二重埋没整形・小陰唇縮小の整形をしました。

経過を書いていきます
特に小陰唇縮小手術についてのブログが少ないので、悩んでいる方のお役に立てたら嬉しいです(^_^)

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

小陰唇縮小手術 当日1(手術前)

2014年03月28日 14時52分26秒 | 小陰唇縮小

こんにちは。

当日の手術について書いていきたいと思います。

当日はお昼からの予約…

朝起きて手術6時間前から食べることはダメなので

朝はガッツリご飯を食べました。

手術3時間前から飲み物も禁止になるのでその前に

がぶ飲みもしておきましたよ。



いざ、病院に着きました。

前回も書いたので、病院の雰囲気などは省きますね。

予約した○○です。と伝え、待つこと数分…

待合室に案内されます。

そこで綺麗なカウンセリングのお姉さんとお話をします。

その時はモニターにする気持ちが40パーセントくらいでした。



手術の流れや内容を聞いて次に先生とお話をします。

先生、やっぱり綺麗です。でもこんな綺麗な人にオマタ見せるのはかなり恥ずかしいです…

手術した人の写真を見せてくれて経過など教えてくれました。




私のびらびらは大きくて左右対称どす黒い、恥ずかしくて溜まらない場所なのですが、

こんな場所でも好きなところがあって…

それはプニプニしててきもちいいところです。

はぁ?ばかじゃないって思うかもしれないけど、性的な意味じゃなくて

やわらかくて気持ちいいナ…くらいなので少し残しておきたかったのです。

あと、何もないと小学生みたいな感じで嫌でした。

(毛が生えているから全然小学生じゃないけどさ)



少し残してほしいという要望にも先生は真剣に答えてくださり、

先生と話し合った結果数ミリ多く残してもらうことにしました。




先生の話を聞いてモニターにする気持ち100パーセントになりました。

最初は見た目なんてそんなに気にしない、小さくなればモウマンタイとか思ってましたが

やっぱり見た目も大事!綺麗にちゅるんとした仕上がりがいい!

と思ったので、モニターになることを決意。



診察もしてもらい、小陰唇と副皮もとることになりました。

少し恥ずかしかったけど、先生は真剣でした。

なので恥ずかしいのは最初の下着を脱いでから数分の待ち時間くらいかな。



待合室に戻り、カウンセリングのお姉さんにモニターになることを伝えて支払い。

その時、足のあざに気づいてくれて大丈夫ですか?!と、声をかけてくれました。

ただ単に、運動できなくなるからスノボー行ってきて転びまくっただけです(笑)

お姉さん、とても気さくな方でした。

最初美人だったので、ちょっぴり怖かったのですが(笑)



やっぱりこうゆうところって大事ですよね。

病院の雰囲気が明るくて居心地がいい、安心できる、また行きたくなる。

私はたまたまここの病院が自分に合ったので、よかったです。



次回、いよいよ手術です!


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 小陰唇縮小手術 前日 | トップ | 小陰唇縮小手術 当日2(手... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。