ミキダンススタジオ・・社交ダンス教師のつぶやき

山口市で社交ダンスのスタジオを経営しています。年齢に関係なく楽しめ、奥が深い社交ダンスを多くの方に広めたいと頑張ってます

過去の記事

2016-11-08 10:27:36 | 日記
このブログは1年後に自分の載せた記事をメールで送ってきます。

ほぼ毎日載せてますから、1年前の自分の様子が毎日見られます。

ほとんどが「ええっ!あれからもう1年?」と驚くほど時の流れが速いです。


今朝送られてきた1年前の記事・・



60歳からの出発

還暦を迎えた今年も忙しく充実した日々を過ごしています。

こんな晩年になるとは自分でも全く想像も出来ませんでした。


家族と離れて一人で山口に来た時、ダンスを教え始めた時、

公民館で教えていた時、どれも計画性もなにもなく行き当たりばったり

倉庫を改装して、曲がりなりにも自分のスタジオを構えた時はさすがにエイヤッと思いきりました。

でも、借金をするほどでもない範囲でやったので、いつでもやめられる、そんな気持ちでした。

その頃は山口にスタジオを持って営業している先生は数件、

新参者が何を生意気に、と思われないかとビクビクしていて

出来るだけ目立たないように、と貸しスタジオとしてスタートしました。


自分が夢中でダンスを教えて、楽しんで、結果人が増えていって今に至ってます。

私にとってダンス=競技ダンスでしたので、競技選手を育てた事が

今の自分の基盤です。

それは本宿先生のおかげで、影響力は大きいです。

そして、プロになってから師事している学連の先輩でもある児玉先生ご夫妻は

出来の悪い後輩に惜しみ無い、きっつ~い(笑)愛情を注いで諦めず指導して下さってます。

さらに、私を信頼して通ってきて下さる方々から、競技以外のダンスの面白さを教わりました。


これから先、どのくらい踊っていられるか誰にもわかりません。

でも、自分が動ける限りダンスへの恩返しを続けていきたいと思ってます。



今も変わらずそんな心境で突っ走ってます。

この時との大きな違いは、守らなければいけないスタッフが増えたこと。

まだ若く未来のある弘島先生(30代)と、荒木先生(40代)。

自分自身の生活もやっとやっとの状態なので、特に何をしてもあげられませんが

このスタジオをつぶすわけにはいきません。彼らの基盤ですから。

ありがたいことに、今日も11時半から夕方4時過ぎまで休みなしのレッスンを頂いています。


大変?と~んでもない!これが至福の時なんです(笑)

きっと暇になったら玉手箱を開けた浦島太郎になってしまいます。

仕事、させてくださいっ!!頼りにしてくださいっ!!
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 自信がない病 | トップ | タブレット活用 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。