Blue Period ~out of the aEther

蒼き時代はエーテルの彼方へ。このブログ、閲覧・御意見無用也。

灼熱の季節

2016-07-10 13:08:22 | 自分の心
こーの暑さでオートバイに乗るヒトって
アタマがどうかしているんじゃないのか。

・・・と、

自分の若い頃を思い返す。

ああ、ゼファーは55000キロも走ったなあ。
今から思えばたった3年半で。

てことは季節なんか関係なく走ってたんだなあ。
ただ初めて自分のお金で買ったオートバイが
愛しくて、楽しくて。

次のドカティだって確か40000キロは軽く超えていた。

稼いだお金でチョコチョコとパーツを変え
その度変わってゆくオートバイの感触が嬉しくて。

距離を刻むこと、それによって得られる経験は
それ以外の方法では得難いものだと思う。

400の最高出力の上限が59馬力に規制されていた時代に50馬力にも満たない僕のオートバイは、オートバイの楽しさはスピードだけではない事を暗に示してくれた。

相変わらず僕のオートバイ観は
最高出力の欄にチェックが付かない。


こんな言葉がある。

just for fun!・・・ただ、楽しもう。

SRXを最後のオートバイに選ぶことに
今はまだ抵抗がある。

そうだな・・・
なんてゆうか、

今、イヤ、オートバイに乗って走り続ける事は
僕の「灼熱の季節」を終らせない、って意味だ。

もう僕は
灼熱の渦中にあっても、
自分を見失なう事は許されない。

たからかな、
慎重になり過ぎてる自分がいる。

それが良い事なのか悪い事なのか・・・。


灼熱の季節とはそれさえも含めた
ライダー独特の、通り雨にも似た危うさを
包含した・・・、

変なものなのだ。





ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« どこまでも | トップ | 灼熱の、太陽。 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
just for fun (ootuka)
2016-07-11 17:17:43
「just for fun!・・・ただ、楽しもう」

色んなことが その通りだと思いました。イロイロ・・・

若さと引き換えにした「経験」を踏まえたうえで楽しめたら・・・と

まぁ バイクは乗ってないと 浮気ココロが出ますよね。

乗っちゃえば 赤面するほどゾッコンですよ❤

けど、SRXはいいよね。エレガンスだし

big singleは 「最高」同義語でしょ(笑) 

あとは 縁 ですかね






Re:just for fun (knecht)
2016-07-11 20:07:11
ootuka様

いつもありがとうございます。

「just for fun!」
良い言葉でしょ。

80年代、WRCに参戦していたドライバーの
ヘルメットに貼ってあった言葉です。

プロのラリードライバーも基本は
こうなんですね。

歳を取ると
ただ楽しむ、だけの事が何だかんだと
厄介になって・・・。

イカンなあ、と。

ま、しばらくしたら復活します。
多分、何度でも。

コメントを投稿

自分の心」カテゴリの最新記事