たびびとの写真館

 * 四季の自然との出会い ー 小さな旅の記録 ー

花の美術館のハロウィーン (千葉市)

2016年10月28日 | 写真

    館内アトリウムガーデンの中心にお菓子の家があり自由に中に入って記念撮影もOK。

 

 

 

キノコのイスに腰かけて絵本を読んで過ごしたり・・・ 

  

 

 ヘンゼルが魔女に閉じ込められる檻で、お菓子の家と同じように子どもは自由に出入りできる。

 

この仮装コーナーの衣装は自由に着用して記念撮影など楽しみ使用後は同じ場所に戻すことになっている。

 

「フォックスフェイス」: ナス科・ナス属の一年草でブラジル原産。7~9月に紫色の花を咲かせ、10~12月に黄色の実をつける。花の名そっくりにキツネの顔に似ている。生け花や観賞用に利用されるが食用にはならない。中庭にもたくさんあるフックスフェイスには、サインペンでキツネの顔が描かれていて楽しい。 

 

 

 

  「花の美術館」=「山陽メディアフラワーミュージアム」 千葉市美浜区高浜7-2-4 Tel.043-277-8776

                     HP: http://www.cga.or.jp/flower/   「ハロウィーン展示」(10/12~30)

 館内アトリウムガーデンではハロウィーン特別展示でグリム童話「ヘンゼルとグレーテル」の物語の世界をイメージした展示が行われている。お菓子の家を中心にその周囲のいろいろな季節の花々の展示が美しい。館内の一角には「仮装コーナー」が設けられていて、大人用・子供用のハロウィーン衣装を自由に着用して館内での展示を背景にして撮影を楽しむこともできる。使用後は同じ場所に戻せばよいことになっている。

 前庭にはコスモスの花などが満開で、中庭にもきれいな花がたくさん咲いている。中庭を眺めながらの落ち着いた雰囲気のイタリアンレストランでの休息も楽しい。ハロウィーン展示期間終了後は、毎年恒例の「フローラルクリスマス」の特別展示が行われることになっている(期間は11/15~12/25)。(詳細はホームページ参照)

 

ジャンル:
モブログ
この記事についてブログを書く
« 思い出の写真 ⑨ 「幻の湖」 | トップ | 2006年の記録写真から »
最近の画像もっと見る

写真」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL