内的自己対話-川の畔のささめごと

日々考えていることをフランスから発信しています。自分の研究生活に関わる話題が多いですが、時に日常生活雑記も含まれます。

小樽、鷗、鰊、風、光、磯の香り ― 夏休み日記(23)

2017-08-08 23:53:35 | 雑感

 今日はごく短い記事です。それは今日一日を私の思いのままに記述したら延々となってしまうから、今日一日の印象を一言でまとめることにしたいからです。もう少し正直に言うと、とても楽しい一日を過ごして、晩には美味な御酒と酒肴をたらふくいただいて、とても記事を書く体勢にないってことです。もっと正確に言うと、いい気分で酔っ払っているから、ブログの記事なんて書けねえよって感じです。
 今日は、日中、私をありがたくもご自宅に泊めてくださったご家族と小樽を観光しました。午前中はゆっくりと出発し、小樽商科大学を見学し、午後は、ガイドさんのとても興味深い説明を聴きながら遊覧船で港内を見学した後、鰊御殿と小樽貴賓館を訪ねました。どちらもとても面白かった。
 よく晴れた空の下、気持ちのよい海風を肌に感じながら、楽しく談笑しつつ、海の空気をたっぷりを吸い込み、先週までの疲れが吹き飛びました。












ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 日本に残した最後の蔵書に別... | トップ | 鈍色の微光に包まれ、細雨に... »

コメントを投稿

雑感」カテゴリの最新記事