たびびとの写真館

 * 四季の自然との出会い ー 小さな旅の記録 ー

旅の思い出 - New Zealand -III

2016年12月28日 | 写真

クライストチャーチ市街中心部・大聖堂前交差点にて(2008.6.26 撮影)

 マウントクック国立公園からクライストチャーチへ再びバスでの大移動で、クイーンズタウンからだと計約600kmの距離を走ったことになる。ニュージーランド南島のツアーはバスが苦手の人にはきびしいかもしれない。クライストチャーチのホテル到着時にはもうすっかり暗くなっていた。 (写真は翌日撮影) 

 [参考]:ニュージーランド 南島の中心都市クライストチャーチのシンボル的存在であった大聖堂は、2011.2.22の大地震により上部半分が崩壊し修復不能となって取り壊され、今では更地になっている。同年3.11には東日本大震災が発生した。最近では2016.2.15にクライストチャーチで大地震が発生、その二ヵ月後の4.14に日本では熊本地震が発生している。北半球・南半球に隔たってはいるが、ともに太平洋プレートの強い圧力を受け続けて地殻変動による大地震が頻発する国である。過去の記録を見ると、両国では他にも数多くの大地震がそれほど間をおかず連続して発生している。また両国間では高校生の学校間交流やその他多方面での交流が多い。悲しいことにこの大地震による犠牲者は185人でその内28人がこの大聖堂のすぐ近くの崩壊した建物で勉強していた日本人留学生であったことが忘れられない。

 

 大聖堂前広場には大きなチェス盤があり、市民や観光客たちが楽しんでいる姿が見受けられた。 

 

大聖堂脇の街路を市電が走るのどかな市街地風景。 

 

歩きつかれてこのカフェでひと休みした。 

 

季節は初冬で山は雪化粧していたが、街にはカエデの紅葉も残っていた。

 

*参考写真「仮設大聖堂」 Cardboard Cathedral (christchurchnz.com 提供)

 2013年8月にオープンした「仮設大聖堂」。世界中の重要建造物復建を専門とする日本人建築家坂(ばん)茂氏の設計により、2011.2.22のニュージーランド大地震により崩壊し修復不能となった大聖堂に代わるものとして少し離れた位置に建造され貴重な存在となっている。特徴的なのは、この建物のすべてが特殊加工された「紙」を資材にしたもので、耐用年数は50年といわれている。その間、大地震で修復不能となりすべて取り壊され更地となっている場所への大聖堂再建を目指した努力が続けられることになる。 

 **8年前のニュージーランド南島一週間ツアーで撮影した写真データはHDに大事に保存している。枚数は約600枚。当時はまだフィルムカメラとデジタルカメラを使い分けていたが、軽くて小さめのデジタルカメラを持って行ってよかったと思う。なつかしくて時々パソコン画面で眺めて楽しんでいる。初冬の旅だったので、いつかまたニュージーランドの春か秋の季節に再訪したいと思っている。 

 

『オセアニア』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
« 旅の思い出 - New Zealand -II | トップ | 江川海岸夕景(千葉県) »
最近の画像もっと見る

写真」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL