Blue Period ~out of the aEther

蒼き時代はエーテルの彼方へ。このブログ、閲覧・御意見無用也。

motoGP motegi round

2016-10-16 18:24:21 | motorcycle
前から一度見てみたいと思っていたmotoGP。

前売りを買った訳ではないので
とりあえず今年は予選を観に行く事に。

やっぱりロッシのファンはとても多い。
なんだか皆んな、どこかに蛍光イエローのグッズを身に付けてるんじゃないのか。

金曜日のフリー走行でペドロサが転倒、
即帰国したと。

観戦ポイントは色々あるけど
一番間近で見られるだろうG、Z席に着いた。

G席でのこと、
あれ?金網の先の人、福田さんじゃねえ?
手を振り、振り返してくれた。
やっぱり福田さんだー!

moto3のフリー走行
ダウンヒルストレートからの90度コーナー、
250のシングルの爆音はラリーカーの
アンチラグのよう。

motoGPクラス
野太いサウンドを響かせ
最初に来たのはヤマハのロレンソ。
月並みだけど・・・あっ、本物だ!

当たり前だけど
本当にテレビで観てるライダーが目の前を走る。

あっロッシだ!
本当に脚を出してアプローチ。
もう本当にテレビのまま。

ロレンソが2コーナーでハイサイド転倒!
そのままヘリで病院へ。

意外な事にフリー走行、予選はmoto2がラスト。
moto2の甲高い音に痺れる。

そして公式予選。
moto3でなんとフル参戦の尾野弘樹がトップ!
日本人がポールポジション!
大盛り上がり!

motoGPの予選は2組に分かれて15分間を戦う。
足を負傷したロレンソが復帰。
予選3位のタイム。
そしてロッシがここまでフリーでトップのマルケスをラスト5分で大逆転。
ロッシがポールシッター!
僕の席はロッシ応援席なので超盛り上がり!



・・・と、これは結果とかそういう事とは
関係なくて、なんか変な言い方なんだけど、


あるセッションでV字コーナーから
ストレートに現れたライダーが居た。
まだその段階では誰だか解らない。

「あっ、何だ?」

しかし僕にはまるでそのライダーが、
見えない、分厚い大気の壁を突き破り進むのように見え、感じた。

「沢山のライダーが走るなかで
何でこんなふうに感じる?」

初めてmotoGPライダーに畏怖した。
それは僕には出来ない事をやってのける
一種の「超人」を感じさせる感動だった。

そのライダーはホンダのエース、
まだ23歳のマルク・マルケスだった。



世界最速のプライドを賭けた絢爛たる狂宴。

来年は決勝を観に行くー!
小さいけどロッシ。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« Luminousの行方(100) | トップ | ロレンソ・ランド »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。