こんにちは浦田関夫です

市民の暮らしを守るための活動や地域のできごとを発信・交流しましょう。

ジェネリック医薬品希望カード

2009年09月05日 06時37分16秒 | Weblog
 全国健康保険協会から「ジェネリック医薬品希望カード」が送られてきました。

 名刺の大きさで、「医師・薬剤師の皆様へ」と書かれ、「ジェネリック医薬品を希望します」と書かれています。

 私が議員になった15年前から「後発(ジェネリック)医薬品」を使って、医療費の抑制に乗り出すべきだと市議会や国保審議会で主張してきました。

 当時は、健康保険協会も国保連合会も、医師に気兼ねして、高価な「先発医薬品」を使うことを黙認してきました。しかし、医療会計が逼迫するなかで、医薬効果が同じで価格が3~6割も安い医薬品を使うことは、患者にとっても、医療協会にとっても、医師会にとっても、「皆保険制度」を維持するためには有効な方法の一つだと思います。

 以前、尿酸を提げる薬と飲む水虫の薬を1ヶ月分で6千円を超えていたのが、3千円ちょっとで済むようになりました。

 みなさんも、積極的に「ジェネリック医薬品」を使って、医療制度を守りましょう。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 一般質問内容通告 | トップ | 唐津保健所管内で白血病が増加 »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (健康)
2009-09-19 22:01:29
これはすごい、便利。健康管理が簡単に正確にできるぞ!

http://atkarada.jp/generic

携帯にお願いシートが送信できる!

http://atkarada.jp/medical_examination/user

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。