紀州のプーさん のんびり日記

当ブログのエピソードは適当に綴っています。
実際のストーリーとは違う事をご了解下さい。

クリミナル・マインド11 FBI行動分析課 #8 「覚醒」

2016-10-30 | Criminal Minds
「覚醒 / Awake」

(HPより)

アリゾナ州で相次いで成人男性が誘拐され、ひとりは遺体で発見される。手首

に縛られた跡があり、全身にヤケドと打撲を負っていた。激しい拷問を受けて

いたらしい。やがて2人目の被害者も殺害され、3人目の拉致事件が発生。被害

者たちが大量のカフェインを与えられていたことから、BAUは睡眠絡みの事件

を洗い出す。そこに浮上したのは3カ月前、休憩エリアでの仮眠中に5歳の娘を

行方不明の後に失った男だった……。

(以下、私的感想です)

BAUはプロファイリングを公表する。犯人は30~40代前半の白人男性。被害者

から何かの情報を得ようとしている。社交性は全く無く、夜行性で獲物に突然

襲い掛かる。捕えた獲物は徹底的に虐待を加える。犯人の動機が解決のカギと



なる。その頃犯人は3人目の獲物を捕獲して電気ショックを与えて、その苦し

む様を見て「グエヘヘヘ~たまらんぜベイベー」とよだれを垂らしながらニヤ

つく。被害者の体内から大量のカフェインが検出された。犯人は眠らせない為

に飲ませていたと推測。ガルシアが事件現場周辺を調べると少女の誘拐事件が

あったのが判明。廃品回収業のテイラーという男が娘を車に乗せて深夜に自宅

へ帰る途中に長時間勤務の疲れで眠くなり仮眠をとっていた。だが目を覚ます

と娘が消えていた。その前に手にタトゥーの男が声をかけていたのもわかった。

娘は未だに発見されておらず、拉致した被害者を皆犯人だと思い込んで拷問し

ているのだ。捜査チームがテイラーの自宅へ向かう道中、娘タチアナの遺体発

見の一報が入る。その頃テイラーの自宅解体工場で監禁されていた3人目の被

害者ホイットフィールドが脱出に成功する。だがテイラーは執拗に追いかける。

追い詰めた所でJJとタラはテイラーに説得を試みる。実はタチアナの遺体は1

週間前に荒野で発見されておりテイラーも確認済だった。だがこの期に及んで

まだ「娘が生きている!」とほざく。抵抗するのでJJとタラはテイラーを射殺

する(逝って良し)。結局タチアナ失踪事件は彼女自身が車から出て外の寒さ



で死んだのだろうと片づけられた。・・・ところがその頃、また別の母娘の車

に怪しい男が近づいて声をかける。手にはタトゥーが!。こいつがタチアナを

殺したのか?

(今回は・・・)

地元の捜査官を演じたのはGloria Votsis。「ホワイトカラー」のアレック

ス役でお馴染みです。ラストに別の犯人が登場して、結局この事件は未解決に

なりそうですね。そう言えば今回はリードがお休みでした。では、また
『ドラマ』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« パーソン・オブ・インタレス... | トップ | キャッスル ~ミステリー作家... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。