いま、心のままに

主にキャリアについて語ってみます。
幸せで豊かな人生のために!

いつも笑顔でいられるために!

2017-11-20 07:30:18 | 生き方
いつも笑顔でいられるために、
ノーと言う勇気を持つ。
ノーとい言うことは、
お互いの関係を壊すのではなく、
お互いの関係を築くことなのである。
と加藤諦三さん

その本の中で、
いつも笑顔でいるホテルのオーナーが、
お客様に、笑顔で注意するエピソードで、
「お客様だからという事でノーと言えないと、
いつもニコニコしていられなかったであろう」
と、言ってます。

いろんな場面で、
ノーが言えずに我慢して、
我慢してるつもりでも、
気持ちは落ち着かずイライラして不機嫌になる。
相手の行動にイライラし、
ノーが言えない自分にイライラし、
益々不機嫌になっていく。

不機嫌になるなら、ハッキリノーと言った方が良い。
素直に、自分に正直になればノーと言える。
正直に言えば笑顔でいられる。

どうしても我慢するなら、
笑顔のままで、上機嫌でいなくてはいけない。

嫌われるのが怖くてノーと言えないんだけど、
何も言わずに、不機嫌になるのが、
一番嫌われる人なんだ。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

成功か失敗か

2017-11-17 09:52:38 | 生き方
失敗して落ち込むことがある。
一つのことにチャレンジして、なかなかうまく行かず、諦めようかともうこともある。
失敗が続くと、自信を失い意欲までなくなってくる。
そうなる前に、

松下幸之助さんは、
「百のことを行って、一つだけが成ったとしたら、これは果たして失敗か成功か。
多くの場合、この成らない九十九に力を落とし、全てを失敗として、悲観し意欲をを失い、
再びそのことを試みなくる。こうなれば、まさに失敗である。
しかし、よく考えれば、百が百とも失敗したのではない。
たとえ一つであっても、ことが成っているのである。
つまり成功しているのである。
どちらに目を向けるか。
一つに希望を持つか、九十九に失望するか。失敗か成功かの分かれ目がこんなところにもある。
繁栄への一つの道しるべでもあろう」  といってます。  松下幸之助「道をひらく」より

成功している人が、失敗したことがないわけはない。
逆に、成功できない人の中には、失敗したことがない人はいるかもしれない。
成功と失敗は、反対ではなく同じゾーンにある出来事だ。
まさに、どちらに目を向けるか、どう捉えるかの違いだろう。

発明王のエジソンは、こう言ってます。
「私は失敗したことがない。ただ、1万通りの、うまく行かない方法を見つけただけだ」

吉本新喜劇の池のめだかさんは、やられて、ボコボコにされた後でも、
「今日はこれくらいにしといたろか!」 って言ってます。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

価値観を明確に

2017-11-16 07:45:44 | 生き方
ある程度社会に出て経験を積むと、
やりたいこと、出来ること、仕事へのこだわり、
人生において大事にしたいことが、
明確になってくる。

組織心理学者、エドガー・シャインは、
個人がキャリアを選択する際に、
自分にとって最も大切で、
これだけはどうしても犠牲にできない、
という価値観やこだわりを8つに分類し、
それをキャリアアンカーと呼んだ。

船が錨(アンカー)を降ろして船体を固定するように、
職業人生においての働き方の価値観を固定するもので、
職業選択の軸になるもの、という。

何をやりたいか、よりも
どのようにそれをやりたいか、
を突き詰める自己分析法で、
働き方の価値観を8種に分類した。

組織を動かしていきたい
専門知識を磨いて研究を続けたい
将来のリスクを出来るだけ回避したい
仕事以外の自分の生活も大切にしたい
手ごわいライバルと競い挑戦したい
人の役に立つ仕事がしたい
人の力を借りずにひとりで仕事をしたい
事業を起こしてみたい


人生での大事な選択の場面では、
なんとなく無難な方を選ぶのではなく、
「絶対譲れないもの」
を実現できる選択肢を選ぶ方が良い。

その為には、
自分のこだわり、価値観、
大事にしたいもの
を明確にする事が大事なんだ。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

流動的思考法

2017-11-15 07:36:53 | 生き方
「あくせくするな、ゆっくり生きよう」
リチャード・カールソン より

2つの思考法がある。

流動的思考法とは、
過去のデータに基づいて考えるのではなく、
直感力を大切にする思考法である。
右脳を使った考え方と言える。
仕事に「ノッてる」時の考え方で、
ふと閃くとか良いアイデアが思いつく時の思考法であり、
それは、自然で楽しみながら結果を出す事ができる。

一方の
分析的思考法とは、
コンピュータが情報を処理するように考える方法である。
判断材料の全て揃った時に問題解決することに適している。
過去のデータを基に分析していく考え方で、
必要な情報が揃っている場合、
最も効率的で正確な答えを出す事ができる。

しかし、
この考え方の欠点は情報が揃っていない時にでも、
手持ちの情報だけで考えてしまう事である。
すると、
当然答えが出ないまま悶々としたり、
欲求不満に陥りストレスに悩まされる。

大事なことは、
今、この問題を解決するためには、
どちらの思考法を使うべきかを考えなければならない事だ。

将来、起こるかどうかわからない事に分析的思考法を使えば、
当然ながら情報不足のため、
いつまでも答えが出ず頭はフリーズしてしまう。

もっと自分を信じて、
自分の気持ちに素直になる。
解決策が分からないことを受け入れることで、
流動的思考法へとシフトできる。
先ずは今、自分が、
どのような思考法で解決しようとしているかに、
気づくことが大事なんだ。


ブルース・リーやスターウォーズのヨーダは、
「考えるな、感じろ!」
と言ってた。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

計画的偶発性

2017-11-14 07:27:53 | 生き方
個人のキャリアは、
偶然に起こる予期せぬ出来事によって決定される事が多い。
とは、「計画的偶発性理論」の中で
クランボルツ先生が言ってる。

その偶発的な出来事を最大限に活用し、
それを自分の力に変える事ができる。
そして、
その偶発的な出来事を
意図的に生み出すように行動することで、
キャリアを創造する機会を生み出す事ができる。
としている。

確かに、
偶々知り合った人と一緒に働く事になったり、
偶然が重なって今の仕事に就いたってことはよくある。

その偶然を
「意図的に生み出せ」と言ってる。

そのためには、
失敗を恐れず行動し、失敗から学ぶこと。
試行錯誤を続けること。
自分の身に起こったことを好機と捉えて
行動し続ける事。 が大事だと。


偶然に起こった出来事は、
マイナスに捉えてしまう事が多いけど、
それをプラスに捉えて行動し続ける。
それと、
物事を柔軟に捉えることと、
好奇心を持って新たな機会を求めていくことで、
そのキャリアをステップアップの機会へと
変えていく事ができるんだ。

あと、
物事を楽観的に捉えることも大事やね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

楽観主義で行こう!

2017-11-13 07:55:51 | 生き方
悲観的な人がいる。

起こるかどうかもわからない未来を
ひたすら心配し続けたり、
変えられない過去を悔やみ続けたりする。
で、今すべきことが何かを考えようとしない。

これでは事態は一向に改善しない。

アドラー先生によると、楽観主義とは、
「現実をありのままに見て、
どうにかなるかわからないけど、
取り敢えずやるだけやってみよう」っていう姿勢。
だと。

ちなみに、楽天的とは、
根拠なく努力もせず、なんとなく大丈夫な気がする。
という曖昧な考え方。
のんきな感じで、これとは全く違う。

決して、見たくないところにフタをして
現実逃避するのではなく、
現実を受け入れた上で前向きに捉えることだ。

バカボンのパパも
「これでいいのだ」 と言ってる!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

物事の価値観を明確にする事

2017-11-10 08:36:59 | 生き方
あれとこれと、こっちもいいしと、
迷い出すと決められない。
そんな時に、
人気ブロガーのちきりんさんは、
「ゆるく考えよう」の中で、
「一点豪華主義」
で決めるのが良いって言ってます。

大体、迷った時には、
価格、デザイン、使い勝手などの選択肢の中から、
総合的に判断する。
すると、
悪くはないけどよくもない、みたいな事になる。
それより、
絶対譲れない条件を一つとって、
それを満たすものを選ぶ。
そうする事で、
後から不満が出ても、
自分の一番大事な点では納得してる。
と思える事が大事だと。


確かに、
どれを選んでも後で後悔したり、
不満が出るのであれば、
自分にとって大事な点を満たしている事での
納得感を得られる方が良い

特に、仕事を選ぶ時など、
人生での大事な選択の場面では、
なんとなく無難な方を選ぶのではなく、
一つでも絶対譲れないものをもって、
それを実現できる選択肢を選ぶ方が絶対に良い。

その為には、
自分のこだわりや大事にしたい価値観、
働き方、好ましい環境などを
明確にする事が必要なんだ。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

変えられる事と変えられない事

2017-11-09 08:16:19 | 生き方
岸見さんの「嫌われる勇気」
に出てくるこの言葉

「神よ、
変えることの出来ない事柄については、
それをそのまま受け入れる平静さを、
変えることの出来る事柄については、
それを変える勇気を、
そして、この二つの違いを見定める叡智を、
私にお与えください」
「ニーバーの祈り」ってやつです。

ひとは、
変えられれないものを
一生懸命変えようとしてストレスに陥り、
過去を思い出しては悔やんでばかりいる。
自分の考え方や物事も捉え方は、
変える事ができるのに変えようとはしない。

変えられないことを変えようとして疲れ、
変えられることを変えようとせずただ悩む。

エリックバーン は、
「過去と他人は変えられないが、
自分と未来は変えられる」 と言ってる。

もっとリラックスして、自然体でいる事で、
変えられることと、
変えられないことを受け入れる事ができる。

あせらずゆっくり、
ありのままの自分を受け入れることで、
変えられることを徐々に変えていく勇気が
持てるんだと思う。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

性格は変えられる!

2017-11-08 08:07:41 | 生き方
性格は変えられる、とは、
脳科学者の中野信子さん

ミラーニューロンという神経細胞があって、
これは、共感する細胞とも呼ばれ、
もらい泣きや、もらい笑いなどを起こすのが、
この細胞の仕業とのことです。
楽しい人といると楽しくなったり、
映画のシーンで興奮するのも、
この細胞の働きによるとのことです。

また、野球解説者の野村克也さんは、
「習慣は真似ることから始める」
「真似るはまなぶ」だって言ってる。

ツキの原理を解説する船井幸雄さんは、
「ツイてる状態を続けるために、
ツイてる人と付き合い、
ツイていない人とは付き合わないこと」
って言ってる。

「成功したければ成功者と付き合いなさい」とは、
よく聞く言葉だけど、
脳科学的にも根拠があるらしい。

考え方の癖や言葉遣い、立ち振る舞いなど、
確かに近くにいる人に似てくる。
ならば、
理想的な人やポジティブな人のそばにいて、
全部吸収してしまうのが手っ取り早い。

自らの意思で、
そうする事が大事なんだ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

完璧を目指すのではなく、 幸を目指す。

2017-11-07 08:14:29 | 生き方
完璧主義は、
幸せを感じるために、
完璧であろうとするけど、
そもそも、
完璧なんでありえない。
どこまで行っても、完璧を求めてしまう。

より上を目指すのは、
向上心も高く立派なことだけど、
完璧な人なんて、いない。
どこまでも完璧を求めても完璧になれず、
完璧でない自分を許せず、自分を責める。
そんな自分を認められない。
そんな自分を受け入れられない。

そんな時にこの言葉
「できない自分を責めている限り、
永遠に幸せにはなれないだろう。
今の自分を認める勇気を持つ者だけが、
本当に強い人間になれるのだ」
アルフレッド・アドラー


出来ない自分も自分で、
そんな自分を認めて、受け入れている人は、
自立している。
だから、まわりからも認められる。

完璧を目指すより、
ありのままの自分を受け入れている人が、
完璧な人に見える。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

長所伸展法

2017-11-06 07:30:35 | 生き方
経営コンサルタントの船井幸雄さんの
「長所伸展方」ってのがある。
売れ筋商品や、伸びている事業に集中することで、
全体の業績伸ばす手法で、

人も、
よいところ、得意なこと、上手くできること
を活かすことで、その人の能力を更に伸ばしていく。
短所の克服に注力するのではなく、
長所を伸ばすことで短所は、
自然に消えていくという考え方だ。

またそれは、
「ツキの原理」にもかなっていて、
ツイているもの(得意なこと)
と付き合うこと(注力する)で、
よりツキが巡ってくる。 と。

また、
リチャード・カールソンは、
「すでに多くのものを持っているにも関わらず、
欲望のリストは膨らむ一方。
これが手に入ったら幸せなのにという願望はそれが手に入った後も繰り返され、
いつまでたっても満足することはない」
「欲しいものより、持っているものを意識すること」と、言ってる。「小さいことにくよくよするな」より

どうしてもひとは、
自分に無くて他人にあるものを欲しがったり、
自分が持ってるものに気づかず、
ないものばかりに着目してしまう。
その結果、
できないことを嘆いたり、マイナス思考に陥る。
人に対しても、
短所ばかり目について、ストレスを感じたり、
イライラしたりする。

それよりも、
自分に今あるもの、できることに意識を向ける。
人の長所にもっと目を向ける。

そうすることで、
自分の短所は目立たなくなり、
周りとの関係も良くなる。

そして、運も良くなり、
人生もツイてくる。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

文化の日です

2017-11-03 07:43:49 | 生き方
「文化の日」は、
1946年(昭和21年)
に日本国憲法が公布された日であり、
日本国憲法が平和と文化を重視していることから、
1948年(昭和23年)
に公布・施行された祝日法で
「文化の日」と定められた。
ウィキペディアより

学園祭や文化祭も今頃だったような。

で、文化の日は、
「文化に親しむ日」ということで、
全国各地の美術館や博物館で、
無料で利用できるところがあるそうですよ。

「無料」って言葉に一番幸せを感じます。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

承認欲求

2017-11-02 07:31:15 | 生き方
承認欲求が強く、
他人から褒められたり、認められないと、
自分に自信が持てない時に、

岸見さんの「幸せになる勇気」で、
哲人が、

「承認には終わりがない。
他者から褒められ、承認されることによって、
つかの間の「価値」を実感することはあるでしょう。
しかしそこで得られる喜びなど、所詮外部から与えられたものに過ぎません。
他者にねじを巻いてもらわないと動けない、
ぜんまいじかけの人形と変わらないのです」 
と言ってる。

確かに、
認められれば嬉しいけれど、
それは一時的なもので毎回承認を求めるようになる。
しかもそれは、
外部から与えられたものに過ぎないと。

さらに、
「他者からの承認を求めるのではなく、
自らの意志で自らを承認するしかないのです。
「わたし」の価値を他者に決めてもらうことは、
「依存」であり、
「わたし」の価値を自らが決定することは、
「自立」である。
人と違うことに価値を置くのではなく、
「わたし」であることに価値を置くのです」 と。

理解はできるけど、
すぐにできることではない。
でも、
いつもいつも、
他者からの承認を気にしながら生きていくのは、
確かにしんどい。
自分の人生を生きることができない。

それよりも、
ありのままの自分を受け入れて、
これが自分で、
この自分で良いと思える方が、
ラクに生きられるんだと思う。

しかも、
外部から与えられた承認よりも、
自らの意志で自らを承認する方が、
はるかに強く価値も高い。
さらに、人は、
自分を認めている人を認めるんだ。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

My Self 2

2017-11-01 08:36:02 | 生き方
長渕剛 さんの 「My Self」
二番の歌詞も心に響きます。一番はこちら


上を見ると負けたくなくて
悔しさと羨ましさを かくして笑って見せた
俺みたいな男は…と 背中を丸めたら
やけに青い空が 邪魔くさく思えた

離れていく者と 離したくねえ者とが
思いどうりにいかなくて
ひとときの楽しさに 思いきり身をゆだねたら
なおさら寂しくて 涙も枯れ果てた

だから真っ直ぐ 真っ直ぐ
もっと真っ直ぐ生きてえ
恥ずかしそうにしてるお前が好きだ
だから真っ直ぐ 真っ直ぐ
もっと真っ直ぐ生きてえ
寂しさに涙するのは お前だけじゃねえ ♫


やることなすこと上手くいかなくて、
何をやっても、思い通りにいかず、
周りには、平気な顔してるけど、
死にたくなるほど辛いって時、

なんか孤独で、
まわりがみんな敵に見えて、
人の目が余計に気になって仕方ない。
ホントに、
青い空も邪魔くさく見えたりする。

そんな時でも、
自分を認めて、自分を受け入れる。
自分は、何があっても自分の味方だ。
そんな自分を好きになることで、
どんな状況でも、
乗り越えて行けるんだ。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ハッピー ハロウィン !

2017-10-31 07:35:22 | 生き方
ハロウィンとは、

毎年10月31日に行われる、
古代ケルト人が起源と考えられている祭のこと。
もともとは秋の収穫を祝い、
悪霊などを追い出す宗教的な意味合いのある行事であったが、
現代では特にアメリカ合衆国で民間行事として定着し、
祝祭本来の宗教的な意味合いはほとんどなくなっている。 云々。
らしいです。ウィキペディアより

そんな
難しいことよりも、
楽しいイベントだってことですね!

街のあちこちがライトアップされていたり、
賑やかな飾り付けがあって大いに盛り上がる。
人は、コスプレに工夫を凝らし、お祭り騒ぎ!

人生、
何でも「楽しむこと」で、上手くいく。
我慢したり、努力ばかりが人生ではない。
楽しむための人生だ!

ハッピー ハロウィン !

コメント
この記事をはてなブックマークに追加