イスラエル旅行記

旅行記が完成しましたので、

あとは、散歩で見つけた花の写真などを貼ります。

ひまわりも終わりを告げて

2016年08月24日 | Weblog
先日まで
元気いっぱいだった
あるお宅のひまわりも
イメージ 1


少しずつ終わりを告げ始めた。
イメージ 2


ここで咲かせてくださって
ありがとうございました。
深々と頭を下げて
別れのご挨拶するように見えるのは
気のせいかな。
イメージ 3

 


この記事をはてなブックマークに追加

真珠のようなゴーヤ

2016年08月22日 | Weblog
昨日のこと
素敵なアサガオの
カーテンに出合ったので
写真を撮らせてもらおうとお願いしたら
快く承諾してくれました。

そればかりか
「これ、持っていって!」
差し出されたのは真っ白なゴーヤ。
初めてお目にかかりました。

イメージ 1
 
輪切りにしてみると
イメージ 2
 
さて どんな味がするのだろうか。
興味津々で料理の準備です。
 
イメージ 3
 

後はいつも通りに調理して食べましたが、
ほとんど苦みがなくて
とても優しい上品な味でした。
セレブになった気分です。
 

この記事をはてなブックマークに追加

ヤブラン

2016年08月20日 | Weblog
たった一株
ヤブランが咲き出していた。
季節は止まらず 進んでいる。
地球は止まらず 回っている。
そして私は
少しずつ確実に老いている。
でも元気だよ。

イメージ 2
 
 
今日のオマケ
イメージ 1
 
 

この記事をはてなブックマークに追加

お金が貯まるカラスウリの種

2016年08月18日 | Weblog

残暑お見舞い

  申しあげます。

カラスウリの花
かろうじて間に合いました。
もうちょっとで閉じてしまうところでしたね。
イメージ 2

ところで、友だちからききました。
カラスウリの種をお財布の中に入れておくと
お金が貯まるって知ってた?」
「なんで?」
「種の形がね、打ち出の小槌なのよ」
というわけで・・・

早速ネット検索で種を拝借してきました。
なるほど、言われた通りで
種としては変わっていますよね。

イメージ 3
 
そこで決めました。
今年のクリスマスプレゼントは、
この種を添えて贈ることに!
 
どうぞ皆さまにも
金運が訪れますように!

この記事をはてなブックマークに追加

歴代オリンピックの出生地別メダル獲得

2016年08月17日 | Weblog

1912年ストックホルム大会から

12年ロンドン大会まで

日本は個人種目で

355個のメダルを獲得した。



この記事をはてなブックマークに追加

四つ葉のクローバ 

2016年08月16日 | Weblog
四つ葉のクローバ 
 
 
うららに照る 日影に
百千(ももち)の花 ほほえむ
人知らぬ 里に生ふる
四つ葉の クローバ    
 
三つの葉は
希望  信仰  愛情のしるし
残る一葉は 幸福(さち)

もとめよ 疾(と)くその
希望深く  信仰固く
愛情 厚くあれ
やがて汝(なれ)も 摘みてとらん
四葉のクローバ

(吉丸一昌訳) 

この記事をはてなブックマークに追加

フル-ツバス停って知っていた?

2016年02月05日 | Weblog

ブロ友さんから転載です。

イメージ 1


長崎県に面白いバス停があるって噂が。。
その名も「フルーツバス停」!そのバス停は思わず途中
下車したくなる可愛さなんだとか。
そこで、気になるフルーツバス停の正体を紹介します。



「フルーツバス停」全部で5種類あります
まずはじめにご紹介するのはイチゴです。
イチゴの粒々、ヘタまで細かく表現されています。























まさか道路越しにイチゴとメロンが向き合っていたとは!
単体で撮るよりシュールさが増します。



16カ所にあります!




こんなバス停があるとは(@_@)
思わず触りたくなりました。(笑)

 

イメージ 2

 

この記事をはてなブックマークに追加

雑21 ヒースロー空港の公衆電話

2007年01月23日 | Weblog

【写真:ロンドンのヒースロー空港にて】


成田を発って12時間。ここは乗り換え空港ヒースロー。

3時間の待ち時間をショッピングや日本への電話を試みる。

ところ変われば何とかで、面白いのは電話ボックス。

これで4人話せるようにデザインされている。

これは第一回目のイスラエルの旅。


この記事をはてなブックマークに追加

雑20 イスラエル・良きサマリヤ人の宿

2007年01月19日 | Weblog
【写真:サマリヤ人の宿で】

あの赤いサマリヤ人の宿の裏側に、旅人をもてなしてくれるベドウィンの休憩所がありました。
ここで、アルバイトのお兄ちゃんが、彼ら独特のコーヒーを振る舞って旅の疲れを癒してくれるのです。
もちろん私は口にしませんでしたが、それぞれ近くにあるお盆に感謝の献金をおき、そのあとお兄ちゃんと一緒に記念の一枚。
後列左から4人目がベドウィンのお兄ちゃん。これは冬の旅でした。

この記事をはてなブックマークに追加

雑19 イスラエル・良きサマリア人の宿

2007年01月19日 | Weblog
【写真:たとえ話の舞台となる宿】

エリコから西、エルサレムへ向かう道の側に、赤茶けた建物が建っていました。この辺りの土は、とにかく赤いという印象です。

写真の建物はトルコ時代のものであるが、このあたりはエリコとエルサレムの中間地点であるため、実際古くから旅人の宿があったという。

そのため、イエスの語ったたとえ話の舞台として伝わり、多くの人々が訪れるようになったそうで・・・。私たちもその一人ですが・・・・。

この記事をはてなブックマークに追加

雑18 イスラエル・ナザレ

2007年01月18日 | Weblog
【写真:ナザレの市場?】

聖書には、ナザレはイエスの両親、マリアとヨセフの故郷であり、エジプトから帰った彼らは、再びここに住んだと書かれています。

現在は、約3万5千人のアラブ人が住んでいるが、ほとんどはクリスチャンだと説明がありました。

※関連写真:2006/9/3、12/3、2007/1/4

この記事をはてなブックマークに追加

雑17 イスラエル・ベドウィン

2007年01月17日 | Weblog
【写真:荒野で】

 荒野で家畜を飼うベドウィン族の暮らし

この記事をはてなブックマークに追加

雑16 イスラエル・誘惑の山

2007年01月16日 | Weblog
【写真:カランタル修道院】

イエスが40日間断食をして、サタンの試みにあわれた場所を記念したもの。
エリコの遺跡から見た全体の山は、2006/9/16の写真を参照。
 

この記事をはてなブックマークに追加

雑15 エジプト・カイロ

2007年01月15日 | Weblog
【写真:走る車の間を横断する人々】

 何たることか、走っている車の間を、縫うように横断する人々がいる。当然ぶつかる人だっているはず。一人がぶつかったようで、ガイドさんによれば、イチャモンつけるため、運転手につめよっているところだという。

 お国柄の違いとはいえ、あまりにも違うこの現実! あなたはどう思いますか?

この記事をはてなブックマークに追加

雑14 エジプト・カイロ

2007年01月14日 | Weblog
【写真:ロバを引く少年】


 移動するバスの窓から一枚。同じ道をロバ車が通り、自家用車が走り、さらにバスが走るこの光景。
 日本にはない、このゆったり感。さらにこの間を縫うように横断する人々がいて驚く。車より人が大事ということでしょうか。

 ガイドさんの説明によれば、田舎でタクシーに乗ったら、走っているタクシーのドアが外れて、それを拾うのを手伝わされた知人がいるとか。これも日本ではあり得ないこと。とにかく車はオンボロのようです。

この記事をはてなブックマークに追加