いま、心のままに

主にキャリアについて語ってみます。
幸せで豊かな人生のために!

楽観主義で行こう!

2017-11-13 07:55:51 | 生き方
悲観的な人がいる。

起こるかどうかもわからない未来を
ひたすら心配し続けたり、
変えられない過去を悔やみ続けたりする。
で、今すべきことが何かを考えようとしない。

これでは事態は一向に改善しない。

アドラー先生によると、楽観主義とは、
「現実をありのままに見て、
どうにかなるかわからないけど、
取り敢えずやるだけやってみよう」っていう姿勢。
だと。

ちなみに、楽天的とは、
根拠なく努力もせず、なんとなく大丈夫な気がする。
という曖昧な考え方。
のんきな感じで、これとは全く違う。

決して、見たくないところにフタをして
現実逃避するのではなく、
現実を受け入れた上で前向きに捉えることだ。

バカボンのパパも
「これでいいのだ」 と言ってる!

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 物事の価値観を明確にする事 | トップ | 計画的偶発性 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

生き方」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL