃に会場着・・・今年もまだ作業中、大変みたいです

 まだ来場者も数人、撮影するなら今の内です、まずは雛壇の受賞作から

 ↓ 雛壇 1 <神秘>  有名な韓国春蘭の紅色中透け花

      赤が薄い気がします、いろんな系統があるという話もありますね

 ↓ 雛壇 2 <幻の華> 展示会の常連になりましたね

      双頭花ですね、丈夫で花付が良いのでしょうか

 ↓ 雛壇 3 <一休> 対馬産 まだ開き始めで惜しい・・・

 ↓ 雛壇 4 <丹賀蝶> 朶々香奇花、面白い花です

 ↓ 雛壇 5 <水心子> 韓国春蘭 葉芸も花も素晴らしいですね

他に桃山錦、紀の夕映、黄艶、紅貴、こえみなどが出ていましたが花茎の

伸びがイマイチで撮影しませんでした

 

次は、私がいいなあ~と思った花です

 ↓ <紅聖> 透き通ったような素晴らしい赤の発色でした

 ↓ <喜娘> 初めて見た花です、小振りで発色の良い花です

 ↓ <優香> 家に帰って調べたら交配種(清姫×女雛)でした

 ↓ <清香> これも調べたら交配種(清姫×歌麿)だそうです

 ↓ <飛蝶 豆弁蘭だそうです、欲しいいな~

今年は朱金色花と黄花の展示が少なかったです・・・すこし寂しいですね

しかし、交配種で素晴らしい花が多く出てきましたね

  初めて見る名前を見たら殆んどが交配種、う~ん 複雑・複雑

ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« H29蘭まつり | トップ | H29雪割草展 »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
春蘭の展示会 (moco)
2017-03-07 23:15:43
交配種に韓国産と、展示品の方向性が窺えました。
丈夫で作り易く派手な品種が、次々と作り出されてるようですね。
展示会から、ますます足が遠のいてしまいます。
春蘭の展示会 (nishi)
2017-03-08 08:21:54
確かに数年前から韓国春蘭が雛壇に並ぶようになり、富貴の光だけだった交配種が今や2~3割程を占めるようになってきた感があります。

近い将来に交配種が幅を利かせ、福の光が(原種:福の光)と表示されるようになったり・・・笑いごとでした。

展示会の様子や会員の皆様を見ていると、春蘭の未来が危うく感じられます。シンビジュームみたいに交配を進め安価で見栄えの良い品種を多く作り、愛好者を増やすべきなのでしょうか。何とも言えません。
H29春蘭展 (ranran)
2017-03-08 10:04:28
私の知っているのは神秘と水心子、それに一休くらいで、他は殆ど知らない銘柄ばかりです。
幻の華も富貴の光と兄弟のようですが、今回UPされたのは交配種が多いようですね。

新しいもの、少ないものは値段が高いためか、業者もそちらに走っているのでしょう。中国や韓国も同じ方向かも知れません。

人間の作ったものは、神の作ったものには遠く及ばないように感じます。
H29春蘭展 (nishi)
2017-03-08 13:59:59
確かに今年は交配種の展示が多かったです、大富貴との交配種は花型や葉ですぐにわかります、日本春蘭赤花の交配種も花型や名前である程度は感じます。

やはり山採りの新しいものは少ないし業者もその方向へ走るのでしょうね、私も交配種を買って育てようという情熱は無いですね。

今年の赤花は発色が悪そうです、歌麿だけが伸びてきましたが今までで一番発色が悪い気がします。
来週から暖かくなるようですから早めの植替えも考えています。

コメントを投稿

春蘭」カテゴリの最新記事