ピアノ教室&音符ビッツ認定教室&音符リトミック教室 広島市西区

ピアノ&リトミックレッスンの様子
お問い合わせkmusicpianopiano@gmail.com
広島市西区横川

「猫の寿命を10年伸ばす」腎不全予防薬に実用化の動き

2016年12月13日 | 新聞や雑誌の記事
 60歳で定年してから猫を飼い始めたという、元銀行員のAさん(74)は嘆く。

「還暦と同時にメスのスコティッシュフォールドを飼い始めました。胡蝶蘭が好きな妻が『ランちゃん』と命名して、娘同然にかわいがっていた。

 ですが、13歳を超えたころから嘔吐を頻繁に繰り返すようになって、獣医に診せたところ末期の腎不全と診断された。最期は寝たきりで、今年、14歳で亡くなった。以来、妻が塞ぎ込んでしまって。病気の兆候に早く気づけなかったことが悔まれます」

 14歳まで生きたことは、猫の平均寿命(11.9歳)に比べれば大往生かもしれない。それでも「もっと長生きさせてあげられたかも」と後悔する気持ちはペットを飼う人なら誰もが共感できるだろう。

 猫は他の動物に比べて腎不全で死亡する割合が突出して高い。日本アニマル倶楽部の調査によれば、猫の死因の22%にものぼる。だが、長い間、「なぜ猫だけ腎不全が多いのか」という原因は解明されていなかった。そのため治療法も確立できず、猫の腎不全は“不治の病”とされていた。

 そんななか、今年10月、愛猫家たちに吉報となる研究結果が出た。東京大学大学院医学系研究科疾患生命工学センターの宮崎徹教授が原因を突き止め、『サイエンティフィック・リポーツ』(電子版)に発表した。宮崎教授の解説。

「人間をはじめとする多くの動物は、体内に脂肪を融解するたんぱく質の一種『AIM』を備えていて、これが尿管の詰まりを解消し、腎不全を防ぐ働きをしています。ところが、猫の『AIM』は他の動物と微妙に異なり、その機能を備えていなかったのです」

 宮崎教授は、他の動物のAIMを培養して猫に投与した。すると、尿管の詰まりを除去する効果が確認できたという。つまり、猫以外のAIMは、猫にとっても腎不全の予防薬となるのだ。

「すでに予防薬の開発を始めているので、3年後を目途に実用化したい。そうすれば、猫の寿命があと5~10年延びることも夢ではない」(同前)

 この研究結果はネット上で拡散され、世界中の愛猫家から称賛の声があがった。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« カテゴリ 起きたい時刻に目覚... | トップ | 猫のいびきは病気のサインかも? »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。