シカゴ郊外暮らし

サンフランシスコからシカゴ郊外へ。
さて、何をしようか。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

コロラド旅行記 その2

2015-01-24 23:44:31 | 遠征
デンバーの街を散策した翌日は、ロッキーマウンテン国立公園へ。



このナショナルパークの看板を見ると何だかテンションが上がってしまうのは私だけ?
さてこの公園ではどんな景色を見る事が出来るのでしょうか。


最初に訪れたのは澄んだ湖水が印象的なスプラグレイク。
この辺りにはいくつかの湖が点在していて、ベアレイクと呼ばれる湖がメジャーなのだけれど
今回はその手前にあったこちらの湖を訪問。



輝く湖面、青い空、白い雲、シカゴでは見る事の出来ない山々、思わず深呼吸したくなる景色!

あまりに気持ちが良いので湖の周りにあるトレイルを一周する事に。



標高が高いせいか、日差しが強烈。
雨が降っても傘を差さないアメリカ人が傘をさしてしまうくらいのレベルなのです。

強い日差しにも負けず、すれ違う人たちと挨拶をかわしながら散策していると、



なんと結婚式中のカップルに遭遇。
こんな美しい景色の前での結婚式、素敵な想い出になりそう☆


湖を満喫した後は、年の半分は雪に覆われているというトレイル・リッジ・ロードを車でひた走り、
万年雪の残る景色を眺めながら最高地点 3,713mを目指します。



この道、その雪深さから5月~10月の間しか通行する事が出来ないのだそう。
富士山の頂上と同じ位の高さの場所に道があるってなんかスゴイ!
ちなみに植物には育つことが出来る限界の高さがあるそうで、森林限界と言うそうなのだけれど
ロッキー山脈では3,000mが限界ラインになっているそうで、この写真をよく見てみると
針葉樹のある場所と無くなる境目が何となく分かる気がします。

どんどんと外気が冷たくなって行き、最高地点間近 3,500m程度の場所にある、
フォレスト・キャニオン・オーバールックと呼ばれる展望台に到着。



車を停め、ビューポイントまでこんな道を歩きます。

そして見える景色がコチラ。



自分たちがすでに3,500mの場所にいるだけあって、広がっているのはなだらかな山並み。

でも、



実際には4,000m越えの高さを誇る山々なのです!
うっかりはしゃぎたくなる景色だけれど、酸素が薄いので無理は禁物。
この後、トレイル・リッジ・ロードの最高地点 3,713mを通過し帰路につきました。

ロッキーマウンテンの美しい景色を楽しんだ翌日はコロラドスプリングスに向かいます。




コメント
この記事をはてなブックマークに追加