gooブログはじめました!

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

信号待ちで居眠り “酒気帯び運転”で警察官逮捕

2016-10-18 08:30:05 | 報道・ニュース
 富山県警の警察官が酒を飲んだ状態で運転したとして逮捕されました。信号待ちの間に眠っていたということです。

 富山県警の巡査・北村優太朗容疑者(21)は16日午前5時半すぎ、富山県射水市の路上で、酒を飲んだ状態で車を運転していた疑いが持たれています。

 警察によりますと、信号待ちの間に車内で眠っている北村容疑者をパトロール中の警察官が発見しました。北村容疑者は車を発進させて逃走しましたが、約3キロ離れた郵便局の看板に衝突して止まっていました。呼気からは1リットルあたり0.15ミリグラムを超えるアルコールが検出されたということです。富山県警は「誠に遺憾であり、深くおわび申し上げます」とコメントしています。

 警察官がこれはいけません。
『事件』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 0歳児虐待「親指が頭蓋骨に... | トップ | 皇后さま、82歳の誕生日 »

コメントを投稿

報道・ニュース」カテゴリの最新記事