gooブログはじめました!

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「なぜSOSを無視」=原発いじめ、検証求め要望書―横浜

2016-12-12 | 報道・ニュース
 東京電力福島第1原発事故で福島県から横浜市に自主避難した中学1年の男子生徒(13)がいじめを受けた問題で、生徒側の代理人弁護士は9日、学校側の対応について検証を求める要望書と男子生徒の手紙を横浜市教育委員会に提出した。

 要望書は「なぜSOSを無視したのか」などと、徹底的な検証を求めている。

 男子生徒の両親は1日、市教委の担当者と面会。生徒が通っていた市立小学校や市教委の対応について検証するよう求めていた。市教委は検証作業を進めている。

 代理人によると、要望書は検証をより具体的なものにするため提出。「なぜ担任がいじめを受けていた被害児童のSOSを無視したのか、SOSを受ける余裕がなかったのか検証すべきだ」などとしている。

 代理人は男子生徒の手紙も公開。生徒は「教育委員会が調べてくれるって聞いたけど、あれからすごく時間がかかっているし、僕はこれからどうすればいいのか」とつづっていた。

 新潟市の小学校で福島県から避難した児童がいじめを受け、担任が名前に「菌」を付けて呼んでいた問題にも触れ、「新がたのいじめをテレビで見たけど、あっちは学校の先生があやまっているけど、どうしてこっちはあやまってくれない」と書いている。

 市教委の伊東裕子健康教育・人権教育担当部長は「要望書の内容も含めて検証していきたい」と話した。

 徹底的に検証してほしいですね、再発防止のために。
『事件』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« わが子失い心の傷癒えぬまま…... | トップ | 線路突き落とし事件、殺人未... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。