安息タイム

リタイヤ後...今日もまったり

でっかい花芽3

2016-10-16 | 春蘭

秋らしい爽やかな気候になりました 

庭の害虫もいなくなり、蚊もいなくなり、しのぎやす~

      バラもいい感じで咲いています

      一番遅く咲いた白いシュウメイギク

 4種ありますが八重咲きが一番繁殖力が強いですね


 歌麿のでっかい花芽、久しぶりに見てやりました

 茶色く変色、伸びていません ・・・ ダメかな ・・・

おや新しい花芽が、ミズゴケを除けると沢山出ています

全体にミズゴケを乗せていたのですが、遮光遅れみたい

しかし、出てほしい株には出てくれなく・・・

   出なくてよい株にはこんなに、上手くいきませんね

 

↓ 福の光にも出ていました、朱金色は遮光遅れでも大丈夫です

 

↓ 小苗に花芽が付いたいろは姫、咲きました

           

 ← 9月30日の写真です、未熟児ですね

    とても赤花とは思えません

  早々に切取りました

 

↓ 植替え時に余った株を素焼鉢・普通土植えにしたものです

  成育が良く、芽欠きもしないので増えてきました

  この中の2鉢に花芽が見えます  冬は地上に置き、雪が降って

  もそのままに、鉢の排水だけはよくしておきます

 

 ↓ 恒例の吊るし柿  防草シートを敷いてからずっと不作です

 車のトランクいっぱいに渋柿を採ってきた頃が懐かしいです

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 英国の園芸文化と植物園 | トップ | 秋晴れいろいろ »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
でっかい花芽3 (ranran)
2016-10-17 06:15:06
秋に咲くバラは色が濃くなるのでしょうか奇麗ですね。先日ミニバラの蕾に水切りネットを被せておいたら、nishiさんが仰ったヒャクトリムシがネットの上をウロウロしていたので捕殺しました。1匹だけしか居ませんでしたが、心配なので、まだネットを被せたままにしています。

元祖シュウメイギクですね、風情のある花なので私はこちらの方が好きなんですが、我家では何時の間にか消えてしまいました。

歌麿はミズゴケと葉の隙間から光が入ってしまったんでしょうか、新葉が成長する時にミズゴケを持ち上げることもあるみたいですね。
今年は我家でも帝冠、大雪嶺、楊氏素の花芽が一つずつ茶色くなり、紫天竜も現在危険な状態です。原因は良く分かりませんが、9月に入っても気温が高かったせいかも知れません。

柿が何年も続けて不作とは珍しいですね、防草シートの影響だとすれば、雑草が根本を涼しくしたり、根が土中の通気性を良くしていたのかも知れませんね。
でっかい花芽3 (nishi)
2016-10-17 08:45:43
おはようございます。
本当に憎っくきヒャクトリムシですね、食べるのは新葉と蕾で、赤い葉には赤色に、青葉には緑色に、よく見ないと見つけられません。しかし水切りネットは考えましたね。

白のシュウメイギクも繁殖はあまり良くないようです。これも液肥を与え少し増えてきまし
た。ブログで書いたように八重咲きはすごく増えて間引いているくらいです。

歌麿は2本出ていたあと新たに5本出ていました、くっ付いていた1本を取りキャップが6本立っています。3本ぐらいに間引けばいいのでしょうがなかなか・・・この分を他の蘭に出てほしいです。
蕾が茶色くなっていくのは本当にがっかりです、私も黄の光、やっと出た玉英、そして京美人(もどき?)の3鉢がだめになりました。すべて1本しか出ていなく・・・気候のせいでしょうか。

柿が不作なのは土の通気性と高温のためでないでしょうか、木の周り2m四方のシートを除いたのですがあまり効果は出ていません。消毒や肥料など世話は一切しないので仕方ないですね。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

この記事を見た人はこんな記事も見ています