ピアノ教室&音符ビッツ認定教室 &リトミック教室 広島市西区横川

ピアノ&リトミックレッスンの様子
お問い合わせkmusicpianopiano@gmail.com
横川教室

はびこるエセ育児情報に警鐘を鳴らす、『子どもを守るために知っておきたいこと』 その2

2016年10月16日 | 新聞や雑誌の記事
「感動」の波に乗って拡散されるデマ

――すみません、ウェブメディアの問題点のような話になってしまいました。

宋:いえいえ、実際、特にネットで情報を検索して、何が本当かわからなくなり、迷ってしまっているお父さんやお母さんにこそ、この本を読んでいただきたいと思っています。著者がたくさんいるので、他の先生がどういう人をターゲットにしているかはわからないですけど……。

メタモル出版編集担当(以下、編集):基本的にはそういう方です。子育て中の。やはり全てのジャンルに精通するのは難しいので、医学については詳しい方でも江戸しぐさは信じていたり、ということがあると思います。宋先生が仰ったように、検索で怪しい情報がヒットしやすい状況があるので、それを信じてしまうことがないように、それで子どもが不利益を被らないように、という気持ちでほかの著者も書かれています。

――難しい専門書をまるまる一冊は読めないけれど、これなら。

宋:どなたでもコラムくらいの長さなら読みやすいと思うんです。でも専門的な内容の本を一冊まるごととなると、大変だと思います。

編集:子育て中は忙しいですしね。子育て中でも忙しくても、パッと読んでもらえるように。また、本が苦手な方でも読みやすいようにと思って作りました。

宋:もっと読みたい方、知りたい方は、さらに項目の最後にある「おすすめ関連本」を読んでみていただけるといいなと思っています。

――私自身も、なるべく怪しい情報には気を付けるようにしていますが、たとえば気持ちが弱っているときとか、何かのタイミングでフッと信じてしまうこともあるのかもしれないなと思っています。

宋:私も自分の専門分野ではなかったらそういうことがあると思います。たとえば、なんの経済学の知識もない私が、儲かる株の銘柄をネットで調べられるでしょうか? 調べられるわけがないんです。同じように、体の知識がまったくないのに、健康の情報について正確につかみとれるわけがない。特に気持ちが弱っているときや焦っているときなら、ふと変な情報を信じてしまいやすくなるでしょう。だからこそ、(本書では)各分野の専門家が、よくあるデマについて説明しています。

――似非科学というか、以前話題になった「水からの伝言」に似たような話ですが、「子どもの夏休みの宿題で、毎日声をきれいな言葉をかけ続けた食べ物は腐らず、声をかけずに無視した食べ物は腐ってしまいました」という実験結果を載せている個人ブログがあって、普段は疑り深い知人が「感動した!」とつぶやいていて、驚いたことがあります。

宋:他人が感動しているものに茶々って入れづらいんですよね。感動って、いろんなものを隠してしまう。たとえば江戸しぐさもそうですけど、ウソでもいい話だったら作り話でもいいやん、みたいな。それでデマが横行するところもある。二分の一成人式も、「お母さんがお腹を痛めて生んでくれた」というベタなストーリーが万人には通用しないのに感動的だからいいとなってしまう。全部きれいごとっていうのは問題があるように思います。

編集:大人の側が、子どもを感動させる自分に感動してしまっている。自己満足、自己実現のために子どもを使う、みたいなことになってしまっているのも問題ですね。

宋:私が担当したのは母乳と自然出産なので、どちらかといえば子どもというより母親の話ですけど、たとえば出産は素晴らしいとか、命の誕生が素晴らしいとか、自然が一番、母乳こそ愛とか、痛みに耐えて子どもを産むとか、それがある一定層のお母さんの中では、それがアイデンティティ形成に不可欠だったりするんです。でも、(完全母乳にしろ、帝王切開や無痛分娩を行わない自然出産にしろ)それがつらくてできない状況の人だっているでしょう。完璧な母親だけがいいわけじゃないみたいなことを女性誌とかも言うようになってきたけれど、それでもまだ理想の母親像に押しつぶされそうな……。

――そういう風潮はまだありますね。

宋:芸能人がちょっと「子どもをかわいいと思えない時期があった」って言ったら炎上するとか。一般の人でも、子育てがつらいとか手抜きしたいとか、子どもを預けて一人になりたいって言いづらい空気がありますね。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« はびこるエセ育児情報に警鐘... | トップ | はびこるエセ育児情報に警鐘... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。