内的自己対話-川の畔のささめごと

日々考えていることをフランスから発信しています。自分の研究生活に関わる話題が多いですが、時に日常生活雑記も含まれます。

個体、それは内的共鳴可能存在形成過程、ILFI「序論」読解を終えて― ジルベール・シモンドンを読む(59)

2016-04-19 05:35:37 | 哲学

 今日は、「序論」読後感想を綴りたいと思います。
 と言っても、小中学生たちが大嫌いなあの読書感想文じゃありません。私も嫌いだったなあ、読書感想文。感想書くために強制的に読まされるって、何かおかしいよなぁって、子供心に思ってました。夏休みの宿題とかで書かされるのは、なおのこといやだった。そもそも小中学生の頃はほとんど本読まなかったし。
 誰に強制されるわけでもなく、「序論」読後感想をシモンドンの語彙を援用しながら記すことで長期連載「ジルベール・シモンドンを読む」に一区切り付けたいという自発的な思いから、この一文を綴ります。

 私たち一人一人は、個体となりつつある存在、つねに個体化過程にある存在です。これは私たちにとって恒常的な存在条件です。そのようなものとして、私たちは、物質・生命・心理-社会の諸次元にまたがって様々な問題を抱え、それらの解決策をあれこれ探りながら生きています(ちょっと問題ありすぎだよなぁって思わなくもないですが)。
 生きている個体である私たちは、本来的に、「固体」でもなければ、「孤体」でもありません。なぜなら、己の内なる前個体化的存在によって、私たちは「通・超個体性」を共有しているからです(注:「固体」と「孤体」という両語は、私がここに導入したもので、シモンドンの語彙ではありません。日本語ならではの同音異義語を使った、ちょっと真面目な「言葉遊び」です)。
 とはいえ、現実には、他者さらには他次元とのコミュニケーションが困難な場合、自閉的な状態に落ち込み、孤独感に苛まれ、己の存在の無力さ・無益さに絶望を覚えることもあるでしょう(私なんか、もう、しょっちゅうそういう状態に落ち込んでいます...トホホ)。
 しかし、言うまでもなく、己の内に閉じこもっているかぎり、問題に対する解決策を見つけ、そのような状況を打開することはできません。解決は、本来的に、己の内にはなく、何かと何かとの〈間〉にしかないからです(わかっちゃぁいるんですけどね、なかなかねぇ...)。
 その解決は、したがって、単なる(自己)認識からは生まれません。本来的にコミュニケーション・モードをその存在様態とする生きている個体は、複数の次元の間の「形成」(« information »)によってはじめて生かされ、活かされるものだからです(この意味での「インフォメーション」って、だから、待っていれば届くとか、家に居ながらにして収集できるとか、どこかに行けばそのまま手に入るようなものじゃないってことですね)。
 認識が個体化するとは、どういうことでしょうか。それを私なりの言葉で表現すると、物の手触りと抵抗とに類比的な手応えを私が思考において概念に対して持つことができるようになることです。そして、そのことは同時に、思考の外なる諸存在に触れて、思考内の概念システムとの間の内的共鳴をそこに聴き取ることができるようになることに他なりません(つまり、ただ頭の中で「無抵抗な」概念を好き勝手にいじくりまわしているとき、私たちは、誰にも見えない概念の粘土細工やプラモデルを頭の中で拵えているだけで、本当は思考していないってことですね。もちろん、そういう無害な空想や夢想が趣味ならば、人に迷惑をかけるわけではありませんから、それはそれでいいわけで、他人が文句を言う筋合いではありませんけれど)。
 生きている個体としての私において個体化されつつある内省は、その内省的思考にとって外的な諸存在との間に、内的共鳴というコミュニケーション・モードを「形成」することができたときはじめて、心理-社会的レベルにおいて開かれた思考として、意味を有することができるようになるのでしょう(この意味で共鳴を引き起こさない思考は、少なくとも社会的には、無意味・無価値・無益だということですね)。

 以上の思いを胸に、明日からまた、心理-社会的空間における内的共鳴可能存在に一歩でも近づくべく、甚だ微力ではありますが、日々努力を重ね、一個体として個体的に思考してまいる所存でございますので、何卒よろしくお願い申し上げます(あれぇ~、何か変だなぁ、この終わり方。でも、まぁ、偽りのない気持ちではありますので、このままにしておきます)。















































ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 熊本地震について | トップ | 毎日が自転車操業的思考 »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
大変ありがたく拝読しました。 (あ*)
2016-04-21 18:56:14
シモンドンの序論、興味深く拝読しました。私一人では、そこまで読めなかったと思うので大変ありがたく存じます。そして、『渾沌からの秩序』(© プリ御仁)は、シモンドンの著書と合わせて再読しなければならないと考えるようになりました。

ところで、
「認識が個体化するとは、どういうことでしょうか。それを私なりの言葉で表現すると、物の手触りと抵抗とに類比的な手応えを私が思考において概念に対して持つことができるようになることです」か。
それなら我が家の息子は胎児期から実践してきました。
胎児レベルでも観察主体があることを私が誰かに説明する際に毎回、上げてきた例は、自分の体験に基づいた以下の2点です。胎動を感知した18年前から同じ例で、どうも、すみません。
• 子宮壁を撫で回して探求している胎児は既に観察主体です。それをやられると、くすぐったいので妊婦は笑い、そうすると胎児は嬉しいのか?…もっとやります。電車に乗っているときにやられると、一人で、くっくっくと笑いを噛み殺していて狂女のようですね。
• 妊婦がたくさん食べて胃が下がると自分の居場所が狭くなるので、妊婦の胃を下からポンポン蹴って邪魔だとアピールする胎児は、既に母親とネゴシエーションする主体です。こういうときに、心の狭い母親は、蹴られた苦痛によって(胎児のことを思いやることはなく)「嫌な子」と思うし、無視するようです。普通の母親は、ああ、狭くなったのねと思って、胎児が落ち着くまで四つん這いで過ごします。ついでに床の拭き掃除もできますね。そして、次からは、食事の回数を増やして、一回の量を減らすでしょう。普通の母親は、その程度の知能はありますから。

胎児は言語化していなくても何かを認識しているのです。さらに、何を食べるかを妊婦に指導してきます。どうやって指導するのかは不明ですが、何を食べたら良いかを妊婦に思いつかせる力があるようです(?)。なので、胎児からの情報を無視して「これを食べなさい」という一般論だけで妊婦に栄養指導をする西洋医は浅薄です。あくまでも「一般的には、こういう点に注意」するだけに留め、理由は不明ですが、なぜか妊婦が食べたくなる何かが、特に不健康なもの、不衛生なものでない限り、それを食べるのを禁じたり、全部、妊婦のいうことを無視してメニューを決めてしまったりすることは好ましくありません。

こういう言葉の届かない時代の実体験も、歴史的身体に刻み込まれているのですから、胎児期に母親からネグレクトされた出生前外傷記憶は、トラウマ化しやすいのではないかと思いました。生まれたときから母親に対して敵対的な子は、おそらく胎内で嫌な目に遭い続けていたのでしょう。胎児期に子宮壁を撫でていた息子は生まれたときから私に対しては友好的で、よく私を撫でたり舐めたりして育ちました。
Re:大変ありがたく拝読しました。 (kmomoji1010)
2016-04-21 20:52:32
いつも大変啓発的なコメントをありがとうございます。コメントを読ませていただいて、シモンドンの哲学の応用範囲の広さに改めて気づかされました。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL