NATURAL SOUND

音楽の話を中心に、日々のできごと‥

Miss Teddi King

2017年05月14日 11時35分42秒 | ブログ
ジャズ・ヴォーカルは、歌う人とバックのグループのスタイルやセンスがピタリとはまった時は無敵ですね。T・キングはアルバムが少ないのでなかなか聴く機会がありません。このアルバムはレーベルがストリーヴィルということもあり、LP時代は超稀少盤で、私もCD化されて初めて聴きました。J・ジョーンズのピアノ、M・ヒントンのベース、J・ジョーンズのドラムス、そして何よりもR・ブラフのトランペット。このカルテットが彼女の声質やフィーリングに絶妙に合っていて、実に楽しい作品となっています
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« Lover Come Back To Me(Bean ... | トップ | Juan Diego Flórez »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。