knacke便

knackeの日々のつれづれ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

お久しぶりです

2008-01-14 | 日常
ご無沙汰しています。
再開を機に引越しました。
新しいblogはこちらです。
また、お話できたら嬉しいです。












..

この記事をはてなブックマークに追加

お休み致します

2007-11-26 | 日常
しばらく、お休み致します。
復帰時期は未定です。
でも、戻って来たいと思っています。
急に、ごめんなさい。

knacke

この記事をはてなブックマークに追加

ふすまパン比較

2007-11-22 | DM
ローカーボふすまパン(糖質制限.com)、健康ふすまパン(荒木式)、
ロハスファイバーブレッド、ダイエットふすまブレッド
・・・ネットで取り寄せられるふすまパンです。
一度に大量に来ても冷凍庫に入らないし
糖質制限.comのローカーボふすまパンは食べたことがないので
こちらのを取り寄せてみました。



「おどきっふすまパンが入らないじゃないのさ!」
賞味期限が当の昔に切れていたチューペットや
いつ封を切ったんだ?揚げ玉などなど・・・を処分、処分。
空いたスペースに、うやうやしく納められるふすまパン。

食パン(¥980 )は思ったより大きい。
健康・・のミニ食パン(¥400 )二つ分位はあるでしょうか。
そうなると、あまり値段に差はない感じ。
ローカーボ・・の方がふわっふわっと、しています。
断面の表面積が大きいのでサンドイッチにしやすいね。
健康・・の方がクラムの密度が高い感じ。

クロワッサンは3個で¥840。健康・・のクロワッサン(¥370 )より
若干小ぶりかしら・・・1個当たり¥280で差はない?
クロワッサンらしいのはローカーボ・・で
ぱりぱりさくさくのパイらしさがあります
健康・・の方は表面がパリッとして中ふんわりで
スパイスの風味が良く、クロワッサンかと言えば別物の印象ですが美味しい。

フランスパンはクラストはパリパリですが
クラムはリーンなパンのそれとは違う感じで、ふわふわです。
軽い食感が食パンとはまた違う美味しさ。

味には好みがありますが、ローカーボ・・の食パン、フランスパンともに
ふすま粉の風味は残るものの、えぐみがなく食べやすかったです。
健康・・はスパイスの風味が生かされていて、これもまた
クロワッサンはそれぞれ、ふすま粉感が殆ど無く美味しかったです。
食べながら、本当に血糖値上がらないの?(若干は上がります)
と、訝しく思う程にパンらしいパンで・・・
その技術に感動しながら味わいました。

ところで・・・
冷凍してある食パンやフランスパンをブレッドナイフで切るのに
ちょっとした力仕事になりました。
我が家のブレッドナイフは長めで切れ味の良い物なのに苦労したの。
解凍→再冷凍ってできないのかな?
どこかのふすまパンサイトで大丈夫と見た気がするのですが・・・
怪我に要注意なのです。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

40mg/dl っぽっち

2007-11-22 | DM
午後から屋外活動に付き合わされまして。
寒いよ~風邪ひいてるんだから、行きたくないよ~
しかしながら、子は参加する気満々ですし
ボランティア活動でもあるので渋々・・・

帰宅後・・・ああ、疲れた。
疲れると、甘い物が欲しくなるよね~~
ゼロチョコでも食べようかな・・・と、目に付いたのは小さなミカン。

昨冬から口にしていないミカン、食べちゃいまして。
勢いついて(?)おせんべい、クラッカー、ピーナッツも食べちゃいまして。
もちろん食べながら「30分後位から運動しよう」と考えていて。
40分後に血糖値を測定したら182mg/dlだって。
あっさり上がっちゃってさーもー。ふん

踏み台ではなく、ビリーの4枚目をやってみました。
30分程度で、動きっぱなしで楽しくできるの。
エアコンを切った部屋でやりましたが、汗もかいていい感じじゃない?
いそいそと測定してみたら・・・143mg/dl
問題ない血糖値にまで下がってくれましたが
私としては、もう少し下がってると思ったんだよね。
ピーナッツの脂質で後からきたカーボの分があったのか
ビリー4枚目の下げる効果はこの程度なのか。
まぁ、いいか~~やることはやったからね
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

血糖値ラビリンス

2007-11-04 | DM
1ヶ月程前に行ったカーボ20gの羊羹実験を2回やったら
訳がわからなくなりまして。



これは・・・どう考えたらいいんでしょう?
1回目は血糖値が下がりきった状態でスタート。
カーボ1gで3.3mg/dlの上昇。
2回目。下がり切らない91mg/dlでのスタートで、カーボ1gで2.2mg/dlの上昇。
この程度の違いなら、あっても不思議ではない範囲なのかな。

遅延する要素の脂質も蛋白質も含まないカーボ20gの実験では
大丈夫そうだったので30gに増やしてみました。



1回目。覚悟を決めて1時間値を測定するも
予想を上回る数字に軽くダメージを受けました。
カーボ1gで3.8mg/dlの上昇。
2回目。20gの時と同様の結果になるか試してみたかったので
下がり切らない96mg/dlでのスタート。
1時間値が意外に低く驚く。カーボ1gで2.4gmg/dlの上昇。

20gでも30gでも下がり切る前の血糖値でスタートした場合は
結果が良いのは何故?
食前が90mg/dl台の場合に、血糖値が抑えられたのは単に偶然で
以前より結果が一定にならないのは実感していたけれど
これらの結果はそれを表しているのかしら。

食前が下がり切っていない場合、追加分泌のスイッチが入り易いのか
前の下がり切らない血糖値を下げるために分泌されていたインスリンが
ついでに下げてくれたのか。
食事の少し前に軽くカーボを摂って血糖値を上げておくといいのかしらん?
その軽くっていうのも90mg/dl台を狙うならカーボ5g程度。
ビスケット1枚、せんべい(小)1枚、飴1個・・・いずれかを食べて
30分後あたりから食事を始めると上手くいくかな?

単純カーボにプラスする、血糖値のピークを遅延させるための脂質の量を
調べる実験に進む予定なのですが
このスタート時の血糖値についても気になっちゃう・・・
血糖値のラビリンスに入った気分よ~~
コメント (24)
この記事をはてなブックマークに追加