ピアノ教室&音符ビッツ認定教室 &リトミック教室 広島市西区横川

ピアノ&リトミックレッスンの様子
お問い合わせkmusicpianopiano@gmail.com
横川教室

人気のお稽古ごとランキング上位「英語とピアノ」、意外な共通点って?

2016年10月18日 | 新聞や雑誌の記事
ケイコとマナブ.net が行ったアンケートによると、「2016年習っている・習わせたいお稽古ランキング」には、去年とほぼ同様の顔ぶれが並んだようです。

上位を占めた三つの習い事は、「水泳、英語、ピアノ」でした。

今回はそれらの中でも、長年に渡り人気の座をキープし続ける、ピアノと英語に注目し、両者の意外な共通点と上達のコツをご紹介します。



ピアノと英語の、意外な共通点って?

どちらも、“聞く”習い事

小さな頃に習得することを考えると、両者の共通点は何といっても、“耳を使う”ことでしょう。

譜面の読み方や、文法の成り立ちは、とりあえずこの段階では二の次です。教え手が示すお手本を、まずはしっかりと耳で聞きとることから、習得への道が始まります。

触れ続けることが上達のカギ

どちらの習い事も、“ある程度”から先へ行くためには、週一度の教室だけでは限度があります。毎日、一日10分だけでもいいので、触れ続けることが上達のカギ。

それを実行する人としない人とでは、例えばたった1年後でも、その時には大きな差が出来ているはずです。

習得した技術のアウトプットには、その子の個性を乗せて

英語を話す、ピアノを弾く。どちらも人から教えてもらえるのは、あくまでその枠組みのみです。

大切なのは、“何を伝えたいか”、“誰に聞いて欲しいか”という目的ですよね。それらはその子自身が見つけなければなりません。



共通点から学ぶ、上達のコツ3つ


出典: http://itmama.jp
source:http://www.shutterstock.com/

(1)「聞く姿勢」を育てる

上達する子は、お手本である音楽なり、発音なりを、積極的に聞く姿勢を持っています。

子どもの聞く姿勢を育てる為に、普段から意識できることがあります。それは、親が“ダラダラ、キイキイ”話すのではなく、大事なことを“低いトーンで、簡潔に”伝えることです。

子どもに大切なことを伝えたいときがチャンス。しっかりと目線を合わせて、“低いトーンで簡潔に”伝えて下さい。

また、子どもが疲れている、お腹が空いている時はあえて話すことを避け、テレビやラジオを消す、窓やカーテンを閉めるなどして、落ち着いた状況をつくってみて下さいね。日々の積み重ねにより、聞く力と集中力が育ちます。



(2)「毎日10分」、家庭で練習の時間をとる

毎日続けることは、確実に力になります。楽しく続ける為に、短い時間で、かつ、後味のいい練習プログラムを組んであげて下さいね。

最近は家庭でできる楽しい学習プログラムも多くでているので、それらを活用してもよいでしょう。

最後には「今日もちゃんと練習したね」と承認のヒトコトを忘れずに。

また、親が“毎日絶対にやらないと!”と目くじらを立てていると、当然ですが子どもはやる気を失ってしまいます。心が乱れたときは、根っこを見直しましょう。



(3)子どもが持ち帰った発見を「承認」する

驚きと感動を、子ども達はきっと一番にママへ報告するでしょう。そのとき、例えママにとっては当たり前のことでも、子どもの感動に水を差すような冷たい反応はしないでください。

知らないフリをする必要も、大層に驚いてみせる必要もありません。

「それを知って、びっくりしたのかぁ」「今日はこれが新しく出来るようになったんだ。どんな気持ち?」などと、事実を繰り返すだけで大丈夫。

気をよくした子どもたちは、新しい発見を誇らしげに報告することが習慣になるとともに、習い事に対するモチベーションもアップすることでしょう。



全ての親の望みは、その子自身が豊かな人生を送ること。習い事で仲違いすることでも、習い事を嫌いにさせるためでもありません。

ぜひ参考にしてみてくださいね!
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 事前のリサーチが肝心!「ピ... | トップ | 子どもの自立に必要な『甘え... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。