gooブログはじめました!

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

河川敷に手足の一部、きょう司法解剖 兵庫

2016-10-12 09:17:10 | 報道・ニュース
 10日、兵庫県伊丹市の河川敷で、人の両腕と両足の一部が見つかった。警察は、死体遺棄事件の可能性があるとみて捜査している。

 現場は伊丹市の猪名川の河川敷で、10日午後2時前、野球の練習を見に来た男性から「人の死体がある」と通報があり、警察が調べたところ、見つかったのは、両腕のひじから先と両足のひざから先だった。

 発見した人「マネキンみたいな手がありまして、指の爪が見えたので、手かなと思って。まわりの反対側を見ると、ひざから下の部分があって、これは骨じゃないかということで、すぐに警察に連絡させてもらいました」

 見つかった両腕・両足の一部は、それぞれ並べた状態で置かれていて、腐敗が進んでいた。また両足は、同じ種類の黒の靴下をはいたままだったという。

 警察は、上流から流されてきたとは考えにくく、何者かが遺体を置いた死体遺棄事件の可能性があるとみて捜査している。

 警察は11日に司法解剖を行い、身元の特定や死亡した時期などを調べる方針。

 何があったんでしょう。
『事件』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 住宅に侵入し窃盗、学生証落... | トップ | 5年越しの逮捕…決め手はDNA型... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。