ピアノ教室&音符ビッツ認定教室&音符リトミック教室 広島市西区

ピアノ&リトミックレッスンの様子
お問い合わせkmusicpianopiano@gmail.com
広島市西区横川

行き詰った時に脳を解放する「sleep on it」の効用 - 茂木健一郎

2016年12月13日 | 新聞や雑誌の記事
何か課題に取り組んでいて、なんだかこんがらがった感じになり、これ以上押してもなかなか前に進まない、という感触になることがある。そんなときは、無理に押さないで、離れるといい。一つの有効な方法は、眠ってしまうことである。ソファや椅子で、5分、10分の仮眠でもいい。

ほんとうに眠らなくても、目を閉じて、頭をからっぽにして、じっとしているだけでも良い。すると、脳のDefault Mode Networkが活性化して、さまざまな情報を整理してくれる。オフラインのプロセスが進行することで、もつれていた糸が、ほぐれていくのだ。

英語には「sleep on it」という表現がある。何かの問題について、一晩眠って考える、あるいは小休止をする、という意味である。つきつめすぎて脳が疲れるのを避ける、という意味だけでなく、以上に述べたような、無意識のプロセスに期待する、という意義を持つ。

漫画家にとって、ネームを描くのはいちばん創造的で、きつい作業だが、浦沢直樹さんはつまると、ソファの上で目を閉じて10分とか15分とか眠るという。すると、目が覚めた時にネームができているというのだ。まさに「sleep on it」の効用である。

眠るのが難しかったら、ちょっとオフィスを出て、外を5分くらい散歩するのでも良い。その時のコツは、頭を空っぽにして、今までの問題を考えないことである。意識の中では考えていない状態が、無意識の中では、かえって、その解決に取り組んでいる状態を意味する。つまりは、脳のモードを変えるのだ。

以上に述べた方法を実践する上で一番大切なのは、集中して取り組んでいて、もうこれ以上、と行き詰った状態を察知して、そこから脳をリリースすることを学ぶことである。

だらだらと、同じ課題に取り組んでいるのが一番良くない。集中とリラックスというメリハリが大切なのだ。

茂木健一郎[脳科学者]
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【しつけ】「子どもを怒鳴ら... | トップ | ホッチキスの針は外さなくて... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

新聞や雑誌の記事」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。