こんにちは浦田関夫です

市民の暮らしを守るための活動や地域のできごとを発信・交流しましょう。

地方から反旗が鮮明に

2016年10月17日 05時45分07秒 | Weblog


  今朝の佐賀新聞は、一面と二面と二一面を使って新潟県知事に無所属新人で共産、自由、社民党が推薦する医師の米山隆一さんが自民、公明推薦の候補を破って当選したことを伝えています。

 米山氏は、柏崎刈羽原発の再稼働について、泉田知事の「慎重」姿勢を継承する立場を鮮明にしています。

 反原発で云えば、鹿児島で三反園訓知事に次ぐもので原発再稼働に前のめりになっている安倍政権に地方から「NO!」を突きつけたことになります。
 佐賀県でも「佐賀のことは佐賀で決める」といって自民党推薦候補を破って山口知事が誕生しました。

 加えて、野党共闘の効果が生かされたことです。新潟県では参院選でも自民党の候補を破り野党統一候補が当選しました。

 国会で、多数を占める自公政権に、地方から反旗が鮮明に広がっています。



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「七宝丸」総塗り替え | トップ | 100円納めました »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。