ピアノ教室&音符ビッツ認定教室 &リトミック教室 広島市西区横川

ピアノ&リトミックレッスンの様子
お問い合わせkmusicpianopiano@gmail.com
横川教室

【子どもの反抗期】口を利かないなど反抗的な態度に親はどう対応する?

2016年10月16日 | 新聞や雑誌の記事
反抗期は成長の過程です。反抗には特に大きな理由がないことも。漠然と「親の存在が気に入らない」という場合もあります。子どもの反抗期に向き合うときに大切なのは、まず「理由がある反抗か、ない反抗か」を見極めること。反抗期の子どもに対して、保護者はどう対応すればいいのでしょうか。



「なんとなく親が気に入らない」という反抗の場合は

思春期は、何もなくてもイライラする時期です。それは気持ちに対して身体や結果がついてこないことに対するものであったり、自分自身の限界を知るものであったり。さまざまな現実を知りながら成長している証でもあります。また、ホルモンの分泌により気持ちが落ち着かないこともあります。こんなときの親に対する反抗的な態度はちょっとした八つ当たりにも近く、そのときに保護者が叱っても口出ししても、なんの改善効果もありません。

保護者に対するよくない態度があったとしても、保護者は普段と別に変わりない態度で過ごしましょう。過剰に反応すれば、ますます態度が悪化する可能性もあります。塾の送り迎え、朝起きにくそうであれば声をかけるなどのことも含め、今までやってあげていたことは、きちんとやってあげてください。

とはいえ、必要以上にやってあげる必要はありません。ご機嫌を取る必要は一切ないのです。先回りして困らないようにしてあげる必要もありません。何かあれば子どもからきちんとお願いしてくるよう、そこは黙って心だけで待機していましょう。子どもから言い出せないまま、自分でやってみたら案外できた、ということも増えてくるものです。

無視なら無視で対抗は絶対にだめ

反抗に対し保護者がやっきになって対応すると、子どもはその干渉に対して腹を立てたり、さらに反抗心を募らせてしまったりすることが多いものです。子どもが口を利かないから自分も無視…ではただのケンカ。伝えるべきことは伝えるようにしましょう。

もし話をしようとすると去ってしまうようであれば、メールを送ったり、本人にわかるところにメモを貼っておいたりして、情報だけは伝えておくようにします。どう処理するかは本人に任せてみてください。

親のこと、子どものこと、お互いについて考えるいい機会でもある

反抗期は、親子の距離が離れてしまうもののように感じるかもしれません。ですが、子どもにとっては「親とはどんな存在か」を考え直す機会にもなっています。どんなに冷たい態度をとっても気にかけてくれること、いなくなれば困る存在であることがわかれば、反抗する意味もなくなるのです。

保護者として大事なことは、反抗期をむかえた子どもに対して、「よかった」と受け止めること。子どもが精神的に自立しようとしている表れであるのですから、まずはよかったと受け止めてください。そのうえで、子どもに対して、「今のままの自分でいい」とまず親が認めてあげること。そんな保護者の姿勢が子どもを安心させるのです。

そして、保護者もこの機会に「いままでの子育て」を考え直し、対応するといいかもしれません。自分のことを認め、無条件に愛情を注いでくれる存在は、何歳の子どもにとっても必要です。難しい時期ですが前向きに考えて、反抗期を乗り切りましょう。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 思春期のお子さまの「生意気... | トップ | 小学校低・中学年の保護者の... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。