内的自己対話-川の畔のささめごと

日々考えていることをフランスから発信しています。自分の研究生活に関わる話題が多いですが、時に日常生活雑記も含まれます。

個体を存在の中に位置づけ直すために ― ジルベール・シモンドンを読む(43)

2016-04-03 07:26:46 | 哲学

 シモンドンに限らず、哲学の大著に往々にしてありがちなことは、表現上若干のヴァリエーションを伴いつつも、繰り返しが多いということです。それは、大曲の中に度々現れる同一主題の反復あるいは変奏にちょっと似ています。その反復ないし変奏が全体の中である必然性をもって有機的な仕方で他の部分と結びついていれば、読んでいて、あるいは聴いていて、飽きるということはないわけですが、そうでないと、やはり、「またかよ」という気分にもなります。シモンドンの文章にも少しそういう嫌いがあります。
 しかし、昨日と同じ理由で、つまり、シモンドンの思考と語彙に徐々に馴染んでいくために、「序論」だけは飛ばさずに最後まで読んでいきます。
 さて、今日読む段落では、本研究の意図が述べられています。以下、その段落を、そこに若干の言葉を補いつつ、ほぼそのまま訳していきますので、文体は常体を使います。
 本研究の意図は、個体化の諸々の形態、様態、程度を研究することで、それは、物理・生命・心理-社会の三つのレベルに応じて、個体を存在の中に位置づけ直すためである。個体化を説明するのに実体をまず措定するのではなく、我々は、物質・生命・精神・社会などの領域の基礎として、個体化の異なった体制を選択する。そうすることによって、これらの領域の分離・階層・関係は、異なった様態によって展開される個体化の諸相として現れる。そこでは、実体・形相・質料という伝統的な哲学的諸概念は、「第一次情報形成」(« première information »)・「内的共鳴」(« résonance interne »)・「エネルギー的潜在性」(« potentiel énergétique »)・「大きさの秩序」(« ordres de grandeur »)という、より根本的な諸概念によって取ってかわられる。
 もう何度も聞かされた話だよって、うんざりされた方もいらっしゃることでしょう。私もその一人です。しかし、見方を変えると、序論でここまで口を酸っぱくして繰り返さざるを得ないほど、西洋哲学の世界では、伝統的な実体論的思考がいまだに強固な根を張っているとシモンドンが考えているということでもあります。
 「夢よりも儚き世の中」「ゆく河の流れは絶えずして...」「諸行無常の響き」などに敏感に顫動する心をもった日本人(すべての日本人とは言いません)にとって、シモンドンが倦むことなくそれに対して批判を繰り返すところの実体論的世界像は、まことに想像を絶する異界のようにも思われることでしょう。

























































ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 存在の「転導的統一性」― ジ... | トップ | 新しい存在論的研究のための... »

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
あらゆる学問は 人類の福祉のために。 (franoma)
2016-04-04 11:16:53
「見方を変えると、序論でここまで口を酸っぱくして繰り返さざるを得ないほど、西洋哲学の世界では、伝統的な実体論的思考がいまだに強固な根を張っているとシモンドンが考えているということでもあります」
と、ご説明いただくと、なるほどと思います。

「伝統的な実体論的思考がいまだに強固な根を張っている」のは、
数学リテラシーが弱く、素朴実在論から完全に物理学の諸概念を切り離すことができず、場の量子論が理解できない物理学科の学生さんも同じです。世界中、どこに行っても、頭の中が古典論で終わっている人が多数派なので、
「西洋哲学の世界」においても、
「伝統的な実体論的思考がいまだに強固な根を張っている」ことは当然でしょう。

「場の量子論」的な世界観を持つ宇宙物理学者にとっては、
時空さえ相転移を起し得る「夢よりも儚き世の中」であり「諸行無常の響き」があることは、「常識」です。したがって、
「『夢よりも儚き世の中』『ゆく河の流れは絶えずして...』『諸行無常の響き』などに敏感に顫動する心」を持つのに日本人である必要はないのでした。

ただし、「地表の中心」が自分の居場所、「人類の中心」が自分らの文化、「太陽系の中心」が地球、太陽系が「宇宙の中心」であって欲しかった西洋思想的なエゴは、西洋思想にしかありませんので、初めから、そういうのがない日本人物理学者は、
「場の量子論」的な世界観で宇宙物理学や素粒子物理学をやりやすいとは言えます。
そのような背景があってこそ、湯川、朝永、冨松・佐藤、小林・益川などが出たのであり、ある学問の山を高くするには裾野は広い必要があるという人類社会の常識が観察される現象と言えるでしょう。

逆に考えると、日本人でありながら
瑞穂の国は「おむすび、ころりん」で分け合って皆で生き延びようとする文化の基層があるのを踏みにじってしまうようなメンタリティだと、
スクールカウンセラーなのにネットストーカーを兼業したりするようになるのでしょうね。そのような多重人格性のある加害者型PTSDが発症する背景には、
竹中平蔵氏らがスタートさせた日本文化の基層を破壊する政治的な策略があるでしょう。隠蔽、差別、棄民(=被差別者の使い捨て)の3つを実践し、
PTSDを蔓延させて、人心が荒れるようにするのが彼らの狙いです。
そうして、「どうせ死ぬなら戦場で…」という方向に誘導するわけですね。

アベ政治の棄民政策を実践できるように行政法を変えることに熱心なのが櫻井敬子教授です。棄民される庶民と棄民する特権階級を分離させる身分制を確立するということです。

要するに、社会システムにおける公務を伴う「地位」を
棄民できる特権的な「身分」にすり替え、
アべ&仲間たちだけが「上の者」(© 石破茂)として
「国家の私物化」を進めることと同じことです。

アべ&仲間たちによる「国家の私物化」を進めることで、日本の若者たちを米軍の弾除けとして差し出すことになっています。そのようなことは、昭和天皇も賛成していませんでした。米国人アグレッサーたちが今なお続けようとしている日本人オーバーキル路線には、申すまでもなく天皇家、皇族がたも皆、反対です。それなのに、
今上陛下の人気を悪用して
日本を丸ごと米国発の軍産複合体に差し出そうとしているのが
アベ政治です。このような現状においては、
平和憲法+象徴天皇システムを守り、
日本の若者たちを米軍の弾除けとして差し出すことを
何とか止める必要があると言えます。そういうことに反対してきた我々に「アスペ」ラベリングや「ADHD」ラベリングをしてきたのが心理職&精神科医の多数派です。ナチスの時と同じで、邪魔者は社会的に抹殺する狙いがあるわけですね。その狙いに沿ったストーカー行為を誰が実施したかについては、名指しで批判するのは避けます。誰も死なないように、過ちを正せば済むことですから。

今は、さらに進んで、「愛着障害」ラベリング( http://ameblo.jp/aya-quae/entry-12146157940.html )による弾圧が懸念されます。

(1)人類全員に人格権と生存権を認めること
(2)科学、技術、あらゆる学問は
人類の福祉のためにのみ行うこと
(3)カネは決済手段でしかなく「物」ではないこと
この3点を全人類が確認して
資本主義世界の特許システムを組み直さないと、
米国のアグレッサーたちの
「先に殴ったほうが勝ち」( http://bit.ly/1Qz5An4
という姿勢を止められないのではないかと思います。

「カネは決済手段でしかなく「物」ではないこと」が先日、日経本誌に明記され、私らのような理系人は「ビット・コインの発案者は犬死かよ」と思ったでしょう。ビットコインの発案者=黄色いサルが不審死=PTSD死を遂げることになったのは、
西洋白人ヒエラルキーが現存する国際社会において
「カネは決済手段でしかなく「物」ではないこと」が自明ではないからです。

「カネは決済手段でしかなく「物」ではないこと」が自明ではないのは、まさしく
シモンドンが批判する
「西洋哲学の世界では、伝統的な実体論的思考がいまだに強固な根を張っている」実例と言えますね。

いつもブログ記事をありがとうございます。

ところで、
(1)人類全員に人格権と生存権を認めること( http://franoma.jugem.jp
(2)科学、技術、あらゆる学問は
人類の福祉のためにのみ行うこと
2点は、洋の東西を問わず科学者にとっては自明なのですが、
(3)が自明ではないために科学者の間にも「研究費」への渇望が生まれ、その渇望に振り回された人々が「STAP細胞」騒動を引き起こしました。落命された笹井先生のご冥福をお祈りするとともに、米国のアグレッサーたちを止めるため、上記3点を全人類で共有し、資本主義世界の特許システムを組み直す必要があるでしょう。現在の特許システムはphilosophyが欠けているから、特許料を基礎にして研究を運営しようとする理化学研究所が機能不全を起こすのです。

いかなる組織も設計思想がダメだと機能不全に陥るものですね。家庭も同じです。だから私は夫にルーマン社会学を少しやるように奨めたのですが、理解できずにキレてしまい、妻子を殴るほうを選んでしまいました。それでは、ただの犯罪者ですね。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL